準決勝: P.S.2 vs Nagoyan

更新日 Event Coverage on 2002年 5月 12日

By 平林和哉

もはや決勝ラウンドの常連-黒田正城、森田雅彦、森勝洋が集う P.S.2 と、地元名古屋の精鋭、チーム戦での結果を堅実に残し続けている Nagoyan のマッチアップ。

ドラフト段階では黒田の見事な指揮が目立っていたのだが、実際のデュエルはどうなるだろうか?

Game 1

先攻にもかかわらず土地が 2 枚で止まってしまった黒田。

小倉はその間に《戦闘的な修道士/Militant Monk》《エイヴンの魚捕り/Aven Fisher》《気力あふれる放浪者/Resilient Wanderer》《遊牧の民のおとり/Nomad Decoy》と畳み掛けていく。

《戦闘的な修道士/Militant Monk》は《苦悩/Afflict》で除去するも《かそけき翼/Ghostly Wings》まで《気力あふれる放浪者/Resilient Wanderer》についてしまいどうしようもない。

《蝶番はずし/Unhinge》でのキャントリップを見て黒田は即座に投了した。

黒田 0-1 小倉

森が《島/Island》しか引かない土地事故、森田が野瀬を速攻で下して Nagoyan が先攻している。

Game 2

 黒田は《セファリッドの物あさり/Cephalid Looter》は《苦悩/Afflict》、《神秘の使い魔/Mystic Familiar》は《薄暮のインプ/Dusk Imp》で相討ちにとった後での《グレイブディガー/Gravedigger》による回収と着実にアドバンテージを得ていく絶好の滑り出し。

そこで小倉はディスカードを経ての《思考を貪るもの/Thought Devourer》早仕掛け。
黒田は何とか《ゾンビの暗殺者/Zombie Assassin》で除去するが、続けて《エイヴンの魚捕り/Aven Fisher》《気力あふれる放浪者/Resilient Wanderer》と小倉が異常なまでに鬼回る。

《尊い癒し手/Hallowed Healer》《戦闘的な修道士/Militant Monk》と防御網までしっかりしていてどうしようもない。

《気力あふれる放浪者/Resilient Wanderer》にプロテクション黒をつけて強引に攻め立てる小倉の前に、成すすべも無く黒田は屈することになった。

(Plz insert the image of Resilent Wanderer with caption "こいつは赤黒にとって手がつけられない")

一応黒田も《砂岩の落としわな/Sandstone Deadfall》という回答を持ってはいたが・・・

黒田 0-2 小倉

黒田は敗れたが森田が野瀬に 2-0 で勝利して、決着は白青緑の森と赤緑の塩津とのマッチ次第となる。

1 本目は森が島しか引かない土地事故、続く 2 本目は塩津がスローな展開ながらも《ガージゴスト/Gurzigost》と 2 体のスレッショルドした《秘教の盲信者/Mystic Zealot》でのダメージレースで僅差の勝利かと思われたところで、森の《奈落の王/Lord of the Pit》化した《むら気な天使/Wayward Angel》が塩津を振り切った。

もう一方の準決勝は S.S.D (中村、窪内、今井)が N.G.O.K (藤田、東野、長岡)に勝利して、この最終戦に勝利した方のチームを決勝の席で待つ。

Game 3

塩津が《精励する農場労働者/Diligent Farmhand》《くすぶり獣/Ember Beast》という好スタート。

対する森は《不屈の部族/Tireless Tribe》《気病み/Hypochondria》と防御を固める。

その上に《ナントゥーコの鎮め役/Nantuko Calmer》《秘教の盲信者/Mystic Zealot》《くすぶり獣/Ember Beast》と互いにクリーチャー陣を厚くしていくが、だからといって塩津が森の戦線を突破できるわけではない。

そして最速で降臨した"セラの天使"《むら気な天使/Wayward Angel》!

《気病み/Hypochondria》は《ナントゥーコの鎮め役/Nantuko Calmer》で破壊して《野生の雑種犬/Wild Mongrel》を追加するも、ほとんど何もできない塩津。
対照的に森は《アクアミーバ/Aquamoeba》《公証人/Scrivener》(《追い返し/Repel》を回収)《砂岩の落としわな/Sandstone Deadfall》とどんどんがっちりしていく。

何とか塩津も《やつれ/Waste Away》で《むら気な天使/Wayward Angel》を除去することに成功するが、代わりに《ハイドロモルフのカモメ/Hydromorph Gull》が現れて、依然として森が攻め立てている状況に変わりは無い。

黙っているとそのまま詰んでしまう塩津は《野生の雑種犬/Wild Mongrel》と 2 体の《くすぶり獣/Ember Beast》で攻撃するが効果は薄く、返しで《霊力/Psionic Gift》をディスカードさせてスレッショルドさせた《秘教の幻想家/Mystic Visionary》《秘教の盲信者/Mystic Zealot》までも塩津を襲う。

さすがにここからの逆転は無理。
赤緑がすぐに膠着してしまっては勝てる理由が無かった。

森 2-1 塩津

Final Result: P.S.2 2-1 Nagoyan

P.S.2 Wins! Advance to Final

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る