第8回戦:佐藤 隆俊(東京) vs. 佐藤 嶺(東京)

更新日 Event Coverage on 2014年 4月 11日

By 田中 久也

 全勝対決、東京対決、佐藤対決。

 佐藤嶺はプロプレイヤーとの交流が深く、関東のPTQのトップ8の常連でもある。先のグランプリ・北京にも遠征を行っている(リンク先は英語カバレージ)。

 一方、佐藤隆俊は東京の立川に店舗を構えるファミコンくん2号店の店長。お店の期待を一身に背負い全勝をキープしている。

佐藤 隆俊 vs. 佐藤 嶺

 果たしてこのまま全勝を維持し、King of the Hillに歩み寄るのはどちらのプレイヤーか。

ゲーム1

 《渦潮の精霊》《前兆語り》とプレイした佐藤嶺に対して、佐藤隆俊は《アクロスの空護衛》《クラグマの解体者》と展開していく。

 佐藤嶺は《ヘリオッドの使者》をプレイして攻撃の道を生み出そうとするが、佐藤隆俊は《イロアスの英雄》から《目ざといアルセイド》で攻守に強いクリーチャーを作り上げてしまう。

 《渦潮の精霊》で《クラグマの解体者》は除去するものの、強化された《アクロスの空護衛》は全く止まらない。

 《地平の識者》は《不屈の猛攻》で突破され、《液態化》のプレイに対応して《稲妻の一撃》で除去されてしまうと、佐藤嶺は投了するしかなくなってしまった。

佐藤 嶺

佐藤隆俊 1-0 佐藤嶺

ゲーム2

 1本目を落とした佐藤嶺だったが、ここで痛恨のダブルマリガン。佐藤隆俊は7枚でキープを宣言する。

 佐藤嶺は《オレスコスの太陽導き》《メレティスのダクソス》と、ダブルマリガンらしからぬ展開を見せるのだが、佐藤隆俊のデッキは猛烈なカードパワーを見せつける。

 《メレティスのダクソス》を《ケラノスの稲妻》で除去すると、《ミノタウルスの頭蓋断ち》《密集軍の指揮者》と展開。《タイタンの力》でカウンターを乗せながら占術を行い有効牌を掘り起こしていく。

 一方、戦闘トリックが豊富な佐藤隆俊に対してブロックを宣言しづらい佐藤嶺は、《オレスコスの太陽導き》でライフを得ながら《エファラの管理人》を使ってこつこつダメージを与えていく。

 《厄介なキマイラ》が戦場に出ると、佐藤隆俊は嫌な顔をする。佐藤嶺が攻撃をせずにターンを返すと、すぐさま《槌の一撃》を《密集軍の指揮者》と《厄介なキマイラ》にプレイ。

 ここで佐藤嶺は少考をし、自身のクリーチャー3体を対象に《蒔かれたものの収穫》を唱える。しかし、佐藤隆俊はその上から《不屈の猛攻》を使い《密集軍の指揮者》をパワーアップさせ、キマイラの除去に成功する。

 返すターンで《羽撃王》をプレイした佐藤隆俊は、追い込まれていたライフを守るようにブロッカーを残しながら、5/5になった《羽撃王》でコツコツと攻撃を繰り返す。

 《威名の英雄》を引き当てた佐藤嶺は、残りライフ6の相手に対して《液態化》を引けるかどうかに賭けることとなったが、返すターンでクリーチャーを展開した佐藤隆俊は、その次のターンに《目ざといアルセイド》を《密集軍の指揮者》にプレイし、佐藤嶺のライフを削りきった。

佐藤隆俊 2-0 佐藤嶺

佐藤 隆俊

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る