準決勝

更新日 Event Coverage on 2004年 1月 18日

By 森 慶太

欧州選手権2冠、プロツアーシカゴ準優勝という偉大なる実績を残しているHerzog。彼は《腐食ナメクジ/Molder Slug》入りの赤緑デッキを構築しており、プロツアー大阪準優勝という実績で知られているRuelにはこのモンスターを除去する手段がない。

はたしてRuelはこのハイパーレアを組みふせる事が出来るだろうか。

Game 1

《骨断ちの矛槍/Bonesplitter》、《銀のマイア/Silver Myr》と先手Ruelがアグレッシヴにスタート。対するNicolaiは《テル=ジラードに選ばれし者/Tel-Jilad Chosen》。Ruelは3ターン目にも《金のマイア/Gold Myr》を展開し、4ターン目に《ファングレンの狩人/Fangren Hunter》と絶好調だった。対してNicolaiは4ターン目をセットランドのみで返す。

5ターン目にマイア2体と《ファングレンの狩人/Fangren Hunter》に《骨断ちの矛槍/Bonesplitter》をまとわせてアタック宣言するRuel。ここで”Nico”は《テル=ジラードに選ばれし者/Tel-Jilad Chosen》でのブロックを選択して《捕食者の一撃/Predator’s Strike》。4点のダメージを負いつつも《ファングレンの狩人/Fangren Hunter》を除去してみせたのだった。そして、ここで攻守交替となる。

第6ターンに《解体/Deconstruct》で《骨断ちの矛槍/Bonesplitter》を破壊した”Nico” Herzogは一番最初に開封したパックのファーストピックで巡り会ったスーパーレア、《腐食ナメクジ/Molder Slug》をここでキャストした。

ここで沈黙してしまうRuelを尻目に続くターンに双呪で《発見の旅路/Journey of Discovery》。そして《テル=ジラードのトロール/Trolls of Tel-Jilad》を陣容に加えたHerzog。

このトロールはなんとか《拘引/Arrest》したRuelだったが…続く《ワーム皮の鍛冶工/Wurmskin Forger》を前に投了したのだった。

“Nico”lai Herzog -1, Olivier Ruel -0

Game 2

《銀のマイア/Silver Myr》を第2ターン召喚からスタートする先手Ruel。Herzogは《ニューロックの滑空翼/Neurok Hoversail》。

Ruelは《空狩人の巡回兵/Skyhunter Patrol》、《金のマイア/Gold Myr》、《陰極器/Cathodion》と陣容を整え、対するHerzogは《トゲ撃ちゴブリン/Spikeshot Goblin》、《ゴブリンの模造品/Goblin Replica》と召喚する。

ここでRuelは《タージ=ナールの剣鍛冶/Taj-Nar Swordsmith》から《骨断ちの矛槍/Bonesplitter》を調達してこれを《空狩人の巡回兵/Skyhunter Patrol》に装備。その4/3フライヤーと《陰極器/Cathodion》でアタックを宣言した。《銀のマイア/Silver Myr》をティム狙撃で除去しつつもスルーするHerzog。

続くターンにもRuelはアタック宣言。《陰極器/Cathodion》、《空狩人の巡回兵/Skyhunter Patrol》、《タージ=ナールの剣鍛冶/Taj-Nar Swordsmith》でアタック。Herzogは《陰極器/Cathodion》を《ゴブリンの模造品/Goblin Replica》でブロックし、ここにティム狙撃を加えてこの3/3を除去できるだけのダメージをスタックしつつ、模造品の特殊能力で《骨断ちの矛槍/Bonesplitter》を破壊した。

Nicoは《氷の干渉器/Icy Manipulator》を場に出しつつ、《トゲ撃ちゴブリン/Spikeshot Goblin》に《ニューロックの滑空翼/Neurok Hoversail》をまとわせる。一方、《ワーム皮の鍛冶工/Wurmskin Forger》で《タージ=ナールの剣鍛冶/Taj-Nar Swordsmith》に2つ、《空狩人の巡回兵/Skyhunter Patrol》に1つ+1/+1カウンターを置くRuel。

しかし、空とぶ《トゲ撃ちゴブリン/Spikeshot Goblin》が《捕食者の一撃/Predator’s Strike》を得てのブロックでこの《空狩人の巡回兵/Skyhunter Patrol》を葬り去り、さらに射撃によって《ワーム皮の鍛冶工/Wurmskin Forger》をも除去して見せたのだった。そして、《テル=ジラードのトロール/Trolls of Tel-Jilad》を悠々と場に展開する金髪坊主頭のNico。

進退窮まったかに見えたRuel、ここで《板金鎧の金屑ワーム/Plated Slagwurm》のための7マナ目にとうとう巡り会った。しかし、対するNicolaiは《テル=ジラードの流刑者/Tel-Jilad Exile》を召喚し、《発見の旅路/Journey of Discovery》でさらにマナ域をジャンプアップさせる。いかに巨大なクリーチャーでも回避能力なりトランプリなりがないと再生クリーチャーは突破できない・・・ということはいうまでもない。

そして、《ニューロックの滑空翼/Neurok Hoversail》がとうとう《テル=ジラードのトロール/Trolls of Tel-Jilad》に装着され、巨大な5/6アタッカーが空からの攻撃を開始。対してRuelは《テル=ジラードの流刑者/Tel-Jilad Exile》を展開することしかできなかった。

静かに本体狙撃を続けるゴブリンと巨大な空飛ぶトロールが”Nico”laiに二つ目の白星をもたらした。

“Nico”lai Herzog -2, Olivier Ruel -0

Game 3

《森/Forest》から《骨断ちの矛槍/Bonesplitter》スタートのRuel。《威圧のタリスマン/Talisman of Dominance》、《黄鉄の呪文爆弾/Pyrite Spellbomb》と展開する”Nico”lai。

Ruelは《水晶の破片/Crystal Shard》を、対してNicolaiが《ゴブリンの模造品/Goblin Replica》。するとそれを《解体/Deconstruct》から《ファングレンの狩人/Fangren Hunter》。

Nicoはこれを《静電気の稲妻/Electrostatic Bolt》と呪文爆弾とであわせて除去し、《ヘマタイトのゴーレム/Hematite Golem》サモン。

そして、ここでHerzogのハンドからは《腐食ナメクジ/Molder Slug》が・・・。

Ruel:Antooooon, Money Draaaaft

隣の席で藤田修に圧倒されてしまっているAnton Jonssonに対して準決勝終了後のマネードラフトの誘いをかけたRuelは、数ターン後に投了を宣言した。

“Nico”lai Herzog -3, Olivier Ruel -0

Nicolai Herzog

Download Arena Decklist

Olivier Ruel

Download Arena Decklist
ソーサリー (1)
1 Deconstruct
インスタント (3)
1 Razor Barrier 1 Roar of the Kha 1 Turn to Dust
アーティファクト (4)
1 Bonesplitter 1 Crystal Shard 2 Vulshok Gauntlets
エンチャント (1)
1 Arrest
土地 (17)
9 Forest 7 Plains 1 Island
40 カード

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る