第7回戦:抹消
Reid Duke(アメリカ) vs. 三原 槙仁(日本)

更新日 Event Coverage on 2014年 2月 21日

By Blake Rasmussen

Blake is the content manager for DailyMTG.com, making him the one you should email if you have thoughts on the website, good or less good (or not good). He's a longtime coverage reporter and hasn't turned down a game of Magic in any format ever.

原文を読む

リード・デューク/Reid Duke(世界ランキング3位/黒緑ミッドレンジ) vs. 三原 槙仁(世界ランキング13位/キキ・ポッド)

 世界ランキング13位、三原槙仁の試合前、その舞台では「『キキ・ポッド』デッキを使う三原がとんでもないことを次々とやってのけている」という噂話がささやかれていた。そのうちのひとつを拾ってみると、対戦相手が《差し戻し》を「撃ってしまった」ばっかりに、三原は2枚の《召喚の罠》を繰り返し撃ち込み、戦場が空の状態から突然コンボを決めたという。

 世界ランキング3位のリード・デュークと対峙し、フィーチャー・マッチ席へ座る三原。この世界王者経験者に先ほどの噂の真偽を尋ねると、彼は「その通り」とはっきり答えてくれた。1枚目の《召喚の罠》で《呪文滑り》を繰り出し、2枚目で《永遠の証人》を引き当てると《召喚の罠》を回収。回収した《召喚の罠》は《修復の天使》をもたらし(《永遠の証人》を「明滅」させ、再び《召喚の罠》を回収する)、すると最後の1発で《鏡割りのキキジキ》を引き込み、コンボが揃ってしまったのだ。

 これだけのエピソードを聞いてもこの試合への期待が高まらないなら、もう私にできることはないかな。

世界ランキング13位、三原槙仁と世界ランキング3位、リード・デュークの対決。果たして、
元世界王者はデュークの緑と黒の呪文に打ち勝ち、《出産の殻》が勝利を呼び寄せるだろうか?

 おっと、そういえばスーパー・スターにしてヘア・モデル、世界で一番のナイス・ガイであるリード・デュークと、それから三原のここまでの成績はご存知だろうか? 現在両者とも4勝2敗で、2日目進出は確実だとここで言っておこう。

それぞれのデッキ

 ビッグネーム対決となった今回のマッチアップだが、これは同時に今大会で最も精鋭が揃った2チームの戦いでもある。デュークが在籍するチーム「ChannelFireball」――「万神殿」と、三原が所属する「チーム・ジャパン」の2チームだ。デュークは彼が信頼を置いている緑絡みのミッドレンジ・デッキにこだわった。妨害手段と除去と強烈な脅威が満載の、「ジャンドの流れを汲む黒緑」だ。三原はもちろん、先ほど述べた通りナヤ・カラーの「キキジキ・ポッド」。多くのプレイヤーが「メリーラ・ポッド」を選択したため、すっかり影に隠れてしまった感はある。

 だがしかし、三原は「多くのプレイヤー」側ではない。そして、あえて繰り返そう、デュークも「多くのプレイヤー」側ではないのだ。

ゲーム展開

 デュークが初手に放った《コジレックの審問》は、《修復の天使》、《出産の殻》、《鏡割りのキキジキ》、《士気溢れる徴集兵》、《炎樹族の使者》と、土地が薄くきわどい手札を公開した。《コジレックの審問》で捨てさせられる序盤の呪文がひとつだけ、という手札だ。戦場に繰り出していた《貴族の教主》を《突然の衰微》で除去されると、三原は土地を強く求め、デッキがこれに応えた。

 一方デュークは《タルモゴイフ》を続けて展開し、ビートダウンを敢行する。三原の《出産の殻》が彼のデッキから厄介なものを引っ張り出してこないうちに、ゲームを終わらせるつもりだ。

