準決勝: Jin Okamoto vs. Tuomo Nieminen

更新日 Event Coverage on 2003年 8月 10日

By Koichiro Maki

 310人が参加した大会だが、残ったのは僅か 4 人。もう一つの卓では、唯一のクリーチャーデッキ、青緑マッドネスを使用する David Humpherys が 三人目の ウェイクを操る Daniel Zink と戦い、この卓では二人のウェイクが同キャラ対決を。これから繰り広げられるだろうコントロール対決、いったいどれだけの時間が流れるのか見当も付かないが、多くの観客がそんな事は意にも介せず、選手の一挙手一投足を熱い眼差しで見守っている。

 世界最強決定まで後二つ。

Game 1

 後手の Tuomo は 2 ターン目に《強制/Compulsion》を。一方、先手の尋は《クローサの境界/Krosan Verge》のセットからマナのアドバンテージを狙う。

 しかし、その《クローサの境界/Krosan Verge》を使用し土地を四枚に増やした尋だが、五枚目の手札が手札に無い。土地を求め《綿密な分析/Deep Analysis》をキャストするが、Tuomo の《マナ漏出/Mana Leak》によって阻まれてしまう。その返しで Tuomo は《集中/Concentrate》を使用し差を広げる。

 《綿密な分析/Deep Analysis》のフラッシュバック、《新たな信仰/Renewed Faith》のサイクリングとライブラリーを掘り進める尋だが、未だに土地を入手出来ない。更に《綿密な分析/Deep Analysis》を使用するものの、再び Tuomo は《マナ漏出/Mana Leak》で阻止。

 その間に Tuomo は《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》を。

 尋の側には青マナが一つしかない五枚の土地。対する Tuomo の場には《強制/Compulsion》《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》と並んだ上に青マナ五つを含む七枚の土地。ウェイクデッキには様々なアドバンテージを得る手段が用意されているものの、それは土地があってこそだ。採用されているカウンターも《マナ漏出/Mana Leak》《堂々巡り/Circular Logic》とマナの増加と共に効果を失うものばかり。

 尋はこの遅れを挽回する事が出来るのだろうか。

 マナで先行した Tuomo だが、手札が今ひとつなのだろうか。フルマナタップで《強制/Compulsion》を起動する。勿論 Tuomo はこの状況を理解しているので、起動後に尋を見てマナ残ってないけどいいのかい? といった視線を送る。尋は《狡猾な願い/Cunning Wish》を使用し《天啓の光/Ray of Revelation》を入手すると Tuomo の前に並んだ二枚のエンチャントを破壊した。

 何かが変だ。Tuomo はここで《強制/Compulsion》を貼り直すはずなのだが、ただ《新たな信仰/Renewed Faith》をサイクリングしたのみでターンを終える。

 尋もこの異変に気付いた。勿論ブラフの可能性は残されているが、それにしても《強制/Compulsion》を貼らない理由が無い。Tuomo の手札は余程酷いに違いない。そう考えたのだろう、尋は僅か二枚のマナを残してデッキの中にたった一枚しか存在しない《ミラーリ/Mirari》をキャストする。

 そして、これが通った。

 続けたフルタップでの《強制/Compulsion》こそ《堂々巡り/Circular Logic》されたが、メインサイドを併せてアーティファクトを破壊出来ない Tuomo のデッキにとって、アドバンテージを生み続ける《ミラーリ/Mirari》は通してはいけない物。

 今度は Tuomo が追いかける番だが、尋は《狡猾な願い/Cunning Wish》から《狡猾な願い/Cunning Wish》と《洞察のひらめき/Flash of Insight》を入手し差を広げる。

 Tuomo も必死。メインで《狡猾な願い/Cunning Wish》を使用すると《ルーンの解読/Read the Runes》を入手し X=4 でキャストする。だが、懸命の行動も《強制/Compulsion》とやっている内容はそう大差ない。Tuomo は更に何かをしなければ。

 尋が二度目の《狡猾な願い/Cunning Wish》で《ミラーリ/Mirari》を起動した時に Tuomo が動いた。《正義の命令/Decree of Justice》をサイクリングで。まだ焦る必要は無いと尋がこれを許可。Tuomo の場には五体の兵士トークンが並ぶ。

 尋はその返しで《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》を。悩むに悩んだ Tuomo だが、レスポンスせずこれを一旦許した。そして自分のターンになってから《狡猾な願い/Cunning Wish》を使用する。

