準決勝

更新日 Event Coverage on 2004年 3月 21日

By 藤枝 勇

今大会のドラフトを 2 回ともに親和デッキで駆け抜けた森田は決勝ドラフトでも頑なに親和を作った。

対親和とも言える Ruel のデッキは《テル=ジラードに選ばれし者/Tel-Jilad Chosen》 2 体、《絡み森を歩む者/Tanglewalker》 2 体 《腐食ナメクジ/Molder Slug》となっており、特に序盤のダメージからの《絡み森を歩む者/Tanglewalker》に繋げられるとどうしようも無く負けてしまう。

森田は対策?カードとも言える《クラーク族の兵卒/Krark-Clan Grunt》を引くことが必須といえるだろう。

このまま決勝に進むと自身 6 回目となり、今度こそGP 個人戦の優勝を狙いたいが果たしてどうなるだろうか?

Game 1

赤青黒の親和である森田と、緑黒デッキの Ruel は共に序盤から動き始めて《薄黒爪のコウモリ/Grimclaw Bats》《テル=ジラードの狼/Tel-Jilad Wolf》と並べる Ruel が有利にダメージレースを運ぶ。

森田が出した《マイアの処罰者/Myr Enforcer》も Ruel が返しで《マイアの処罰者/Myr Enforcer》をキャストして相打ちになり辛くなるかと思われたが、ここで森田が《物読み/Thoughtcast》を 2 回キャストして挽回を図るがランドばかり。

その上相打ちにとった《マイアの処罰者/Myr Enforcer》も《モリオックのゴミあさり/Moriok Scavenger》に拾われてダメージレースも《テル=ジラードの狼/Tel-Jilad Wolf》が全く止まらずに先行されると、 Ruel が《絡み森を歩む者/Tanglewalker》。

こいつに対しては森田も虎の子の《映し身人形/Duplicant》を出して 1 体目は対処したが・・・・・・ Ruel が 2 体目をキャストして森田敗北。

森田 0 – 1 Ruel

Game 2

2 本目も両者順調 Ruel が《テル=ジラードに選ばれし者/Tel-Jilad Chosen》を出せば、森田も《クラーク族の兵卒/Krark-Clan Grunt》を出すといった感じでゲームは進み今度のダメージレースを先行するのは唯一の飛行クリーチャーをコントロールする森田。

両者共に地上はがっちりと止まっているために《尖塔のゴーレム/Spire Golem》がしばらく攻撃を続けていく。 Ruel の《腐食ナメクジ/Molder Slug》もあっさり《映し身人形/Duplicant》で除去されると、このまま森田ペースになるかに見えたが《肉体の裏切り/Betrayal of Flesh》をトップデッキした Ruel が、森田の《水銀のビヒモス/Quicksilver Behemoth》を除去するとプロテクション : アーティファクト軍団が殴りかかるが、これは《クラーク族の兵卒/Krark-Clan Grunt》と森田の手札からキャストされた《チス=ゴリアの鱗/Scale of Chiss-Goria》でガッチリ止まりライフは 7 となるが場は完全に膠着した。

その後 Ruel がターン連続でクリーチャーを引いて、森田は何も出さず。

少し計算してのフルアタックで森田に何も無ければ勝利となっていたが《浴びせかけ/Irradiate》を森田がキャストして九死に一生を得る事となり、今度は逆に Ruel ピンチとなる。

そしてもうデッキの強い部分を引きつくした Ruel はやはり《尖塔のゴーレム/Spire Golem》がどうしようもなく、 2 本目を落とす。

森田 1 – 1 Ruel

Game 3

土地を並べるだけの森田に対して《鉛のマイア/Leaden Myr》《テル=ジラードの狼/Tel-Jilad Wolf》《テル=ジラードに選ばれし者/Tel-Jilad Chosen》と順調に並べる Ruel 、手札には《絡み森を歩む者/Tanglewalker》まで控えておりほぼ完璧な回り。

森田も《物読み/Thoughtcast》を打って《クラーク族の兵卒/Krark-Clan Grunt》《尖塔のゴーレム/Spire Golem》ときっちり調達、クリーチャーの数は違うがまだまだ勝負は分からない。

その後《絡み森を歩む者/Tanglewalker》のアタックから自分を守るためにサクリファイスした土地をきっちりと引き、《マイアの回収者/Myr Retriever》《尖塔のゴーレム/Spire Golem》と展開。

序盤はかなりの展開力を見せていた Ruel のデッキも切り札となる《腐食ナメクジ/Molder Slug》や《肉体の裏切り/Betrayal of Flesh》といった強力カードを引かず、今一役に立たない小さいクリーチャーを引くばかりで森田の《尖塔のゴーレム/Spire Golem》 2 体の内 1 体は《残忍な戦利品/Murderous Spoils》で除去されてしまうが・・・残った 1 体が Ruel のライフを削りきった。

Final Results : 森田 雅彦 Win

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る