3rd Draft Picks:金子聖徳

更新日 Event Coverage on 2002年 5月 4日

By 森慶太

Pod

★Kaneko Masanori
Adam Fischer Eugene Harvey
Jeroen Remie Thomas Gundersen
Jens Thoren Tom van de Logt
Richard Clyne

■Player Profile

Tom van de Logt [NLD]:2001 世界王者
Jens Thoren [SWE]:2002 PT Sandiego 準優勝、2002 PT 大阪 Top 4
Eugene Harvey [USA]:2001 USA National Team(世界選手権優勝)、2001 GP Atlanta 優勝

ほとんど全滅という憂き目に会った日本勢。二日目にコマを進めたのは森勝洋と広島予選を準優勝して qualify された 17 歳の新鋭金子聖徳の二人だけとだった。金子はかなり密度の高い卓でのスタートとなったわけだが、はたして彼はどのようなDrafting を見せてくれるのだろうか。

1st Pack:Odyssey

1st Pick:《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》
流したカード:《秘教の処罰者/Mystic Enforcer》

2nd Pick:《象の待ち伏せ/Elephant Ambush》
流したカード:《尊い癒し手/Hallowed Healer》、《シートンの願望/Seton's Desire》

3rd Pick:《森の力/Sylvan Might》
流したカード:《病的な飢え/Morbid Hunger》、《避難/Shelter》、《蛮族の狂人/Barbarian Lunatic》

4 th Pick:《精励する農場労働者/Diligent Farmhand》
流したカード:《葉の踊り手/Leaf Dancer》、《考え直し/Second Thoughts》、《パッチワーク・ノーム/Patchwork Gnomes》、《くすぶり獣/Ember Beast》

5th Pick:《ゾンビの暗殺者/Zombie Assassin》
流したカード:《小枝を歩くもの/Twigwalker》、《蛮族の狂人/Barbarian Lunatic》

6th Pick:《保菌獣/Infected Vermin》

7th Pick:《保菌獣/Infected Vermin》

8th Pick:《汚い野犬/Filthy Cur》

9th Pick:《狂犬/Mad Dog》

10th Pick:《巣立つインプ/Fledgling Imp》

11th Pick:《炎の斉射/Blazing Salvo》

12th Pick:《沼の漂流物/Bog Wreckage》

13th Pick:《栄光の代価/Price of Glory》

14 th Pick:《狂気の暗示/Hint of Insanity》

Last Pick:《原初の激情/Primal Frenzy》

2nd Pack:Odyssey

1st Pick:《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》
流したカード:《象の待ち伏せ/Elephant Ambush》、《薄汚いネズミ人間/Dirty Wererat》

2nd Pick:《精神を刻むもの/Mindslicer》
流したカード:《炎の稲妻/Firebolt》、《飛びかかる虎/Springing Tiger》、《サイカトグ/Psychatog》

3rd Pick:《凶暴象/Rabid Elephant》
流したカード:《筋力急伸/Muscle Burst》、《リスのお喋り/Chatter of the Squirrel》

4 th Pick:《リスのお喋り/Chatter of the Squirrel》
流したカード:《象の待ち伏せ/Elephant Ambush》

5th Pick:《苛性タール/Caustic Tar》
流したカード:《くすぶり獣/Ember Beast》、《象の待ち伏せ/Elephant Ambush》

6th Pick:《凶暴象/Rabid Elephant》

7th Pick:《小枝を歩くもの/Twigwalker》

8th Pick:《巣立つインプ/Fledgling Imp》

9th Pick:《美徳の巡礼者/Pilgrim of Virtue》

10th Pick:《公証人/Scrivener》

11th Pick:《破砕/Demolish》

12th Pick:《ムチ打ち人/Whipkeeper》

13th Pick:《優雅の領域/Sphere of Grace》

14 th Pick:《森林地帯のドルイド/Woodland Druid》

Last Pick:《一瞬の不可視/Touch of Invisibility》

3rd Pack:Torment

1st Pick:《顔なしの解体者/Faceless Butcher》
流したカード:《激発/Violent Eruption》、《やつれ/Waste Away》

2nd Pick:《ナルシシズム/Narcissism》
流したカード:《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》、《ひどい憔悴/Crippling Fatigue》

3rd Pick:《にじり寄るストーカー/Slithery Stalker》
流したカード:《魂の災い魔/Soul Scourge》、《狂気を操る者チェイナー/Chainer, Dementia Master》

4 th Pick:《催眠の悪鬼/Mesmeric Fiend》
流したカード:《厳格な裁き人/Stern Judge》

5th Pick:《やつれ/Waste Away》

6th Pick:《にじり寄るストーカー/Slithery Stalker》

7th Pick:《ナントゥーコの鎮め役/Nantuko Calmer》

8th Pick:《不安な夢/Restless Dreams》

9th Pick:《不安な夢/Restless Dreams》

10th Pick:《腐臭の地/Rancid Earth》

11th Pick:《病的な霞/Psychotic Haze》

12th Pick:《不安な夢/Restless Dreams》

13th Pick:《カマールの大鎚/Kamahl's Sledge》

14 th Pick:《カマールの大鎚/Kamahl's Sledge》

Last Pick:《抵抗の誇示/Flash of Defiance》

Masanori Kaneko

Download Arena Decklist
ソーサリー (3)
2 Roar of the Wurm 1 Chatter of the Squirrel
インスタント (3)
1 Waste Away 1 Sylvan Might 1 Elephant Ambush
エンチャント (2)
1 Narcissism 1 Caustic Tar
土地 (17)
9 Forest 7 Swamp 1 Bog Wreckage
他 (2)
2 Restless Dream
40 カード

Mystic Enforcer
Roar of the Wurm
SBJ:やはり一番印象的だったのは開幕での 2 択でノータイム《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》に進めたところでしょうか。
金子:世界的に緑白が弱いのは常識ですよね。まずはその色になりたくなかったってのと、《秘教の処罰者/Mystic Enforcer》を使うにしても結局青白タッチ緑とかにしかならないから、ここで《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》をピックして下の Harvey が《秘教の処罰者/Mystic Enforcer》だった場合、多分返しの Odyssey でも緑はとれるかな、と。

SBJ:なるほど。かなりこのフォーマットには精通してらっしゃるようですね。
金子:Draft ばかり・・・というか、リミテッドしかしてません。オンラインでも実世界でもそうですね。

SBJ:今回の Draft で心がけた点などはおありですか?
金子:そうですね。Torment が黒いだけに Odyssey では強引に緑を主張しにいきましたね。本当は赤緑が一番好きなんですけど、なりゆきで。

SBJ:今回のデッキに評価はどうでしょう。
金子:卓内で見かけたカードプールで考えればかなり強い部類なのではないかと。たしかに除去が薄いんですけどね。

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る