準決勝: Bram Snepvangers vs. Brian Davis

更新日 Event Coverage on 2002年 5月 5日

By 松井健治

 準々決勝を終え、勝ちあがってきた 2 人、Bram Snepvangers と Brian Davis が試合を開始する。

 Bram Snepvangers は先程の試合で Kai Budde を白青黒のデッキで倒し、 Brian も赤白のビートダウンで赤黒ビートダウンデッキを切り倒している。
 デッキ内容は Barm の方に分があり、 Brian は Bram のデッキが遅い分、早めに攻めきらなくてはいけない。

 さて、笑って決勝戦をどちらが迎える事が出来るのか。

Game 1

 先手の Brian は 2 ターン目に出した《狂犬/Mad Dog》で 4 点稼ぎ出し、続けて《投鎖獣/Chainflinger》をキャスト。
 軽快なビートダウンから始める Brian に対して、 Bram はゆったりと 4 ターン目に《雲を追うエイヴン/Aven Cloudchaser》で《狂犬》をブロックとゆったりと展開し、続けて《サイカトグ/Psychatog》、《魂の災い魔/Soul Scourge》と立て続けにキャストし、一気に攻めと守りの城を作り上げてしまった Bram に対し、Brian は《狂った火猫/Crazed Firecat》をキャスト。

 そしてコインフリップを始めると、 5/5 、 6/6 、と育ち、 7/7 まで行った《狂った火猫/Crazed Firecat》は《サイカトグ》を押しつぶさんばかりの勢いで殴りに行くが、これを Barm は《考え直し/Second Thoughts》で軽く処理。

 今までの事は何だったのかと、少々寂しい思いをしながらも、手札を空にする勢いでクリーチャーを展開する Brian だが、平地、島、沼共に 2 枚ずつ揃い上げてしまった Bram は、唯一危険分子扱いされた《投鎖獣/Chainflinger》を《病的な飢え/Morbid Hunger》で悠々と処理し、空から 3 点ずつダメージを与えて行く。

 あまりのカードパワーの違いに Brian が呆れながらプレイを続けるが、致死量を与える《サイカトグ》を、Brian の計算間違いによりスルーし、フルパンプされて 1 本目を落としてしまった。

 1 本目が終わり、Brian の真横で記事を取っていた Alex Shvertsman に Brian が、「今のプレイを Bad Play of the Week に書かないでほしいな」とせがむ姿が見れたり、見れなかったり。

Bram 1 - 0 Brian

Game 2

 Brian が早速マリガンを宣言。
 
 プレイミスをするとマジックの神様が怒ってしまうのか、自分の展開が悪い上に、相手は良く回ると、まるでマーフィーの法則のような展開。

 Bram は初手から平地、島、沼と持っており、《アクアミーバ/Aquamoeba》、《空翼のエイヴン/Skywing Aven》、《天使の壁/Angelic Wall》とまたもや攻めと守りを固めてくる。

 ここに《土喰い豚/Petravark》を《無謀なる突進/Reckless Charge》で走らせたりする Brian だが、こんな事しかできないでいると、気がついたら Bram にフライヤーをもう一体追加されているではないか。

 次の Brian のターン、ドローしそのまま場にカードを叩きつけると、そのまま投了。
 10 枚の土地に 2 枚のスペルでは全くゲームにならなかった様だ。

Bram 2 - 0 Brian

Game 3

 一気に 2 本連取され、追い詰められてしまった Brian 。
 気合を入れて 2 ターン目に《秘教の幻想家/Mystic Visionary》、《戦闘的な修道士/Militant Monk》、《尊い癒し手/Hallowed Healer》と、 Brian のデッキが本来の動きを取り戻すが、 Bram は 2 ターン目に《気病み/Hypochondria》を置き、これで無駄なカードをダメージ軽減へと変えて行く。

  4 ターン目に《綿密な分析/Deep Analysis》を打ち、5 ターン目は何もせずにターンエンドした Bram 。
 5 マナ立ててターンエンドを宣言した Bram を見て、 Brian は《考え直し》を警戒しするが、ここはガツンと押しておきたいので総攻撃をかける。
 すると、 5 マナタップされて「あぁ、持っていたか」と言う表情をする Brian だが、Bram がキャストしたのは《やつれ/Waste Away》。