 今度は逆に尋が考える番だ。Tuomo の場、墓地、自分の手札を加味しながら的確な対処方法を探す。選んだ答えは、《堂々巡り/Circular Logic》を《ミラーリ/Mirari》で。Tuomo は片方を《マナ漏出/Mana Leak》し、尋の墓地枚数を確認してからマナを支払う。そこで尋は改めて《マナ漏出/Mana Leak》を。

 マナの無くなった Tuomo が兵士をレッドゾーンに送り、尋のライフが 13 へ。

 尋は《綿密な分析/Deep Analysis》を倍がけで使用し、二枚目の《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》を設置する。

 場に兵士こそ並んでいるが、非武装施設の設営で完全に遅れをとってしまった Tuomo。有利になる見込みが無い以上、急戦を仕掛ける他無い。攻撃前に《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》を設置し、兵士の力を倍増させようと試みる。

 だが、まだ尋のライフは 13。このままでは 3 点足りない。短期でフィニッシュを決めねばならなに Tuomo は更にもう一踏ん張り。手札一枚を残して《強制/Compulsion》を置くと、そのまま手札を捨てて起動を図る。

 これで Tuomo の手札は完全に 0。尋が動いた。《天啓の光/Ray of Revelation》を倍がけで使用し、Tuomo が出したばかりのエンチャント群を別個に指定する。手札の無い Tuomo は《強制/Compulsion》を捧げカードに変える。ここに《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》があれば...

 カードを確認し Tuomo は静かに投了を宣言する。

Jin -1, Tuomo -0

サイドボード

Jin Okamoto

サイドイン

 3 《もみ消し/Stifle
 1 《洞察のひらめき/Flash of Insight
 1 《ねじれの光/Ray of Distortion
 2 《堂々巡り/Circular Logic

サイドアウト

 3 《一瞬の平和/Moment's Peace
 4 《新たな信仰/Renewed Faith

Tuomo Nieminen

サイドイン
 3 《賛美されし天使/Exalted Angel
 1 《正義の命令/Decree of Justice
 1 《天啓の光/Ray of Revelation
 1 《狩り立てる群れ/Hunting Pack
 1 《クローサ流再利用/Krosan Reclamation
 1 《堂々巡り/Circular Logic
 1 《もみ消し/Stifle
 1 《ルーンの解読/Read the Runes

サイドアウト

 4 《神の怒り/Wrath of God
 4 《一瞬の平和/Moment's Peace
 2 《新たな信仰/Renewed Faith

Game 2

 互いに《クローサの境界/Krosan Verge》《島/Island》と並べるスタート。三枚目に置いた土地こそ Tuomo が森、尋が 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》と違うものの、特に大差は無い。

 Tuomo が意味ありげな視線を送りながら《クローサの境界/Krosan Verge》を起動する。それもそのはず、尋のデッキにはサイドに三枚の《もみ消し/Stifle》が投入されており、序盤では、強力な土地破壊呪文として機能するからだ。
 だが、尋は変わりに《狡猾な願い/Cunning Wish》を使用し《天啓の光/Ray of Revelation》を入手し未来に備えた。

 Tuomo は自ターンで《正義の命令/Decree of Justice》を使用したった一体のトークンを産み出す。尋が《クローサの境界/Krosan Verge》を使用したところで、同じく《天啓の光/Ray of Revelation》を確保する。

 ウェイク対決では、何かしらのアイテム抜きに差が付くことは少ない。淡々とした展開が続き、Tuomo の兵士トークンがこつこつダメージを刻む。

 しかし少しずつだが差が広がり始める。Tuomo の《集中/Concentrate》は《マナ漏出/Mana Leak》され、尋の《綿密な分析/Deep Analysis》は解決された。

 兵士の攻撃により、尋のライフが 14 に。ここで尋が動いた。《正義の命令/Decree of Justice》をサイクリングで。このサイクリングエフェクトは《もみ消し/Stifle》される事なく無事に解決される。出現したトークンは六体。

 半ダースの歩兵が Tuomo のライフを 13 へ減らす。

 ここで Tuomo が怪しい挙動を。《狡猾な願い/Cunning Wish》を使用し、尋にレスポンスを確かめる。尋がちょっと考えてからこれを許可すると...

 サイドにあった別の《狡猾な願い/Cunning Wish》と入れ替えた...

