2nd Draft :モリカツ

更新日 Event Coverage on 2002年 6月 1日

By 真木孝一郎

日本選手権決勝に用意された僅か8つの席。

その輝かしき円卓への権利を賭けた最終ドラフトが行われた。その中で最も熱い輝きをキラリと放つ二番卓にスポットを。

■ Pod

浅原晃 脇坂佑介
林眞右 森勝洋
佐々木祐介  百瀬和之
池田剛史 増井規晶

尚、この Pod 上で浅原・百瀬・池田についても同時並行でDraft Pickを記録している。是非そちらについても参照して欲しい。

■ 森勝洋

 「まじゴッド」というナチュラルな決め台詞。決してキャラだけでは無く、昨年度ルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞した腕と、どんな場面でも確固たる自分をつらぬく胆力の持ち主。どの程度確固たっちゃうかを表すいいエピソードがある。先日、彼が運転する車が事故にあってしまった。それも高速で、だ。そんなときもモリカツは決して慌てない。すかさず電話を友人にかける。

 

「いやー事故っちゃった。これがほんとの事故った事故った。」

 

何がほんとなのだろうか? とまぁこんぐらい確固なわけです。色々と頑張って欲しいと思います。

■ Quick Interview

ドラフト直前のモリカツにちょこっとだけ聞いてみる。

SBJ「出来れば狙いたい組み合わせは何かな?」
モリカツ「赤緑」

SBJ「Judgementでこれホッスィーってのは何?」
モリカツ「《象の導き/Elephant Guide(JU)》」

■ Pack 1 ( Odyssey )

1st Pick 《変態するワーム/Metamorphic Wurm (OD)》 

《象の待ち伏せ/Elephant Ambush (OD)》、《苦悩/Afflict (OD)》、《セファリッドの斥候/Cephalid Scout (OD)》

2nd Pick 《凶暴象/Rabid Elephant (OD)》

《病的な飢え/Morbid Hunger (OD)》、《リサトグ/Lithatog (OD)》、《励まし/Embolden (OD)》

3rd Pick 《ナントゥーコの信奉者/Nantuko Disciple(OD)》

《霊気の噴出/Aether Burst (OD)》、《操作室/Chamber of Manipulation (OD)》《中略/Syncopate (OD)》

4th Pick 《精励する農場労働者/Diligent Farmhand (OD)》

《ドワーフ打撃部隊/Dwarven Strike Force (OD)》《蛮族の狂人/Barbarian Lunatic (OD)》《天使の壁/Angelic Wall (OD)》

  5th Pick 《シートンの願望/Seton’s Desire (OD)》

《炎の稲妻/Firebolt (OD)》《サイカトグ/Psychatog (OD)》《夢繰り/Dreamwinder (OD)》

  6th Pick  《病的な飢え/Morbid Hunger (OD)》

《ゾンビの暗殺者/Zombie Assassin (OD)》《地図作り/Cartographer (EX)》

  

7th Pick 《避難/Shelter (OD)》

《最後の儀式/Last Rites (OD)》《雲を追うエイヴン/Aven Cloudchaser (OD)》

  8th Pick 《沼の漂流物/Bog Wreckage (OD)》

  9th Pick 《無謀なる突進/Reckless Charge (OD)》

  

10th Pick 《サングラスの卵/Sungrass Egg (OD)》

  11th Pick 《汚い野犬/Filthy Cur (OD)》

《炎熱の突風/Thermal Blast (OD)》

  宣言通り、緑に固執したピックを進めるモリカツ。ただ、実は上席の脇坂も《リスの巣/Squirrel Nest (OD)》を始め緑絡み。それだけではなく、進むにつれ二色目に選んだ黒までもが被ってしまう形だ。最も黒に関していえば、強いカードは2パック目のTorment に集中しているわけで、これは逆にモリカツにアドバンテージがある。幸いなことに下席の百瀬は白赤を中心としたピック。もう一つ奥の増井が黒を選択しているが、一人分のスペースが確保でいているわけだ。ちなみに、実はこの増井も緑黒だったりする。

 分岐点であったのは3rd Pick 。3枚の青いカードは上空に豊富な青をイメージさせる。シグナルとして受け取り青に進むことも一つの選択肢である。ただし、同パックにはモリカツにとって貴重な信奉者が同梱されていた。これをとらずに流してしまうと下流を混乱させてしまうことにもなる。モリカツはこれをピックし、全ての青いカードを流すことに決める。

