第13回戦:チーム藤村/西尾/平見 vs. チーム斎藤/西原/落合

更新日 Event Coverage on 2013年 11月 23日

By 杉木 貴文

 2日目も折り返しを過ぎ、すでにトップ4確定に名前を上げているチームもある中、フィーチャーエリアへ招待されたのは、ともに2敗ラインでトップ4の目がある、チーム斎藤/西原/落合とチーム藤村/西尾/平見。

 双方グランプリ等の大規模なトーナメントでの優れた戦績は無いものの、藤村はプロツアー経験者、またここまで勝ち上がっていることより、プレイヤー、デッキとも白熱した展開への期待がかかる。

チーム藤村/西尾/平見 vs. チーム斎藤/西原/落合

A卓:藤村(大阪) vs. 斎藤(静岡)

 先攻の藤村は赤白のビートダウンデッキ。《イロアスの神官》、《闘技場の競技者》と軽快に展開するも、斎藤が場に出した《死呻きの略奪者》、《悪魔の皮のミノタウルス》の方がワンサイズ大きく、とたんに止まってしまう。

 逆に、斎藤の《死呻きの略奪者》が攻撃を続け、《石殴りの巨人》、《国境地帯のミノタウルス》と後続も続々と登場する。藤村は手札に《密集軍の指揮者》などの白いクリーチャーを持っているものの、《平地》を引かず手札を展開できない。

 《アスフォデルの灰色商人》が藤村のライフを射程圏内に納め、最後は《洞窟のランパード》が授与された《アスフォデルの灰色商人》が藤村のライフを削りきった。

藤村 0-1 斎藤

C卓:平見(大阪) vs. 落合(静岡)

 C卓に目を向けると、試合は中盤にさしかかっていた。赤白の落合は《旅する哲人》などの細かいクリーチャーを従え、《燃えさし呑み》が軸になっている。一方の平見の場には《ネシアンのアスプ》、《定命の者の宿敵》がいる状況。

 このまま土地が並び続けると《ネシアンのアスプ》、《定命の者の宿敵》が怪物化してしまうため、落合は《燃えさし呑み》を怪物化して展開を遅くする。それだけでなく、《燃えさし呑み》が《ネシアンのアスプ》と《定命の者の宿敵》へと突っ込んでいく。

 せっかく怪物化した《燃えさし呑み》が相打ちをとられ墓地送りになる、やや不用意に見えたこのアタックにはきちんと理由があった。

 落合の手札から次のターンに飛び出したのは《嵐の息吹のドラゴン》!

嵐の息吹のドラゴン

平見 0-1 落合

チーム藤村/西尾/平見

A卓:藤村(大阪) vs. 斎藤(静岡)

 A卓はビートダウンデッキ同士ではあるが、静かな立ち上がりとなった。4ターン目、藤村の《不機嫌なサイクロプス》がファーストアクション。《不機嫌なサイクロプス》はすぐに《英雄の破滅》で退場したものの、斎藤のアクションも《洞窟のランパード》の非・授与での召喚とカードパワーはあまり高くない。

 藤村は次のターン、《恩寵の重装歩兵》に《ドラゴンのマントル》をエンチャントし、ダメージレースの構えを見せてターンを返す。対する斎藤は《アスフォデルの灰色商人》を召喚し、ライフを23へと押し上げる。

 対する藤村は《恩寵の重装歩兵》へと《パーフォロスの試練》、《ドラゴンのマントル》を続々エンチャント。アタックに行かせて《パーフォロスの試練》を《洞窟のランパード》へと飛ばす。

 さらに斎藤が《アスフォデルの灰色商人》の2体目を召喚したため、まだ斎藤のライフは20のままである。一方で、藤村のライフはすでに9まで落ち込んでおり、先に出ていた《アスフォデルの灰色商人》の攻撃を受けて7となる。

 ここで、藤村のビッグターン。《恩寵の重装歩兵》で攻撃し、《アスフォデルの灰色商人》にブロックされなかったところで《タイタンの力》、《戦識の武勇》、《統率の取れた突撃》を立て続けに唱え、斎藤に17点のダメージを与える。これにより、斎藤のライフは一気に致死圏内の3へと落ち込むこととなった。

 斎藤はさすがに攻撃を続けることができなくなり、それどころか何もアクションを起こさないままターンを返す。対する藤村は《モーギスの狂信者》を召喚、《ドラゴンのマントル》2枚を戦場に出しているため、このまま通れば勝ちなのだが……斎藤は九死に一生の《ファリカの療法》! 《恩寵の重装歩兵》の攻撃は《アスフォデルの灰色商人》でチャンプブロックして耐えしのぐ。

 再び何も召喚せずターンを返す斎藤、このままジリ貧かと思われたがそのハンドには秘策があった。

 藤村の再度の《恩寵の重装歩兵》によるアタックを、前のターンと同様にチャンプブロックからの《死の国からの救出》!!

死の国からの救出

 《アスフォデルの灰色商人》2体と斎藤が死の国から救出され、藤村のライフは《アスフォデルの灰色商人》のライフドレインにより0を割ることとなった。

藤村 0-2 斎藤

チーム藤村/西尾/平見 0-1 チーム斎藤/西原/落合

チーム斎藤/西原/落合

C卓:平見(大阪) vs. 落合(静岡)

 C卓の2ゲーム目は、平見が土地事故気味のところへ、落合が《ヘリオッドの使者》、《パーフォロスの使者》、《嵐の息吹のドラゴン》と盤面へのインパクトが高いクリーチャーを連打。あっという間に平見のライフを削りきった。

平見 0-2 落合

 これにより、B卓の結果を待たずに勝者が決まることとなった。

チーム藤村/西尾/平見 0-2 チーム斎藤/西原/落合

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る