4th Draft Picks:森勝洋

更新日 Event Coverage on 2002年 5月 4日

By 森慶太

Antoine Ruel
  Thomas Preyer Jeroren Remie  
Zev Gurwitz   Gary Rush
  Tom van de Logt Jussi Salovaara  
Katsuhiro Mori

Antoine Ruel:Ruel Broters 弟。2001 Worlds Top 4
Zev Gurwitz:最近評判の"Zevatog"のデザイナー
Tom van de Logt:2001 Worlds Champion

 3 勝して Top 16を狙いたいモリカツとしては、3rd Draft にような無様な Drafting は避けねばならない。

1st Pack:Odyssey

1st Pick:《霊気の噴出/AEther Burst》
2nd Pick:《エイヴンの風読み/Aven Windreader》
3rd Pick:《夢繰り/Dreamwinder》
4 th Pick:《霊気の噴出/AEther Burst》
5th Pick:《薄汚いネズミ人間/Dirty Wererat》
6th Pick:《霊気の噴出/AEther Burst》
7th Pick:《汚れた契約/Tainted Pact》
8th Pick:《墓所を歩くもの/Crypt Creeper》
9th Pick:《保菌獣/Infected Vermin》
10th Pick:《占骨術/Skeletal Scrying》
11th Pick:《沼の漂流物/Bog Wreckage》
12th Pick:《ゾンビの暗殺者/Zombie Assassin》
13th Pick:《聴罪司祭/Confessor》
14 th Pick:《精神噴出/Mind Burst》
Last Pick: 《原初の激情/Primal Frenzy》

 下家の van de Logt に《苛性タール/Caustic Tar》をはじめとした青黒いカードがこぼれてしまい、実際に《セファリッドの仲介人/Cephalid Broker》スタートだった彼は大喜びで青黒に走ることになる。当然、返しの Odyssey では森勝洋に黒い除去や青いバウンススペルの類はほとんど流れてこなくなってしまうのだった。
 しかし、純粋に 3 枚の《霊気の噴出/AEther Burst》は強いはずだ。

2nd Pack:Odyssey

1st Pick:《セファリッドの物あさり/Cephalid Looter》
2nd Pick:《公証人/Scrivener》
3rd Pick:《熊人間/Werebear》
4 th Pick:《公証人/Scrivener》
5th Pick:《筋力急伸/Muscle Burst》
6th Pick:《ゾンビ化/Zombify》
7th Pick:《脈動する幻影/Pulsating Illusion》
8th Pick:《オーラの移植/Aura Graft》
9th Pick:《汚い野犬/Filthy Cur》
10th Pick:《考え直し/Second Thoughts》
11th Pick:《美徳の巡礼者/Pilgrim of Virtue》
12th Pick:《汚れた契約/Tainted Pact》
13th Pick:《森林地帯のドルイド/Woodland Druid》
14 th Pick:《ドワーフの兵卒/Dwarven Grunt》
Last Pick: 《消えた火/Cease-Fire》

 《霊気の噴出/AEther Burst》デッキだけに《公証人/Scrivener》が 2 枚とれたのは明るい材料だろう。

3rd Pack:Torment

1st Pick:《顔なしの解体者/Faceless Butcher》
2nd Pick:《魂の災い魔/Soul Scourge》
3rd Pick:《陰謀団の拷問者/Cabal Torturer》
4 th Pick:《臓器をすり砕く者/Organ Grinder》
5th Pick:《屍肉ワーム/Carrion Wurm》
6th Pick:《ハイドロモルフの守護者/Hydromorph Guardian》
7th Pick:《催眠の悪鬼/Mesmeric Fiend》
8th Pick:《液化/Liquify》
9th Pick:《朽ちゆくインプ/Putrid Imp》
10th Pick:《不安な夢/Restless Dreams》
11th Pick:《精神ヘドロ/Mind Sludge》
12th Pick:《腐臭の地/Rancid Earth》
13th Pick:《腐臭の地/Rancid Earth》
14 th Pick:《蝶番はずし/Unhinge》
Last Pick:《セファリッドの密告者/Cephalid Snitch》

 森からトスされた《野生の雑種犬/Wild Mongrel》などのおかげで下のプレイヤーはコテコテの赤緑。当然、森にもそれなりのおこぼれが流れてきたわけだった。

森いわく、「今度こそ超ゴッドですよ!」。

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る