 盤面で完全に遅れを取り、パワー4の《タルモゴイフ》2体と複数の《樹上の村》を相手にする三原。大きく息を吸うと、どうにか死なない方法を探し出そうとする。

この状況で勝利への道を見つけ出せる者がいるとするなら、それは世界選手権2006王者の三原に他ならない。

 やがて、三原はひとつの回答へ至る。《炎樹族の使者》から《修復の天使》と繋げ、《出産の殻》で事態の打開を図ったのだ。が、しかし、《殺戮の契約》がコンボの芽を潰し、デュークは続くターンで投了を迫ったのだった。

 第2ゲームも、デュークは再び手札破壊からスタートした。公開された三原の手札には、《出産の殻》2枚、《呪文滑り》、《修復の天使》、そして土地が2枚……さらにその片方は《ニクスの祭殿、ニクソス》! スタンダードの「緑単信心」系デッキの先駆者である三原は、モダンでもこの『テーロス』のレア土地から離れることはなかったのだ。

 デュークは続くターンに《闇の腹心》をプレイしたが、手札破壊も除去も手に入らない。三原は《出産の殻》の起動を始め、《極楽鳥》を《幻影の像》へ変えるとこちらも《闇の腹心》を手に入れた。しかしこの「幻影の腹心」はすぐ《大渦の脈動》の対象に取られ、戦場から消えていった。これでデュークがまた一歩優位を奪う。

今週末、リード・デュークは安心してモダンを戦える色を持ち込んだ――黒と緑だ。

 それでも、三原の戦場には《出産の殻》がある。続くターン、彼は《修復の天使》を構え、そこからどんな動きでもできた。

 ここでゲームの盛り上がる瞬間が訪れる――デュークはすべての解答を持っていたのだ。《修復の天使》には《死の印》を当て、《殺戮の契約》が《詐欺師の総督》を除去し、そして《闇の腹心》が……《ファイレクシアの抹消者》をめくった!

 だが三原もまだ手は尽きない。彼のデッキは実際に、どこからでもとんでもない動きが始まるのだ。今回は《根の壁》から《台所の嫌がらせ屋》、さらに《残忍なレッドキャップ》へと繋がり、とうとう《闇の腹心》を除去した。この動きで三原はライフを11まで取り戻した。

 そう、三原は瞬く間にライフを回復するのだ! これが《出産の殻》の、いや《出産の殻》ふたつの力だ。

 デュークの《ファイレクシアの抹消者》が三原のライフを6まで押し込むが、その後は2体目の《ファイレクシアの抹消者》を繰り出すのみ。2マナ立たせてターンを渡した。

 つまり、《出産の殻》ふたつに《残忍なレッドキャップ》が戦場にある状態で、三原がターンを迎えるということだ。この1ターンは極めて危険だ。

 そして三原は期待以上の動きを見せた。

 ひとつ目の《出産の殻》から《士気溢れる徴集兵》が飛び出し《ファイレクシアの抹消者》を奪うと、ふたつ目の《出産の殻》が《残忍なレッドキャップ》から《鏡割りのキキジキ》を持ってきた。《鏡割りのキキジキ》が《ファイレクシアの抹消者》をコピーし、突然13点ものダメージを叩き出したのだ! ひと目で即死級であるとわかるダメージを受けるデューク。三原のデッキには驚かされるばかりだ。

 そう、驚き。第3ゲームの三原のキープをうまく伝えるなら、「驚き」のひと言だった。デュークの《思考囲い》が、三原自身も「あれは良くない」と言っていた、ええと、興味深いハンドを公開したのだ――その内容は《鏡割りのキキジキ》2枚、《修復の天使》、《出産の殻》、《》、《ニクスの祭殿、ニクソス》2枚、というものだった。よく言われる「緩いキープ」だ。

 《思考囲い》は当然《出産の殻》を抜き去り、続いて現れた《ヴェールのリリアナ》が、さらに数ターンほどで手に負えないものになった。

 2枚目の《思考囲い》が公開した三原の手札にも、唱えられるクリーチャーはなかった。デュークの手札も《ヴェールのリリアナ》の忠誠度が上がるにつれて減っていくが、彼女は最終奥義に向けて着々と力を貯めていた。