 予定通りクリーチャーを除去されてしまった Brian だが、 Bram は何のアドバンテージも得ていないので一安心と言った感じである。

 今の総攻撃で Bram のライフを 4 まで下げた Brian 。
 そのまま総攻撃を繰り返し、 Bram は《気病み》を使わなければ死んでしまう状況にまで追い込まれ、 Bram の手札が 0 になり、《気病み》自身までも生贄にした瞬間に《炎の稲妻/Firebolt》を 6 マナタップし、 Bram に撃つと、なんとか Brian は 1 本取り戻した。

Bram 2 - 1 Brian

Game 4

 勢いに任せて 3 本目を取る事が出来た Brian は、 Bram が後手を選んだ事もあり、一気に勝負を付けたい気分なのだが、ここで不運な事にまたマリガンをせざる終えない手札が回ってきた。

 6 枚の手札でなんとか 4 本目をプレイできる手札になり、《秘教の幻想家》、《戦闘的な修道士》と並べるが、 Bram の《アクアミーバ》が邪魔をする。

 序盤に攻めきれなければ、 Bram の重くて高級なスペルがミサイルの様に飛んで来るのは必死。
 Brian は安くて軽いカードで素早く押しきらなければ負けてしまうことを、何よりも本人が身を持って体感している。

 そんな中、《パーディック山の長槍使い/Pardic Lancer》を出し、《秘教の盲信者/Mystic Zealot》を出したところで《無謀なる突進》で一気にダメージを稼ぐ事の出来た Brian はじりじりと押して行く。

 またまた《気病み》を張った Bram はこの場を耐え、先程と同じように手札がガリガリ無くなって行く。
 そこに起死回生を賭けた《考え直し》を《秘教の盲信者》に撃つが、これを《避難/Shelter》で回避され、残りライフは 1 。

 ここまで削られてしまっては流石にもう無理かと、最後の一撃を《大音響攻撃/Sonic Seizure》で飾られ、準決勝戦は 5 戦目まで縺れ込んで行った。

Bram 2 - 2 Brian

Game 5

 5 戦目。
 勿論、 Bram は後手を取り、 Brian が 2 ターン目に《秘教の幻想家》、 4 ターン目に《投鎖獣》と並べて意気揚揚とビートダウンを開始しているかと思いきや、 Bram が 2 ターン目から立て続けに呼んだ 2 枚の《天使の壁》が行方を阻む。

 そこからは我慢比べである。
 Brian の《投鎖獣》が Bram の本体を撃ち、Brian の呼んだ《尊い癒し手》と《秘教の幻想家》 2 匹を《天使のに《霊力/Psionic Gift》を付けて撃ち倒して行く。

 戦闘を介さず、お互いの本体へ 1 点ずつ飛ばし始める 2 人。
 だが、Brian の《投鎖獣》は Bram の《恐ろしい死/Ghastly Demise》によって除去されてしまい、ダメージは一方的に Bram が与え始めた。

 お互い更に場が固まって行く中、 Bram は突然《雲を追うエイヴン》をキャスト。
 結構長い事手札にいた《雲を追うエイヴン》だが、先程から Brian 場にある《気病み》を破壊したいが為にキャストするのだが、勿論しっかり白マナを立てている Brian は対象を取られる前にこれを生贄に捧げると対象が《霊力》しか無くなるので、《霊力》が破壊されてしまう。

 だが、その事も勿論考えた上でのプレイである。
 今まで Bram の場をガッチリと固めていたフライヤー 4 体で総攻撃を開始したのだ!

 Brian の唯一の飛行クリーチャーである《エイヴンの群れ/Aven Flock》がブロックに回るのだが、この攻撃で一気にライフが 7 まで落ちる。

 王手をかけた Bram 。
 Brian はこの飛行軍団に対抗しうる手段を何も持たない。
 再び Bram は攻撃を仕掛け、 Brian のライフを更に削り、残り 2 とする。

 Brian の最後のターン。
 《パーディック山の長槍使い》に《無謀なる突撃》を撃ち、攻撃し、 Bram はこれを《天使の壁》でチャンプブロックすると、 Brian は手を差し出して、3 時間にも及ぶ試合に決着をつけたのだった。

Bram 3 - 2 Brian

Final Result : Bram Win

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る