Draft Report : 第3ドラフト―森 勝洋/津村 健志

更新日 Event Coverage on 2006年 10月 21日

By Yusuke Yoshikawa

森 勝洋(左)と津村 健志

多くのプレイヤーがふるいにかけられ、涙を呑んだ少し後。生き残りに成功したプレイヤーたちが、新たな戦いに挑む第3ドラフトから、注目のドラフトの模様をお送りしよう。

津村 健志は2005年度Player of the Yearであり、そのタイトル自体が総合力の高さを示しているのだが、今年に入り、これまで苦手といわれてきたリミテッドでの活躍が目立つようになってきた。

そして森 勝洋はご存知、現世界王者にして日本王者である、説明不要の天才。その2人が、この7番ポッドで同席、しかも隣同士の席順となった。彼らのほぼ対面には、石田 格の姿も見える。それにしても豪華な「隣り合わせ」が実現したものだ。

ここまでの彼らの成績は5勝2敗。互いに盟友でもある彼らが、日曜日の栄光へ向けてどんなドラフトを見せるか。森のドラフティングについては第1ドラフトで既にお送りしているので、本稿では2人のピックの対比と、津村の動向を中心にお伝えする。
まずは、実際のピック譜からご覧いただこう。

第1パック(森→津村の向き)

初手
森:《特務魔道士ヤヤ・バラード/Jaya Ballard, Task Mage
津村:《アムローの偵察兵/Amrou Scout

2手目
森:《鋸刃の矢/Serrated Arrows
津村:《裂け目の稲妻/Rift Bolt

3手目
森:《石炭焚き/Coal Stoker
津村:《セラの報復者/Serra Avenger

4手目
森:《壺の大魔術師/Magus of the Jar
津村:《ベナリアの騎兵/Benalish Cavalry

5手目
森:《永劫での歩み/Walk the Aeons
津村:《雲を追うケストレル/Cloudchaser Kestrel

6手目
森:《炎の鞭/Fire Whip
津村:《ヴェク追われの盲信者/Zealot il-Vec

7手目
森:《巣穴からの総出/Empty the Warrens
津村:《遍歴の宿命語り/Errant Doomsayers

8手目:
森:《ぶどう弾/Grapeshot
津村;《鉄爪のノスリ乗り/Ironclaw Buzzardiers

9手目:
森:《時エイトグのトーテム像/Chronatog Totem
津村:《ウェザーシードのトーテム像/Weatherseed Totem

10手目
森:《地の底のシャンブラー/Subterranean Shambler
津村:《アヴナントの癒し手/D'Avenant Healer

第2パック(津村→森の向き)

初手
森:《機械仕掛けのハイドラ/Clockwork Hydra
津村:《鋸刃の矢/Serrated Arrows

2手目
森:《裂け目の稲妻/Rift Bolt
津村:《補強/Fortify

3手目
森:《コー追われの物あさり/Looter il-Kor
津村:《ベナリアの騎兵/Benalish Cavalry

4手目
森:《無慈悲なる者ケアヴェク/Kaervek the Merciless
津村:《アイケイシアの触れ役/Icatian Crier

5手目
森:《肥満死体/Corpulent Corpse
津村:《アムローの偵察兵/Amrou Scout

6手目
森:《流水の海蛇/Slipstream Serpent
津村:《ケルドの矛槍兵/Keldon Halberdier

7手目
森:《水深の予見者/Fathom Seer
津村:《雲を追うケストレル/Cloudchaser Kestrel

8手目
森:《熟慮/Think Twice
津村:《ボガーダンの憤怒獣/Bogardan Rager

9手目
森:《組立作業員/Assembly-Worker
津村:《塵への帰結/Return to Dust

10手目
森:《屍術師リム=ドゥール/Lim-Dul the Necromancer
津村:《アヴナントの癒し手/D'Avenant Healer

その他
森:《古えの遺恨/Ancient Grudge
津村:《鉄爪のノスリ乗り/Ironclaw Buzzardiers》《ヴィーアシーノの探り刃/Viashino Bladescout

第3パック(森→津村の向き、主な部分のみ)