 三原は視線を落とし戦場から背けた。それでも、祈りを込めてデッキに問いかける。もはや実質ラスト・ターンだが、《台所の嫌がらせ屋》が欲しいな、と。

 すると、デッキは見事に応え、当然のように《台所の嫌がらせ屋》を三原へ届けた。

 一方デュークは、息切れを起こしていた。彼がなんとか盤面を維持しようと《ヴェールのリリアナ》を駆使する中で、三原のドローは復調し、《漁る軟泥》を引き込むと展開を続けた。

ヴェールのリリアナ

 デュークはたまらず《ヴェールのリリアナ》の最終奥義を発動。《漁る軟泥》と土地1枚、それから「頑強」済みの《台所の嫌がらせ屋》と土地2枚という風に三原の盤面を分ける。三原は残る枚数が多い方を選んだものの、《台所の嫌がらせ屋》は《殺戮の契約》で失われてしまった。しかしそれでも、彼は勝利への鍵となる《出産の殻》を戦場へ通した。

 ここでデュークが頼みの綱の《闇の腹心》を戦場へ送り込んだ。《ヴェールのリリアナ》が再び、恐ろしい音を立てて忠誠度カウンターを載せ始める。

 2枚目の《闇の腹心》とさらに《漁る軟泥》が、このゲームにおけるデュークの大幅な優位をもたらした。《詐欺師の総督》は《殺戮の契約》でほとんど何もさせずに抑えたが、三原の繰り出すクリーチャーは、そのすべてがとんでもない動きに繋がる怖さを持っていた。

 続けて現れたのは《幻影の像》だ。《漁る軟泥》をコピーすると、それを(《出産の殻》で生け贄に捧げ)「よりよき品物」である《イゼットの静電術師》に変える。デュークの笑顔が凍りつくと共に、《闇の腹心》が2体とも失われた。

 しかし、まだ《漁る軟泥》が残っている。墓地にも《漁る軟泥》の「エサ」となるクリーチャーがいっぱいだ。《漁る軟泥》は1ターンでみるみるうちに大きくなり、9/9まで膨れ上がった。デュークは、何が出るかわからない三原の《出産の殻》の世界を手探りで進み、乗り切ったのだ。

 デュークが緑黒をベースにしたデッキを使うのは、特別驚くことではない。それでも《ファイレクシアの抹消者》の採用には驚きだ。

「これまで数えきれないほどのクリーチャーと対峙してきて、巨大な《漁る軟泥》や《聖遺の騎士》にこっちのクリーチャーが踏み潰されるのがもう嫌だったんです」と、デュークは言う。「《ファイレクシアの抹消者》なら踏み潰せないだろうってね」

 第2ゲームではまさにその5/5に(さらにコピーまでされて!)やられたが、《出産の殻》デッキとのマッチアップでは《ファイレクシアの抹消者》は重要だ、と彼は力説する。

「殻と当たるのは大歓迎です。このマッチアップでは大量のマナ・クリーチャーと《台所の嫌がらせ屋》を突破する手段が必要になるんですけど、《ファイレクシアの抹消者》がその役を担ってくれますから」

 黒マナ4つというコストを支払えるようにするため、デュークは土地構成をいじる必要があった。彼のデッキには《黄昏のぬかるみ》と《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》が採用されているが、これで《樹上の村》入りのマナ基盤を支えることもできているのだ。

 ともあれ、デュークは彼のデッキをまとめ上げ、これは三原のクレイジーな《出産の殻》デッキに対しても良く噛みあった。これでデュークは5勝2敗とし、順位でも上位に近づいた。このまま初日最終ラウンドへ向かう。

リード・デューク(世界ランキング3位) 2-1 三原 槙仁(世界ランキング13位)


(Tr. Tetsuya Yabuki)

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る