準決勝: Jens Thoren vs. Ken Ho

更新日 Event Coverage on 2002年 3月 17日

By 松井健治

 Thorne と Ho 。
 この試合に到るまでに他の記事でもういろいろと書かれて来ている筈なので、もうここで語る事ももう無いだろう。

 Ho は準々決勝を 4 時間以上かけて戦い、そして勝利してこの場にいるのだが、その裏で既に別ブロックの準決勝が終わっており、 Olivier Ruel が決勝戦へと、駒を進めている。

 ここで Thoren が勝てば決勝戦はフランス同士の対決となるのだが、 Ho はそれを阻止できるか?

Game 1

 先手を取った Ho は 2 ターン目に《熊人間/Werebear》を出すと、Thoren は《ナントゥーコの影/Nantuko Shade》と、対抗。
 3 ターン目に Ho が《リスの巣/Squirrel Nest》を張れば、Thoren が《腐臭の地/Rancid Earth》と、今の所 Thoren が土地 1 枚分のアドバンテージを得ている事になっているのだろうか。

 だが、返す Ho も更に《リスの巣》を張り、それに加えて、《行き詰まりStandstill》をセットする。

 だが、何の動揺もなく、 Thoren は《よろめく大群/Shambling Swarm》をキャストし、 Ho が 3 枚カードを引く。

 その 3 枚ドローの中で手に入れた《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》を 7 マナしっかり払ってキャストし、 Thoren を圧倒しようと場に現れる。

 なんとか 2 枚目の《腐臭の地》を手に入れた Thoren は土地を壊す事に成功するのだが、ワームトークンに殴られた上に、もう一枚、手札から《ワームの咆哮》を唱えてくる Ho 。

 相当に辛い Thoren 。
 だが、一切表情は変えずに、淡々と《ナントゥーコの影》と相打ちを取ったりして行くが、《ワームの咆哮》のアドバンテージと、あの異常なまでのサイズに Thoren は圧倒されるしかなかった。

Thoren 0 - 1 Ho

Game 2

 先手を取った Thoren は、なんと沼と《陰謀団の貴重品室》しか持っていない手札で初手をキープし、そのまま沼を続けて 3 回引いて、《ナントゥーコの影》、《よろめく大群》と、めちゃめちゃデッキが回っているではないか。

 その間、 Ho は《熊人間》と、《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》しか呼べておらず、それを踏み潰しながら行軍を続けていた Thoren だが、返す Ho の 5 ターン目に《ナントゥーコの病木刈り/Nantuko Blightcutter》と、《行き詰まり》を同時に張られ、お互いドロー&ゴーが続く。

 そこで、Ho の土地が 8 枚並んだところで《激動/Upheaval》をキャストし、余ったマナで《ナントゥーコの病木刈り》をキャスト。

 あわよくばこのまま倒してしまおうと言う魂胆である。

 《激動》後の 2 ターン目に Thoren は《ナントゥーコの影》を呼んだ所でいきなり Ho の攻撃が止まってしまう。
 そう、 Ho のライフは 6 しかなく、このまま攻撃し続けると返す攻撃で負けてしまうのである。

 だが、《激動》の時に捨てた《ワームの咆哮》をフラッシュバックで呼んだ Ho は安心して Thoren に攻撃を加えたところで Ho の敗北が決定する。

 そう、《恐ろしい死/Ghastly Demise》でワームトークンを除去されたのである。

Thoren 1 - 1 Ho

Game 3

 再び、先手は Ho に帰るが、先に動くのは Thoren 。

 2 ターン目に《ナントゥーコの影》を出し、3 ターン目に《腐臭の地》を 1 枚しかない Ho の森に撃とうとしたが、 Ho の 3 ターン目に呼んだ《アクアミーバ/Aquamoeba》が、《ワームの咆哮》を捨ててから《堂々巡り/Circular Logic》と、カウンターするにしても、あまりに良い引きである。

 返す Ho のターンに《ワームの咆哮》をフラッシュバックで撃ち、これを自分の《ナントゥーコの影》もろとも《無垢の血/Innocent Blood》と《チェイナーの布告/Chainer's Edict》を駆使して、一気に除去。

 すると先程の《ナントゥーコの病木刈り》から、《行き詰まり》の 2 枚を並べ、自身満々の Ho 。

 勿論、その程度の事は持ち前のポーカーフェイスで無視しながら、《腐臭の地》を撃ち、 3 枚引かれ、調子に乗った Ho は 2 枚目の《ナントゥーコの病木刈り》を呼ぶと、《もぎとり/Mutilate》を食らい、へこむ Ho 。

 だが、流石に《行き詰まり》のアドバンテージは伊達ではない。

 返す Ho のターンに《野生の雑種犬/Wild Mongrel》、《日を浴びるルートワラ》、《行き詰まり》と、いいかげん呆れた顔をする Thoren 。

 なんとか、もう一度《もぎとり》を撃ち、 Ho の猛攻撃を耐えるが、更にフラッシュバック《ワームの咆哮》、《ナントゥーコの病木刈り》と撃たれた上で、《リスの巣》のおまけまでついてきて、なすすべなく、 Thoren はカードを片付け始めた。

Thoren 1 - 2 Ho

Game 4

 やっと Thoren の反撃は始まるのか。
 先手を取った Thoren は 2 ターン目に出した《ナントゥーコの影》が、全開パンプアップしながらダメージを通して行く。
 返す Ho は、 2 ターン目に《野生の雑種犬》、《日を浴びるルートワラ》と出し 3 ターン目には《ナントゥーコの病木刈り》と、文句の一つも飛んできそうなほどの展開。

 だが、 Ho も Thoren 側に《ナントゥーコの影》が立っていると、攻撃できるのは《ナントゥーコの病木刈り》のみ。
 地味に 2 点ずつ与えて行くが、 ある日突然全員で攻撃を行う Ho 。
 勿論こう言う事をするからには裏づけがある訳で、もう 1 枚手札から《ナントゥーコの病木刈り》出てくる。

 もうライフも残り少なくなってきた Thoren は、いいかげんこの場をなんとかしなければいけない状況で待望の《もぎとり》を引いてくる。
 自分の場には《ナントゥーコの影》が 1 体、7 枚の沼と、 1 枚の《陰謀団の貴重品室/Cabal Coffers》。
 そして、 Ho の場は《野生の雑種犬》としっかり立っている 1 枚の島。
 もちろん手札もたんまりとある。

 だが、もう撃つしか手は残されてない Thoren は、意を決して《ナントゥーコの病木刈り》を +8/+8 した上で、《もぎとり》をキャストすると、《ワームの咆哮》と森をディスカードした上で、《堂々巡り》をプレイする Ho 。

 かくして、 Ho は決勝戦へと進むとなった。

Thoren 1 - 3 Ho

Final Result:Ho Win

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る