第14回戦:Raymond Tan(マレーシア) vs. 八十岡 翔太(東京)

更新日 Event Coverage on 2013年 12月 21日

By 杉木 貴文


 グランプリ2日目も残り2ラウンドとなった。トップ8は2敗ラインでの攻防となり、そのライン上から八十岡(東京)とTan(マレーシア)がフィーチャーマッチテーブルへと呼ばれることとなった。Tanのデッキは赤タッチ白信心、八十岡のデッキは青黒「ヤソコン」である。

ゲーム1

Raymond Tan

 Tanが《凱旋の神殿》を連続で置き、ライブラリトップの選別を行う。対する八十岡は、今後の脅威に備える《漸増爆弾》を置くといった静かな立ち上がり。Tanは3ターン目に《パーフォロスの槌》をセット。八十岡の《漸増爆弾》はこの《パーフォロスの槌》を目指してカウンターを積んでいくことになった。

 八十岡は次のターンはセットランドのみでターンを終了。Tanは4ターン目、3枚目の《凱旋の神殿》でライブラリトップを下に送った後、《凍結燃焼の奇魔》をプレイ。八十岡はそれを通して、速攻での《凍結燃焼の奇魔》の2点ダメージを受け入れ、残りライフが18点となる。

 八十岡の4ターン目は《欺瞞の神殿》を出したのみでターン終了。除去カードでのリアクションの構えだ。Tanは次のターン、《モーギスの狂信者》を出すが、《モーギスの狂信者》の戦場に出た時の効果に対応して、八十岡の《英雄の破滅》が《モーギスの狂信者》へ飛び、八十岡へ信心カウントで与えられるダメージは4点。《凍結燃焼の奇魔》が八十岡へ攻撃し、八十岡のライフは13。

 八十岡は、カウンターの3つ貯まった《漸増爆弾》で《パーフォロスの槌》を除去し、《予知するスフィンクス》を盤面に投入。強固な防御壁を築き上げた。Tanは《ボロスの反攻者》をプレイしプレッシャーを与えるが、八十岡は次のターン《予知するスフィンクス》で攻撃し、ダメージレースの構えを見せる。

 Tanが次のターンに攻撃に繰り出した2体のうち《凍結燃焼の奇魔》は八十岡の《肉貪り》によって葬られてしまい八十岡へのダメージは3点にとどまる。次のターン、八十岡は《究極の価格》を構えての《波使い》でゲームを決めにかかる。

 《岩への繋ぎ止め》を持っていなかったTanのライフは《波使い》とそのトークンクリーチャーに流されきってしまった。

波使い

Tan 0-1 八十岡

八十岡 翔太

 サイドボーディングで、八十岡は最後まで《解消》と《思考囲い》のどちらを残すかを迷っていた。結局、《思考囲い》を残すことにしたのだが、2点のライフ損失を甘んじて受けてでも、《モーギスの狂信者》や《嵐の息吹のドラゴン》といった重めの脅威を軽くいなせるカードが必要と判断したからであろう。

思考囲い

ゲーム2

 後手の八十岡による《思考囲い》がTanの手札を明らかにする。《灰の盲信者》、《モーギスの狂信者》、《岩への繋ぎ止め》、《聖なる鋳造所》、《ニクスの祭殿、ニクソス》2枚といった手札から、《灰の盲信者》を抜き去る。

 Tanの手札は信心を稼げることが前提のキープだったため、八十岡がメインに残した《思考囲い》がモロに刺さった形だ。八十岡は次のターンに《漸増爆弾》も出し、4ターン目には《思考を築く者、ジェイス》と盤面を完全にコントロール。Tanは、《モーギスの狂信者》を出すも、信心分ダメージの効果がスタックにある間に、《歪んだ体形》で《モーギスの狂信者》を除去されてしまい、八十岡に全くダメージを与えられない。


 八十岡が5ターン目、6ターン目と《予知するスフィンクス》を連打し、さらに《波使い》も盤面に加えたところで、Tanはデッキをまともに機能させることなく投了することとなった。

Tan 0-2 八十岡


Yasooka, Shota

Download Arena Decklist
クリーチャー (4)
2 波使い 2 予知するスフィンクス
ソーサリー (2)
2 思考囲い
アーティファクト (3)
3 漸増爆弾
エンチャント (2)
2 家畜化
60 カード

Tan, Raymond

Download Arena Decklist

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る