 更なる分岐が 4th Pick 。農場労働者があるにはあるものの、二体の赤いクリーチャー。事前のインタビューで赤緑にいきたいなんてことをいっていたモリカツだ。お、これはいっちゃうかなと思いきや、ストイックに緑をつらぬく。愛一途。

 青も流した。赤も流した。 そんな過去のシグナルを大事にしたのか、結局モリカツが採用したのは黒。確かに6th Pick の飢えは美味しいところである。

■ Pack 2 ( Torment )

1st Pick 《ひどい憔悴/Crippling Fatigue (TO)》

《打開/Breakthrough (TO)》、《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla (TO)》

2nd Pick 《ケンタウルスの酋長/Centaur Chieftain (TO)》

《ひどい憔悴/Crippling Fatigue (TO)》、《狂気の力/Strength of Lunacy (TO)》

3rd Pick  《魂の災い魔/Soul Scourge (TO)》

《ドングリの収穫/Acorn Harvest (TO)》

4th Pick 《アヌーリッドのゴミあさり/Anurid Scavenger (TO)》

《神秘の使い魔/Mystic Familiar (TO)》、《クローサの修復者/Krosan Restorer (TO)》、《空翼のエイヴン/Skywing Aven (TO)》

5th Pick 《狂気の力/Strength of Lunacy (TO)》

《神秘の使い魔/Mystic Familiar (TO)》

6th Pick 《最後の笑い/Last Laugh (TO)》

7th Pick 《朽ちゆくインプ/Putrid Imp (TO)》

《浮揚盾/Floating Shield (TO)》、《クローサの締めつけ蛇/Krosan Constrictor (TO)》《かそけき翼/Ghostly Wings (TO)》

8th Pick 《かそけき翼/Ghostly Wings (TO)》

《はじけるこん棒/Crackling Club (TO)》

9th Pick 《腐臭の地/Rancid Earth (TO)》

《大音響攻撃/Sonic Seizure (TO)》

10th Pick 《クローサの修復者/Krosan Restorer (TO)》

11th Pick 《朽ちゆくインプ/Putrid Imp (TO)》

12th Pick 《クローサの修復者/Krosan Restorer (TO)》

 大量に流入してくる漆黒の財宝。を期待したい2パック目であったのだが。初手でこそ Fatigue 、そして6手目の笑いはとれたものの、それ以外にこりゃおいしいというカードには恵まれない展開。Imp や修復者といった脇役群は揃ったものの主役をはれるカードが欲しいところである。

■ 3rd Pack ( Judgement )

1st Pick 《象の導き/Elephant Guide (JU)》

《寄生牙のドレイク/Wormfang Drake (JU)》

2nd Pick 《毒の臭い/Toxic Stench (JU)》

3rd Pick 《灰毛の定め/Grizzly Fate (JU)》

4th Pick 《ドルイドの収穫者/Harvester Druid (JU)》

《ワームの突進/Crush of Wurms (JU)》

5th Pick 《鋼胴の甲虫/Ironshell Beetle (JU)》

《吠え裂きアヌーリッド/Anurid Barkripper (JU)》

6th Pick 《秘儀の教示/Arcane Teachings (JU)》

《吠え裂きアヌーリッド/Anurid Barkripper (JU)》

7th Pick 《国境巡回兵/Border Patrol (JU)》

8th Pick 《毒ヅタ/Venomous Vines (JU)》

9th Pick 《毒ヅタ/Venomous Vines (JU)》

 クリーチャーが小さいなら育てればいいさ! 

とばかりに子育てな感じのデッキに仕上げていくモリカツ。既に取得済みのシートン、狂気、に加えて導き、秘儀とピックしていく(3色目となる秘儀をデッキに入れるかは現時点では不明だが、モリカツならきっと入れてくれることだろう)。

 

ちょっとアナログな匂い漂うこのデッキは、残り二勝を叩きだすことが出来るだろうか。この後行われる三つの戦いに目を離すな!

Maji God

Download Arena Decklist
ソーサリー (3)
1 Crippling Fatigue 1 Morbid Hunger 1 Grizzly Fate
インスタント (1)
1 Toxic Stench
土地 (17)
9 Forest 6 Swamp 1 Bog Wreckage 1 Mountain
他 (2)
1 Metaporphic Wurm 1 Rapid Elephant
40 カード

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る