準決勝

更新日 Event Coverage on 2004年 3月 21日

By 松井 健治

まずは勝利への階段を 1 歩進んだ 2 人。

初のベスト 8 入りを、そのまま初優勝まで志村は持っていく事が出来るか。
それとも「ガチャ」佐々木が一気に上り詰める事になるのか。

赤白 vs. 赤黒の対決が始まろうとしている。

Game 1

先手志村。
3 ターン目に山 3 枚を並べて《オキシダのゴーレム/Oxidda Golem》を発進。

対する佐々木は《必殺の三叉矛/Surestrike Trident》を出し、続けて《屍賊の嫌悪者/Nim Abomination》を出して対抗。

タフネス 4 に向かって行けない《オキシダのゴーレム》はその場にたたずんでしまう。

序盤をラッシュできたのは良かったのだが、序盤の山連打の後に白マナが続かず手札が渋滞してしまう志村。

さて佐々木はかまわず《ウィザードの模造品/Wizard Replica》、《電結の混種/Arcbound Hybrid》などを並べて攻撃に移り、《チス=ゴリアの歯/Tooth of Chiss-Goria》も追加してダメージで圧倒していく。

この場を持ち直すには白マナを引くしかない志村だが、いつまでたっても引かないうちに、佐々木のクリーチャー群にライフを 0 まで削られていた。

志村 0 - 1 佐々木

Game 2

再び志村先手でゲームは始まり、 1 ターン目に出した《彩色の宝球/Chromatic Sphere》を経由して、《レオニンの空狩人/Leonin Skyhunter》を出し、 4 ターン目に《ヘマタイトのゴーレム/Hematite Golem》と十分な展開。

対する佐々木も《銀のマイア/Silver Myr》経由で 3 ターン目に《電結の混種/Arcbound Hybrid》を出し、そのまま《金属ガエル/Frogmite》まで伸びる動き。

そこへ更に《上昇スリス/Slith Ascendant》を追加した志村。

この場だけ見てると志村の圧倒的な優位と思うが、それは佐々木の《浴びせかけ/Irradiate》によってさくっと除去され、彼のクリーチャーのダメージを通してしまう事となる。

ブロッカーを失った志村だが、アタッカーは健在だ、と飛行で攻撃を開始し、新たなるブロッカーである《電結の暴れ者/Arcbound Bruiser》を配置。

無理矢理道を切り開いて攻めに移ろうとした佐々木だが、この道を大木で防がれて通る事が再び出来なくなってしまった。

志村は自分の土俵に佐々木を引きずり込み、そのペースを崩さず飛行で佐々木のライフを削りきった。

志村 1 - 1 佐々木

Game 3

運命の 3 本目。

先手佐々木が《金屑ワームの鎧/Slagwurm Armor》を置けば、志村は《レオニンの円月刀/Leonin Scimitar》をセット。

そこから先に攻め入る志村の《オキシダのゴーレム》。

これに《レオニンの円月刀》を装備させて突撃し、佐々木が後に引く《ゴブリンの模造品/Goblin Replica》に《金屑ワームの鎧》を装備させて防御に移ろうとするが、次に志村は《翼竜の幽霊/Pteron Ghost》に《レオニンの円月刀》を装備して 2 点のダメージをこつこつ重ねて行く。

志村の攻め体制が整った頃、やっとの事で 2 色目の黒マナを手に入れた佐々木は黒いクリーチャー群を展開するが、《金屑ワームの鎧》の着せ替えタイミングで《静電気の稲妻/Electrostatic Bolt》を食らったりして時間を取られ、その間に志村は意欲的にダメージを与えつづける。

だが、佐々木のガンであった飛行クリーチャーをなんとか《残響する衰微/Echoing Decay》で除去する事は出来たものの、既にライフは 5 まで減っていた。

場も少し変わって、佐々木の場には《金属ガエル》と《金屑ワームの鎧》を装備した《屍賊の殴打者/Nim Lasher》。

志村の場には《オキシダのゴーレム》、《電結の暴れ者/Arcbound Bruiser》、《レオニンの円月刀》を装備した《ヘマタイトのゴーレム/Hematite Golem》。

ここで志村は《ヘマタイトのゴーレム/Hematite Golem》を攻撃クリーチャーとして指定。

それは佐々木の《屍賊の殴打者》にブロックされ、《金屑ワームの鎧》分のタフネスを乗り越えるために 3 回のパンプアップをして相打ち。

正に佐々木は《金屑ワームの鎧》に守られて細い命を守り、戦ってきた。

頭数の減ったクリーチャーの追加として志村が《レオニンの空狩人》を出せば、佐々木もそれに応えて《屍賊の金切り魔》に《金屑ワームの鎧》を装備させて配置。

志村の 1 手 1手に合わせて佐々木はゲームを進めるが、志村も流れを滞らせること無く、ライブラリの上から有効牌を引き当ててくる。

次は《錆口のオーガ/Rustmouth Ogre》を出して佐々木に「どうだ!?」と問い掛ける。
そこへ佐々木は《血の壁/Wall of Blood》をもって応える。

佐々木を支えているのは 1 枚の鎧のみ。

あれを突破すれば勝利が見える、と志村がドローすれば、そこには期待していたカードである《錆胞子の羊/Rustspore Ram》を発見。喜び勇んでこれを場に出して佐々木の《金屑ワームの鎧》を破壊。

佐々木の大いなる盾を打ち破った志村はいまこそと総攻撃。

残りライフも乏しい佐々木はいたしかたなくチャンプブロックを繰り返し、ネタが尽きた所でゲーム終了となった。

志村、初優勝まであと一歩。

Final Result : 志村 2 - 1 佐々木

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る