1st Draft : 森田雅彦

更新日 Event Coverage on 2002年 5月 31日

By 藤枝勇

■Pod

  岡本弘毅  森田雅彦  
牛江雄太      池田啓
近江谷明      木元健児
  百瀬和之  村上裕樹  

■Profile

森田雅彦 : 先日行われた GP 名古屋で念願の初優勝。今大会も初日全勝と絶好調の昨年度 National Team Member。
百瀬和之 : 2 年連続で Masters 準優勝を果たした Panzer Hunter のジョーカー。
池田啓  : 千葉の強豪で PT 常連。
木元健児 : 北の強豪。初日全勝。
村上裕樹 : GP仙台決勝ラウンドで石田格を倒した事で一躍有名に。こちらも初日全勝で波に乗れるか。

■ Odyssey

初手 : 《病的な飢え/Morbid Hunger》 他は《投鎖獣/Chainflinger》《気力あふれる放浪者/Resilient Wanderer》《公証人/Scrivener

2 手目 : 《キヅタの精霊/Ivy Elemental》他は《夢繰り/Dreamwinder》《エイヴンの群れ/Aven Flock

3 手目 : 《考え直し/Second Thoughts》他は《追い返し/Repel

4 手目 : 《エイヴンの射手/Aven Archer》他は《励まし/Embolden》《集中砲火/Flame Burst

5 手目 : 《雲を追うエイヴン/Aven Cloudchaser》他は《シートンの願望/Seton's Desire

6 手目 : 《エイヴンの群れ》

7 手目 : 《病的な飢え》

8 手目 : 《巣立つインプ/Fledgling Imp》他は《公証人》

9 手目 : 《巣立つインプ》

10 手目 : 《異形の這うもの/Frightcrawler》他は《無垢の血/Innocent Blood

11 手目 : 《ダークウォーターの卵/Darkwater Egg

12 手目 : 《美徳の巡礼者/Pilgrim of Virtue

13 手目 : 《聴罪司祭/Confessor

14 手目 : 《ひたむきな殉教者/Dedicated Martyr

15 手目 : 《認識を食うもの/Cognivore

上 2 人が青を選択している為に若干ながらも漏れてきていた青いカードを速い順目でピックしていたら完全に嵌っていたが、それはなんとか回避出来た。

7 手目の《病的な飢え》がとても美味しく、続く 8 , 9 , 10手目もデッキに入るカードが取れたのが良い感じだ。

4 手目の《エイヴンの射手》を《励まし》にしておけば良かったと語っていた。

■ Torment

初手 : 《魂の災い魔/Soul Scourge》他は《癇しゃく/Fiery Temper

2 手目 : 《屍肉ワーム/Carrion Wurm》他は《魂の災い魔》《シートンの斥候/Seton's Scout

3 手目 : 《陰謀団の拷問者/Cabal Torturer

4 手目 : 《ティーロの信者/Teroh's Faithful》他は《神秘の使い魔/Mystic Familiar》《魂の災い魔》

5 手目 : 《よろめく大群/Shambling Swarm》他は《臓器をすり砕く者/Organ Grinder

6 手目 : 《精神ヘドロ/Mind Sludge》他は《ティーロの信者》

7 手目 : 《墓をこじ開けるもの/Gravegouger

8 手目 : 《狂乱した浄化/Frantic Purification

9 手目 : 《汚れた森/Tainted Wood

10 手目 : 《影の形態/Shade's Form

11 手目 : 《骨片の斬鬼/Boneshard Slasher

12 手目 : 《陰謀団の外科医/Cabal Surgeon

13 手目 : 《加速/Accelerate

14 手目 : 《はるかなる放浪/Far Wanderings

15 手目 : 《陰謀団の儀式/Cabal Ritual

《よろめく大群》が 5 手目に取れた事によりデッキパワーが一気に上がりタフネスの高い生き物と、環境が変わってパワーアップした《陰謀団の拷問者》がグッドだ。

この時点で上の岡本弘毅と 2 色とも被ってしまい、 Judgment ではかなりの苦戦が予想される。上手に黒 2 人と上が白でデッキに入るカード不足が予想され色の追加もあり得るか、といった感じだが果たしてどうなるだろうか。

■ Judgment

初手 : 《防衛魔道士の代言者/Shieldmage Advocate》他は《切除するもの/Scalpelexis

2 手目 : 《幻影の群れ/Phantom Flock》他は《秘儀の教示/Arcane Teachings》《寄生牙のドレイク/Wormfang Drake》《幻影のケンタウロス/Phantom Centaur

3 手目 : 《歴戦のエイヴン/Battlewise Aven》他は《秘儀の教示》《武勇/Valor

4 手目 : 《心優しきボディガード/Benevolent Bodyguard

5 手目 : 《用心深い歩哨/Vigilant Sentry》他は《寄生牙のドレイク》

6 手目 : 《縫合/Stitch Together》他は《ぼんやり/Lost in Thought

7 手目 : 《エイヴンの戦略/Aven Warcraft

8 手目 : 《天啓の光/Ray of Revelation

9 手目 : 《虹色の断片/Prismatic Strands

10 手目 : 《被覆/Envelop

11 手目 : 《血まみれ牙の炎獣/Goretusk Firebeast

12 手目 : 《血まみれ牙の炎獣/Goretusk Firebeast

13 手目 : 《開放されたドワーフ/Liberated Dwarf

14 手目 : 《焚書/Book Burning

15 手目 : 《陰謀団の見習い/Cabal Trainee

初手で《切除するもの》が出ていた為に青を追加するかと思われたが《防衛魔道士の代言者》を取り 2 色で最後まで通したが、後で聞いた所「 Judgment は青取っておけば…。」やはり少し後悔が残ったらしい。

OD TO で取れていたカードは白の色拘束が緩いために 3 色目も追加しやすいように見えたが赤、青共にスルーして黒白 2 色でデッキは完成。

黒白の内、黒はほぼ決め打ちで 2 色目には緑を取りたかったそうだが何も回ってこない物だからまぁ白でいいかと白を選択。

Sorcery が多く、生き物ばっかりで大雑把なデッキですよーと本人談。 1 戦目から《空翼のエイヴン/Skywing Aven》と《寄生牙のドレイク》を 3 枚ずつ持っている強豪、池田啓との対戦となり非常にきつい所だが是非とも頑張って 2 年連続 Best 8 の道を突き進んで欲しい。

Masahiko Morita — Japan National Day 2 1st Pod Deck

Download Arena Decklist
ソーサリー (4)
1 Mind Sludge 2 Morbid Hunger 1 Stitch Together
インスタント (3)
1 Aven Warcraft 1 Prismatic Strands 1 Second Thoughts
アーティファクト (1)
1 Darkwater Egg
エンチャント (1)
1 Shade's Form
土地 (17)
7 Plains 10 Swamp
41 カード

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る