3rd Draft Picks:森勝洋

更新日 Event Coverage on 2002年 5月 4日

By 平林和哉

Pod

Florent Jeudon
Sol MalkaJeff Fung
Pasquale RuggieroKatsuhiro Mori
Kristian HellmanLars Dam
Stewart Shinkins

Florent Jeudon   : Antoine Olivier の Ruel 兄弟とともに Team Black Ops としてマスターズの前身である Team Challenge (チームロチェスター)で優勝している。
Jeff Fung : プロツアー大阪チャンピオンである Ken Ho の所属している Magic Colony の一員。GP 香港チャンピオン。
Sol Malka      : Michael Pustlnik が GP Las Vegas で使用した The Rock and his Milions の製作者。GP Tampa チャンピオン。

まあプロツアーの 2 日目ともなればこれくらいのメンバーでのドラフトは当然といえるだろう。
初日突破ぎりぎりのラインのため、ベスト 8 を目指すのならば 4 連勝を狙えるドラフトをしなければならない。

1st Pack:Odyssey

1st Pick:《セファリッドの仲介人/Cephalid Broker》
他の選択肢:《集中砲火/Flame Burst》

2nd Pick:《リスの巣/Squirrel Nest》
他の選択肢:《霊気の噴出/AEther Burst》

3rd Pick:《小枝を歩くもの/Twigwalker》
他の選択肢:《思考を食うもの/Thought Eater》

4 th Pick:《リサトグ/Lithatog》
他の選択肢:《リスのお喋り/Chatter of the Squirrel》

5th Pick:《ナントゥーコの古老/Nantuko Elder》
他の選択肢:《拒絶の儀式/Rites of Refusal》、《全面否定/Fervent Denial》

6th Pick:《くすぶり獣/Ember Beast》

7th Pick:《拒絶の儀式/Rites of Refusal》

8th Pick:《矛槍兵/Halberdier》
他の選択肢:《大洪水/Deluge》

9th Pick:《焦熱の飛弾/Scorching Missile》
他の選択肢:《シャドーブラッドの卵/Shadowblood Egg》

10th Pick:《動かぬ生/Still Life》
他の選択肢:《モルグの窃盗/Morgue Theft》

11th Pick:《シャドーブラッドの尾根/Shadowblood Ridge》
他の選択肢:《巣立つインプ/Fledgling Imp》

12th Pick:《ナントゥーコの祭殿/Nantuko Shrine》

13th Pick:《埋め合わせ/Recoup》

14 th Pick:《簡略化/Simplify》

Last Pick: 《カマールの願望/Kamahl's Desire》

上家の Fung が《アムガバ/Amugaba》スタートの白青、下家の Dam が青いカードをピックし続けたために青をあきらめざるを得なくなる。
そこで早くも 4 手目での《リサトグ/Lithatog》で赤緑に変更。なんとかハマるのを回避できたかのように見えたのだが・・・

2nd Pack:Odyssey

1st Pick:《森の力/Sylvan Might》
他の選択肢:《文化交流/Cultural Exchange》、《エイヴンの風読み/Aven Windreader》

2nd Pick:《筋力急伸/Muscle Burst》
他の選択肢:《シートンの願望/Seton's Desire》

3rd Pick:《炎の稲妻/Firebolt》
他の選択肢:《ミノタウルスの探検者/Minotaur Explorer》、《精神を刻むもの/Mindslicer》

4 th Pick:《ゴリラのタイタン/Gorilla Titan》
他の選択肢:《凶暴象/Rabid Elephant》、《追い返し/Repel》

5th Pick:《追い返し/Repel》

6th Pick:《筋力急伸/Muscle Burst》
他の選択肢:《狂犬/Mad Dog》

7th Pick:《オーラ術師/Auramancer》

8th Pick:《空に射るもの/Skyshooter》

9th Pick:《オーラの移植/Aura Graft》
他の選択肢:《炎の斉射/Blazing Salvo》

10th Pick:《思考をかじるもの/Thought Nibbler》
他の選択肢:《法の領域/Sphere of Law》、《シャドーブラッドの卵/Shadowblood Egg》

11th Pick:《入念な研究/Careful Study》

12th Pick:《巣立つインプ/Fledgling Imp》

13th Pick:《容認される損失/Acceptable Losses》
他の選択肢:《巣立つインプ/Fledgling Imp》

14 th Pick:《真理の領域/Sphere of Truth》

Last Pick: 《ラクァタスの独創力/Laquatus's Creativity》

実は下家の 1 パック目初手が《踏み荒らし/Overrun》で、ほとんど青単だったために 2 パック目は緑のクリーチャーをかき集めていたのだ。
そのため森は満足な数のクリーチャーを集めることのできないままにトーメントを迎えることになる。

3rd Pack:Torment

1st Pick:《ケンタウルスの酋長/Centaur Chieftain》
他の選択肢《ラクァタスのチャンピオン/Laquatus's Champion》、《ひどい憔悴/Crippling Fatigue》

2nd Pick:《センギアの吸血鬼/Sengir Vampire
他の選択肢:《一時的狂気/Temporary Insanity》

3rd Pick:《クローサの修復者/Krosan Restorer》
他の選択肢:《郷愁的な夢/Nostalgic Dreams》、《やつれ/Waste Away》

4 th Pick:《屍肉ワーム/Carrion Wurm
他の選択肢:《大音響攻撃/Sonic Seizure》、《ナントゥーコの鎮め役/Nantuko Calmer》

5th Pick:《綿密な分析/Deep Analysis》
他の選択肢:《やつれ/Waste Away》

6th Pick:《クローサの締めつけ蛇/Krosan Constrictor》
他の選択肢:《土喰い豚/Petravark》

7th Pick:《クローサの締めつけ蛇/Krosan Constrictor》

8th Pick:《アクアミーバ/Aquamoeba》

9th Pick:《はるかなる放浪/Far Wanderings》

10th Pick:《はじけるこん棒/Crackling Club》

11th Pick:《捕らわれのドワーフ/Enslaved Dwarf》

12th Pick:《催眠魔/Hypnox》

13th Pick:《不安な夢/Restless Dreams》

14 th Pick:《陰謀団の儀式/Cabal Ritual》

Last Pick:《カマールの大鎚/Kamahl's Sledge》

Laquatus's Champion
Sengir Vampire
気が狂ったように流れてくる黒い凶悪カードの数々。
《ラクァタスのチャンピオン/Laquatus's Champion》《センギアの吸血鬼/Sengir Vampire》《屍肉ワーム/Carrion Wurm》・・・
2 パック目の終盤に《巣立つインプ/Fledgling Imp》の 2 枚目や、もしくは《シャドーブラッドの卵/Shadowblood Egg》をドラフトしていれば少しはましになったかもしれないが、あくまで焼け石に水だっただろう。

「死んだー」

Katsuhiro Mori

Download Arena Decklist

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る