Draft Report : 第1ドラフト―森 勝洋

更新日 Event Coverage on 2006年 10月 20日

By Daisuke Kawasaki

ついにPT神戸がスタートした。

神戸といえば、日本人初のPTチャンピオンが誕生した土地。

あれから、約二年半、常々繰り返されるように、日本のPTチャンピオンは7人にまで増えた。

この、1stドラフトでは、そんなチャンピオンの中のひとりであるとともに、つい先日の日本選手権において「世界チャンピオンにして日本チャンピオン」という偉業を成し遂げた森 勝洋のピックを重点的に追いかけてみたいと思う。

最近は、プライベートが忙しく、マジックに触れる機会が少なくなったという森ではあるが、やはり「時のらせん」は魅力的なエキスパンションだったようで、暇を見つけては古淵(※関東のプロプレイヤーたちの拠点)に足を運び、ドラフトをやっていたという。

 「浅原さんには一回も勝てなかったけどね!」

そこで森に、今回のプロツアーでの戦略を聞いてみた。

 「うまい人は緑嫌うから、緑を独り占めしたいと思う、一番強いのは青だけど、当然人気あるから、できればかぶせたくない」

それでは、森のピックを見ていこう。

■Pack 1

Errant Ephemeron

1 《遍歴のカゲロウ獣/Errant Ephemeron
2 《時間の孤立/Temporal Isolation
3 《トゲ尾の仔ドレイク/Spiketail Drakeling
4 《五制術の護法印/Pentarch Ward
5 《アヴナントの癒し手/D'Avenant Healer
6 《珊瑚のペテン師/Coral Trickster
7 《乳白スリヴァー/Opaline Sliver
8 《監視スリヴァー/Watcher Sliver
9 《一瞬の瞬き/Momentary Blink
10 《解呪/Disenchant
11 《ジェディットの竜騎兵/Jedit's Dragoons
12 《石灰の池/Calciform Pools
13 《火跡スリヴァー/Firewake Sliver
14 《ジョイラの時虫/Jhoira's Timebug

ファーストパックのファーストピック。

ここで森が選んだカードは、青のトップコモンと名高い《遍歴のカゲロウ獣/Errant Ephemeron》だった。

森 「他に取るべきカードもなかったし、《遍歴のカゲロウ獣/Errant Ephemeron》からなら、青にいってもいいかなと思って」

実際、このパックでの選択肢としては、黒の拘束が強く、黒単に近いデックになる事を強いられる《奈落のしもべ/Liege of the Pit》ぐらいしかなかった。黒も、青と同じくらいに人気のある色なので、初手としては避けたいカードだったのだろう。

ちなみに、森が出来ればやりたいといっていた緑のカードでピック候補になったのは《獣群のナール/Herd Gnarr》。しかし、ただでさえ他の色よりカードパワーの落ちる緑をスタートするのにはちょっと力不足だったようだ。

 「二手目・三手目でほぼ決め打ちすることにしたよ。かぶったらしょうがないやって」

青は、卓でも人気の色であり、コモンにパワーカードも多いが、やはり卓の許容人数は3人が限度といわれている。特に、白青の待機系のアーキタイプは、環境最強の一角である一方で、パーツが限定されるせいで、キチンとくみ上げきれない場合が多い。

例えば、同卓である毛利 武将も、初手《遍歴のカゲロウ獣/Errant Ephemeron》という同じピックでスタートしたものの、青の流れが良好でないのと、4手目で、森のパックから流れてきた《奈落のしもべ/Liege of the Pit》をみて黒にシフトしている。

ちなみに、このファーストパックでは全部で3枚の《奈落のしもべ/Liege of the Pit》が登場しており、それはすべて森の前を通過して毛利の下へと流れている。3枚目の《奈落のしもべ/Liege of the Pit》がでてきた時には失笑が漏れたくらいだ。

ここまでの森のピックは、確かに3手目までは非常にカードパワーが高く、必須パーツが揃っている感じではあるが、パックから出なかったのか、周りに許容人数を超える同色がいたのか、ほぼカードが回ってこないといっていい状況であった。

しかし、この時点で決め打ちを心に決めていた森は、揺らぐことなく青白のピックを続けていた。

この森の選択がどう動くか。

■Pack 2

Psionic Sliver

1 《トゲ尾の仔ドレイク/Spiketail Drakeling
2 《遍歴のカゲロウ獣/Errant Ephemeron
3 《海賊船/Pirate Ship
4 《水深の予見者/Fathom Seer
5 《心霊スリヴァー/Psionic Sliver
6 《補強/Fortify
7 《監視スリヴァー/Watcher Sliver
8 《監視スリヴァー/Watcher Sliver
9 《均衡の復元/Restore Balance
10 《象牙の巨人/Ivory Giant
11 《羽軸スリヴァー/Quilled Sliver
12 《ジョイラの時虫/Jhoira's Timebug
13 《真実か詐話か/Truth or Tale
14 《コーリスの子/Children of Korlis
15 《ギトゥの火炎噴射/Ghitu Firebreathing

初手で、《トゲ尾の仔ドレイク/Spiketail Drakeling》をピックした森。他の選択肢は、《ちらつくスピリット/Flickering Spirit》《城の猛禽/Castle Raptors》といった白のフライヤー達。