 これを見て勝利を確信した尋は、エンドに更にトークンを追加し、《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》の二枚貼りで一気に Tuomo を葬る。

 介錯つかまつるかのように。

Jin -2, Tuomo -1

Game 3

 早くもリーチをかけた尋だが、今回は1マリガンからのスタート。

 Tuomo は 2 ターン目にフェッチをすぐさま起動し《星のコンパス/Star Compass》から。尋は、《クローサの境界/Krosan Verge》から《クローサの境界/Krosan Verge》という腰の重い展開を。

 Tuomo はコンパスでブーストしたマナを利用し直ぐさま《強制/Compulsion》に繋げる理想の展開。もはや一敗も許されない以上、この流れを勝利まで繋げたいところだ。

 だが、Tuomo はじっくりと腰を落ち着けず自分のターンになると直ぐさまに《正義の命令/Decree of Justice》をサイクリングで使用する。残されたマナは僅かに 2 つ。これが解決され兵士が二体登場する。

 更に変異を召還。残したマナは二つだ。リストにある変異はただ一択。尋はやむなく《マナ漏出/Mana Leak》するが、Tuomo が《マナ漏出/Mana Leak》で返し、裏向きの天使は無事に光臨する。

 強力なターン制限を掛けられた尋だが、手札は実に悠長。仕方無しに《強制/Compulsion》を貼り解答を求めようと努力する。しかし、尋の場には僅かに青マナが二つ。これではせっかくの《強制/Compulsion》も効力が弱い。

 Tuomo はここで一気にいくかと思いきや、まずは《集中/Concentrate》と実にきめ細やか。場で有利な以上、現状の手札で 1 ターン縮めるよりも、準備を万端にした方が良いとの計算だろう。

 尋が対処に困る間に、ついに天使が表返る。一挙六点の攻撃により残されたライフは僅かに 4。空飛ぶ天使がいる以上、《正義の命令/Decree of Justice》のサイクリングは解決にはならず、最後に引き当てた《神の怒り/Wrath of God》で抵抗を試みるが、Tuomo のカウンターがそれを阻んだ。

Jin -2, Tuomo -1

Game 3

 先手を取った尋が 2 ターン目に《強制/Compulsion》を貼るが、もうコントロール対決には飽き飽きしたと、Tuomo は 3 ターン目に勇気を持って変異召還。そしてこれが通ってしまう。《クローサの境界/Krosan Verge》を使用し土地を増やす尋だが、変異が天使である以上、緊急な対策が必要だ。

 二度目の攻撃、変異は《賛美されし天使/Exalted Angel》に転じる。この攻撃によって尋のライフは 14 へ。残されたターン数は 4。

 尋は《クローサの境界/Krosan Verge》を使用し、土地を七枚へと増やす。更にターンを迎えて八枚目。今置いた《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》を使用しライフは 13。そして全てのマナをタップすると、《正義の命令/Decree of Justice》を通常キャストする。二体の天使トークンが尋の守護に現れる。

 だが、Tuomo は秒で《賛美されし天使/Exalted Angel》をレッドゾーンへ送る。二体にブロックされた天使は、一体を道連れに天界へと戻るが、ミリセコンドで Tuomo は二号機を。恐るべし天使ビートダウン。

 再び、答え探しの旅に出る尋。《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》を使用しライフが 12。更に、二号機が表替えった一撃で 8。

 残り 2 ターン。尋は幾つかある選択肢の中から《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》を選択する。残り 2 ターンは、言い換えれば、まだ 2 ターンだ。《神の怒り/Wrath of God》は必殺でなければならず、可能であるならば他の手段で解決するなりカウンターを誘っておいて、通る状況を作り上げなければならない。

 《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》には《マナ漏出/Mana Leak》が。尋はこれを《堂々巡り/Circular Logic》し、これにより尋の天使が 5/5 へと膨れ 4/5 の《賛美されし天使/Exalted Angel》を待ち構える。

 しかし、ならば俺もと Tuomo が《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》を設置。《賛美されし天使/Exalted Angel》が 5/6 へと。サイズで上をいかれた 尋。ここでブロックを行い、残り 2 ターンの間で《神の怒り/Wrath of God》を通す絵もあったが、スルーを選択する。これなら、第二の《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》を出すか、Tuomo の《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》を割る道筋が残るからだ。

 その可能性の代償に尋のライフは 3 まで減る。

 尋は動き無くターンを終了。ここでライフ 3 に Tuomo が飛びついた。一気に勝負を決めるとばかりに《正義の命令/Decree of Justice》をサイクリングで使用したのである。