初手
森:《入念な考慮/Careful Consideration
津村:《アムローの求道者/Amrou Seekers

2手目
森:《練達の育種師、エンドレク・サール/Endrek Sahr, Master Breeder
津村:《グリフィンの導き/Griffin Guide

3手目
森:《イクシドロン/Ixidron
津村:《天界の十字軍/Celestial Crusader

4手目
森:《広漠なる変幻地/Terramorphic Expanse
津村:《アムローの偵察兵/Amrou Scout

5手目
森:《取り消し/Cancel
津村:《一瞬の瞬き/Momentary Blink

6手目
森:《海賊船/Pirate Ship
津村:《ダークウッドの足跡追い/Durkwood Tracker

7手目
森:《鉄爪のノスリ乗り/Ironclaw Buzzardiers
津村:《城の猛禽/Castle Raptors

8手目
森:《玄武岩のガーゴイル/Basalt Gargoyle
津村:《ヴェク追われの盲信者/Zealot il-Vec

9手目
森:《ヴェズーヴァ/Vesuva
津村:《サリッドの発芽者/Thallid Germinator

Kenji Tsumura

Download Arena Decklist
ソーサリー (1)
1 Rift Bolt
インスタント (1)
1 Fortify
アーティファクト (1)
1 Serrated Arrows
エンチャント (1)
1 Griffin Guide
土地 (17)
7 Mountain 10 Plains
40 カード

Katsuhiro Mori

Download Arena Decklist

Katsuhiro Mori
3rd Draft

津村 健志

「かっちん(=森)の協調に、ホント助けられましたね」

とは、インタビューしたときの津村の第一声。その言葉の通り、津村のデッキは大量の白の優良カードに恵まれた、素晴らしい仕上がりのデッキになった。

だが実際のところ、森の初手が《特務魔道士ヤヤ・バラード/Jaya Ballard, Task Mage》、これは文句ないとしても、津村に《裂け目の稲妻/Rift Bolt》が流れ、実際にこれを津村がピックしていたため、悪くすれば共倒れの危険すら感じられたのは確かだ。

そして結果的には2人とも赤を使うことになったのだが、互いのデッキの方向性を考えることで正面衝突を防いだ。具体的には、津村はカードパワーよりもデッキのまとまりを優先し、その結果として森には《無慈悲なる者ケアヴェク/Kaervek the Merciless》をはじめとした、一撃必殺のカードが多く流れ込むこととなったのである。

森の協調姿勢が感じられたポイントとして、津村は第3パック8手目の《ヴェク追われの盲信者/Zealot il-Vec》を挙げた。回避能力兼クリーチャー除去のようなこのクリーチャーは、地味ながら白の必須カードとされている。このカードが回ってきたことが、ドラフトの成功を示していると感じられたのだろう。

よく言われることではあるが、こうした「協調」はカードの強さの理解と互いの信頼が欠かせない。その点で、津村と森は世界でも最高クラスのコンビであり、その結晶がこのデッキと言える。

やや乱暴にまとめると、
「デッキ強い系」の津村に対し、
「カード強い系」の森という対比になっているといえよう。

それでは、実際の対戦の中から、第9回戦の津村vs.石田戦の模様をお送りしよう。この時点で、津村は残念ながら第7回戦で敗北を喫し、3敗と苦しい立場に立たされている。互いにもう負けられない勝負だ。石田は白青のデッキを用いており、同系統デッキの対戦でもある。

名手二人が対決

Game 1

先に主導権を握ったのは石田。《遍歴の宿命語り/Errant Doomsayers》こそ津村の《鋸刃の矢/Serrated Arrows》で失うものの、《騎兵戦の達人/Cavalry Master》に《グリフィンの導き/Griffin Guide》をつけ、津村の《ケルドの矛槍兵/Keldon Halberdier》が待機から目覚めればそこにバウンス(《応じ返し/Snapback》)とリードを広げる。

しかし、津村も《グリフィンの導き/Griffin Guide》を《雲を追うケストレル/Cloudchaser Kestrel》で叩き割り、逆に自らの《グリフィンの導き》をこの《雲を追うケストレル》にプレイして戦線を立て直す。

さらに《アムローの偵察兵/Amrou Scout》、そこから《ヴェク追われの盲信者/Zealot il-Vec》を連打する。1体だと限界があるし心もとないが、2体いると俄然心強いカードだ。
さらに、それと並行して《セラの報復者/Serra Avenger》をも追加し、相手の陣形を切り崩す。