森は、ここで自身の評価が高い《トゲ尾の仔ドレイク/Spiketail Drakeling》をピック。

森が、ファーストパックで青と白を意地で止めていたのが効をなしたか、2手目から4手目にかけては青の優良スペルが森の下へ集まる。実際、この時点で森の下は3人まで青をやっていない。ファーストパックで我慢を重ねた結果の褒賞である。

さて、ここで注目するべきは、森の第2ピック。

ここで、問答無用といっていいトップコモン《遍歴のカゲロウ獣/Errant Ephemeron》をピックしている森であるが、実は、即決したわけ
ではなく、あるカードと悩んでいた。

そのカードは《心霊スリヴァー/Psionic Sliver》。

たしかに、レアのスリヴァーの中でも破格であり、場の精圧力の高いカードではあるが、《遍歴のカゲロウ獣/Errant Ephemeron》と比べるべきカードかは難しい。

だが、全体的に青のカードが自分の所に回ってくるか怪しいという卓の空気を感じ取った森は、比較的安い青と白のスリヴァーで構築できるシステムに魅力を感じたのだろう。

しかし、ここでは、カードパワーを優先して、《遍歴のカゲロウ獣/Errant Ephemeron》。

そして、泣く泣く《心霊スリヴァー/Psionic Sliver》を流した森だが、5手目で運命の再開を果たす。ここは問答無用でピック。

これを期に、森はスリヴァーシステムの構築へと向かっていく。

それが顕著なのは8手目。

ここで森の選択肢だったのは、《監視スリヴァー/Watcher Sliver》と《取り消し/Cancel》。

もともと森が狙っていたアーキタイプである青白待機の場合、序盤の軽量の待機で場の優位を確立し、中盤以降の相手のスペルを文字通り
「キャンセル」して反撃の芽を摘む《取り消し/Cancel》は必須パーツのひとつといっても良い。カードパワー的にも《取り消し/Cancel》が上だ。

Spiketail Drakeling

だが、森のピックは《監視スリヴァー/Watcher Sliver》。少しでもスリヴァーの頭数が必要なのはもとより、この《監視スリヴァー/Watcher Sliver》の+0/+2を与える能力が《心霊スリヴァー/Psionic Sliver》と強力なシナジーを発揮する。

柔軟性を発揮した形になった森の2パック目であった。

■Pack 3

1 《トゲ尾の仔ドレイク/Spiketail Drakeling
2 《応じ返し/Snapback
3 《トゲ尾の仔ドレイク/Spiketail Drakeling
4 《遍歴の宿命語り/Errant Doomsayers
5 《歪んだ爪の変成者/Crookclaw Transmuter
6 《時間の孤立/Temporal Isolation
7 《クロノサヴァント/Chronosavant
8 《拭い捨て/Wipe Away
9 《グリフィンの導き/Griffin Guide
10 《基底スリヴァー/Basal Sliver
11 《羽軸スリヴァー/Quilled Sliver
12 《芽吹き/Sprout
13 《ジョイラの時虫/Jhoira's Timebug
14 《真鍮の虻/Brass Gnat

ピック終了後、森が満面の笑みで筆者に振り返る。

森 勝洋

 「ちょっと!デッキすごい強くない?」

そう、潤沢とはいえない青と白のカードプールの中で創意工夫を続けた森は、ついに3パック目で報われたのである。

特筆するべきは、6手目の《時間の孤立/Temporal Isolation》、9手目の《グリフィンの導き/Griffin Guide》といった白のパワーカードたち。《時間の孤立/Temporal Isolation》は森のファーストパックの2手目であったし、《グリフィンの導き/Griffin Guide》の飛行+強化
というスペックはそれだけでゲームを終了させるに十分だ。

また、ピックで特徴的だったのは、2手目の《応じ返し/Snapback》。見た瞬間に即決でピックであった。

 「《奈落のしもべ/Liege of the Pit》も3枚みてたし、とにかく、バウンスがほしかったんだよね」

特に、非常にシステマティックなピックになった事もあって、デックの中の必要パーツを常に意識していたという森、ここで念願のバウンスをピックする事になった。

結果出来上がったデックは、《心霊スリヴァー/Psionic Sliver》と《監視スリヴァー/Watcher Sliver》のシステムを組み込みつつ、青のパワーカードで攻めるかなり強力なものとなった。

 「《遍歴の宿命語り/Errant Doomsayers》抜けちゃうくらいだったからね!ありえなくない?」

ちなみに、本人にデックのセールスポイントを聞いてみたところ

 「《トゲ尾の仔ドレイク/Spiketail Drakeling》だね。4枚あるし。3-0でしょ!」

とのこと。

後ろで見ていた筆者の場合、スリヴァーのシステムのように、むしろ派手なピックに目がいってしまったが、森自身の意識は、地道に強力な基本となるカードを集めるところに向いていたようだ。確かに、決め打ちを決めた後の2パック目も3パック目も、《トゲ尾の仔ドレイク/Spiketail Drakeling》を初手でピックしている。

Katsuhiro Mori / 3-0

Download Arena Decklist

そして、森は宣言どおりファーストドラフトを3-0というこれ以上ない成績で折り返す。自慢のデックに土がつく事はなく、デュエルカウントでも6-0とまさに無敗のデックとなった。

そんな森が、3回戦終了後に津村 健志に一言。

 「《心霊スリヴァー/Psionic Sliver》初手でもいいね!」

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る