 誘ったのか、誘われたのか。

 この《正義の命令/Decree of Justice》には尋の《もみ消し/Stifle》が飛ぶ。マナを失った Tuomo に対して、尋は《狡猾な願い/Cunning Wish》で《天啓の光/Ray of Revelation》を入手すると、 Tuomo の《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》を破壊した。

 再び Tuomo の《賛美されし天使/Exalted Angel》は 4/5 へと縮む。

 サイズが下回ってしまった Tuomo は自らのターンで尋同様に《狡猾な願い/Cunning Wish》を。《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》さえ割ってしまえば。しかしこれには尋の《堂々巡り/Circular Logic》が。Tuomo も《堂々巡り/Circular Logic》で返す。《狡猾な願い/Cunning Wish》は解決されるかに見えたが、なんとここで《強制/Compulsion》が尋に与えたカードが《マナ漏出/Mana Leak》! 《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》は依然そこに在り、Tuomo はこのターンの攻撃を断念。

 ならば数で勝負。Tuomoは《賛美されし天使/Exalted Angel》を変異で追加する。

 ここで尋が勝負に出た。フルマナをタップし、《正義の命令/Decree of Justice》をサイクリングで使用する。現在尋の前には九枚の土地が並んでいる。仮にこれが無事解決され、《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》が残ったままであれば、15体の 2/2 兵士が登場する。Tuomo の場にクリーチャーは二体しか出ておらず、そのライフは 28だ。尋の場にある天使トークンを計算に入れれば、幾ら《賛美されし天使/Exalted Angel》にライフゲイン能力が備わっていようとも、その解決前におさらばだ。

 《もみ消し/Stifle
 《狡猾な願い/Cunning Wish》からの《天啓の光/Ray of Revelation

 そのどちらが有ったとしても、この計画はおじゃんだ。しかし、残された道は無いのである。尋は息を殺しながら Tuomo の答えを待つ。

 Tuomo はゆっくりとこれを許した。

 尋の場にずらずらずらずら 15 体もの兵士が並ぶ。計画は見事に成就したのだ!

 そう思った瞬間。Tuomo がちょっとはにかむように笑いながら動いた。

Hunting Pack
 《狩り立てる群れ/Hunting Pack》!

 三体のビーストが Tuomo の前に現れる。

 尋のターンへ。予想外のビースト軍団によって、このターンに決めるのなら二枚目の《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》が必要となってしまった。ここぞとばかりに《綿密な分析/Deep Analysis》が使用され《強制/Compulsion》が高速回転する。そこに《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》はあるのか!?

 一枚、二枚、三枚、四枚。
 違う、違う、違う、... 違う!

 ならば。尋は総攻撃を仕掛ける。《賛美されし天使/Exalted Angel》の活躍により 28 点に増えていた Tuomo のライフが一気に 8 まで減少する。

 戦闘が終わると、尋は《神の怒り/Wrath of God》を使用、場をクリアする。生物を失った場には尋の《強制/Compulsion》と《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》だけが残る。

 Tuomo は自分のターンで《狡猾な願い/Cunning Wish》を使用し、この二枚を破壊。また土地だけの場が残った。しかし、二人の手札は質において大きく異なっており、両者は正確にそれを理解していた。

 尋は土地を置くと動かずターンを終了する。手札にあれがあるからだ。
 Tuomo は土地を置くと動きに動いた。手札に答えが無いからだ。

 《綿密な分析/Deep Analysis》、フラッシュバックの《綿密な分析/Deep Analysis》そして《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》を使用してデッキを圧縮し、更にフラッシュバック。

 8 あった Tuomo のライフは 5、4、1 とみるみるうちに減っていく。

 Tuomo は引いたカードを見る。そして覚悟を決めた。一呼吸。
 ターンの終了を宣言し尋を見る。

 尋が土地を三枚タップし、一枚のカードを見せる。そして一言。

 「サイクリングで」

 Tuomo は尋に手を差し伸べた。

Final Results:Jin Okamoto -3, Tuomo Nieminen -1

Jin Okamoto

Download Arena Decklist
ソーサリー (11)
4 Wrath of God 4 Deep Analysis 3 Decree of Justice
アーティファクト (1)
1 Mirari
エンチャント (6)
3 Mirari's Wake 3 Compulsión
他 (6)
6 Islan
60 カード

Tuomo Nieminen

Download Arena Decklist
アーティファクト (2)
2 Star Compass
エンチャント (7)
4 Compulsión 3 Mirari's Wake
60 カード

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る