最後には、《ボガーダンの憤怒獣/Bogardan Rager》でもって、粘る石田に止めを刺した。

津村 -1 石田 -0

石田 格

Game 2

ここで、石田がダブルマリガンの憂き目にあってしまう。

これは津村の圧勝か、と思われたが、石田の展開は《トゲ尾の仔ドレイク/Spiketail Drakeling》《ちらつくスピリット/Flickering Spirit》とマリガンを感じさせないもの。一方の津村も、土地は《平地/Plains》のみながら《アムローの偵察兵/Amrou Scout》の2連打というスタートで応える。

しかし、石田の少ない手札はあまりにも効率的だった。《ちらつくスピリット》に《グリフィンの導き/Griffin Guide》を装着してクロックを早めると、《アムローの偵察兵》から呼び出されてきた《遍歴の宿命語り/Errant Doomsayers》を《応じ返し/Snapback》で即バウンスして足を止めない。

自らの《遍歴の宿命語り》は続いて呼び出された《ヴェク追われの盲信者/Zealot il-Vec》で失うが、津村が《セラの報復者/Serra Avenger》《遍歴の宿命語り》と並べてターンを返してきたところで、手札ゼロの石田は、

トップデッキ《時間の渦/Temporal Eddy》!

これには津村も降参するしかなかった。マジックは何が起こるか分からないもの。最善の手を続けていけば、こういう幸運もあるのだ。

津村 -1 石田 -1

津村 健志

Game 3

勝利目前から一転、瀬戸際に追いこまれた津村。逆に、俄然意気上がるであろう石田。大事な第3ゲームに意気込みもあるはずだが、両者の見た目は至って平静である。

ゲームは後手石田の《ヴィセリッドの深み歩き/Viscerid Deepwalker》待機から幕が開く。津村のファーストアクションは《アヴナントの癒し手/D'Avenant Healer》となった。

ここに石田の《コーの先導/Outrider en-Kor》が追加され、津村は《鋸刃の矢/Serrated Arrows》で迎え撃つ構え。石田は《アムローの求道者/Amrou Seekers》をプレイしてから攻撃し、津村は《鋸刃の矢》で《コーの先導》を1/1に縮めてクロックを軽減した。

津村のプレイ《ヴェク追われの盲信者/Zealot il-Vec》に対し、ここで《ヴィセリッドの深み歩き》が待機終了。これを含めた石田の総攻撃に対し、《アムローの求道者》は《アヴナントの癒し手》で止めつつ(自分へのダメージを軽減)、2発目の矢が《コーの先導》を葬る。

石田は《時間の渦/Temporal Eddy》を《ヴェク追われの盲信者》へ打ち、津村はこれを再召喚して時間が過ぎた。

この隙にと、石田は《グリフィンの導き/Griffin Guide》を《ヴィセリッドの深み歩き/Viscerid Deepwalker》につけ、力強く攻撃して全力パンプアップ。クロックを軽減したい津村は、最後の《鋸刃の矢》と《アヴナントの癒し手》でダメージを5点にまで減らす。

そして、ここでまたしてもの《雲を追うケストレル》が《グリフィンの導き》を叩き割る。さらに《セラの報復者/Serra Avenger》が場に送られ、制空権は徐々に得られたか。

だが、《ヴィセリッドの深み歩き》は1/2とはなったものの、まだ盤上へのインパクトは大きい。これが攻撃し、津村が《雲を追うケストレル》でブロックすると、石田は十分量のパンプアップののち《一瞬の瞬き/Momentary Blink》。《雲を追うケストレル》を葬りつつ、《ヴィセリッドの深み歩き/Viscerid Deepwalker》をフレッシュな状態に戻してみせた。

しかし、津村のサイドインした《ジェディットの竜騎兵/Jedit's Dragoons》が間に合い、その間に《セラの報復者》《ヴェク追われの盲信者》が走る。この《ジェディットの竜騎兵》は《ヴィセリッドの深み歩き》と相打ちになるが、ここまで仕事ができれば上々の戦果である。

そのまま津村が、《ヴェク追われの盲信者》に《グリフィンの導き》をエンチャントして押し切ったのだった。

津村 -2 石田 -1

Itaru Ishida

Download Arena Decklist

デッキの質からすれば3連勝を狙いたい津村だったが、2勝1敗は文字通り最低限の結果か。ここからの粘りにも注目したい。

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る