Draft Report : 第4ドラフト―鈴木 貴大

更新日 Event Coverage on 2006年 10月 21日

By Daisuke Kawasaki

長丁場のPT神戸。Round 9を終えた今現在ですら、まだまだあと、6回戦も残っている。

6回戦もあれば、どんな波乱が起こってもおかしくないのだが、全勝と1敗のプレイヤーだけで構成されたこの1番卓が、現時点で栄光の「プロツアーサンデー」に最も近い卓であるという事には依存は無いだろう。

そんな1番卓から今期絶好調の鈴木 貴大のピックを追ってみたいと思う。

ちなみに、日本人では、全勝の斎藤 友晴、1敗の射場本 正巳がいる。

■Pack 1

1 《コー追われの物あさり/Looter il-Kor
他候補:《ダークウッドのベイロス/Durkwood Baloth》《ゴルゴンの世捨て/Gorgon Recluse》《水深の予見者/Fathom Seer》《入念な考慮/Careful Consideration

何はともあれ、ファーストピック。この青と黒にカードが集中したパックから、鈴木は《コー追われの物あさり/Looter il-Kor》をピック。

確かに、このパックだと《コー追われの物あさり/Looter il-Kor》が頭ひとつ、へたしたらふたつくらい抜けている。

実際に、「スノーマスター」中村 修平、「華麗なる天才」小室 修、「"元"リミテッダー」塩津 龍馬といったプロ達に、このパックの内容を開示して意見を仰いだところ、全員が《コー追われの物あさり/Looter il-Kor》を選択している。

Looter il-Kor

中村 「さすがに、この環境のコモンではトップ3に入りますからね。《コー追われの物あさり/Looter il-Kor》より優先してピックしたいコモンは《遍歴のカゲロウ獣/Errant Ephemeron》か《絞殺の煤/Strangling Soot》くらいですよ。」

他の選択肢としても、「強いて言えば」という但し書きつきで、アドバンテージの取れる《入念な考慮/Careful Consideration》を選ぶか選ばないかくらいだという。

ちなみに、鈴木はこの時点で青白か青黒、できれば青黒をやりたいと考えていたようだ。

ファーストピック時の展望について、中村は「青白・青黒・青赤を流れで」と受けの広い考え方をしているが、一方で塩津は、ほぼ青白に決めたいという。

塩津 「マッドネス向きのパーツが出すぎてますからね。下も被ってくると、青黒は厳しい」

鈴木のデックの行方は、とにかく2ピック目以降に委ねられることとなる。

2 《突然の死/Sudden Death
他候補:《果敢な先兵/Defiant Vanguard

ここで、早くも、青黒・青白の選択を迫られる鈴木。

鈴木は、レベルシステムの基幹となるリクルーターよりも、除去を優先する。

鈴木 「本当は除去から入りたくは無いんですけどね…」

除去を中心に取りすぎて、クリーチャーの線が細くなり、結果デックが弱くなるのはこの環境の黒ではよくある出来事のひとつである。

とはいえ、この強力な除去を見逃すわけにもいかず、鈴木は順当に青黒のパーツを3手目4手目で集めていく。

3 《ファイレクシアのトーテム像/Phyrexian Totem
他候補:《暗殺/Assassinate》《秘教の処罰者/Mystic Enforcer

4 《ゴルゴンの世捨て/Gorgon Recluse
他候補:《精神攪乱/Mindstab

Merieke Ri Berit

5 《メリーキ・リ・ベリット/Merieke Ri Berit
他候補:《補強/Fortify》《マナを間引くもの/Mana Skimmer

そして、5手目でパワーカードの《メリーキ・リ・ベリット/Merieke Ri Berit》が登場。他のカードにそれほど魅力的なものがあるわけではなく、鈴木はこれをゲット。もともと構想にあったという白タッチの方向性を強くする。

しかし、この《メリーキ・リ・ベリット/Merieke Ri Berit》のピックに、中村が難色を示す。

中村 「《メリーキ・リ・ベリット/Merieke Ri Berit》、自分でアンタップできないから、見た目よりは意外と弱いんですよ。」

6 《虚弱/Feebleness
他候補:《シンドバッド/Sindbad》《ウェザーシードのトーテム像/Weatherseed Totem

7 《珊瑚のペテン師/Coral Trickster
他候補:《奈落のしもべ/Liege of the Pit》《アヴナントの癒し手/D'Avenant Healer

当然、その弱点を熟知しているであろう鈴木は、ここで《珊瑚のペテン師/Coral Trickster》を手に入れる。

ここで、もうひとつ注目するべき点は、鈴木がここで《奈落の守り手/Pit Keeper》を選択肢として考えているという事だ。

鈴木 「青黒だと強いって話をきいたもので…」

事実、鈴木はデックに2枚の《奈落の守り手/Pit Keeper》を投入する事となる。

Pack 1における鈴木の残りのピックは以下の通り。

8 《ファイレクシアのトーテム像/Phyrexian Totem
他候補:《流水の海蛇/Slipstream Serpent》《粘つく霊命/Viscid Lemures

9 《奈落の守り手/Pit Keeper
10 《基底スリヴァー/Basal Sliver
11 《取り消し/Cancel
12 《卑屈な騎士/Skulking Knight
13 《ギトゥの火炎噴射/Ghitu Firebreathing
14 《逆説のもや/Paradox Haze
15 《裏切り者の手中/Traitor's Clutch

流したカードからすれば、下の青や黒の被りが気になるが、ある程度順調にマッドネスのためのシステムを集められたPack 1だったといえるだろう。

■Pack 2

Clockwork Hydra

1 《機械仕掛けのハイドラ/Clockwork Hydra
他候補:《時間の孤立/Temporal Isolation》《ちらつくスピリット/Flickering Spirit》《巣立つ大口獣/Fledgling Mawcor》《歪んだ爪の変成者/Crookclaw Transmuter

やはり、下との被りが気になる逆周りのPack 2。

白のトップコモンのひとつである《時間の孤立/Temporal Isolation》が登場し、青白に寄せる選択肢も見えるパックではあったが、ここで鈴木は保留の意味とカードパワーをかって《機械仕掛けのハイドラ/Clockwork Hydra》をピックする。

2 《嵐景学院の使い魔/Stormscape Familiar
他候補:《暗殺/Assassinate

このピックを鈴木は振り返る。

鈴木 「さすがにここは《暗殺/Assassinate》でよかったですね…でも、好きなんですよ《嵐景学院の使い魔/Stormscape Familiar》」

3 《コー追われの物あさり/Looter il-Kor
他候補:《機械仕掛けのハイドラ/Clockwork Hydra》《ゴルゴンの世捨て/Gorgon Recluse》《水深の予見者/Fathom Seer

青の濃いこのパックで鈴木は思わず苦笑。

実際は、この時点ですでに鈴木の下ふたり(うちひとりは斎藤)は青をやっているのだが、しかし、それを思わせないパックの内容ではあった。

ここで、鈴木はデックのキーである《コー追われの物あさり/Looter il-Kor》2枚目をピック。

4 《珊瑚のペテン師/Coral Trickster
他候補:《トゲ尾の仔ドレイク/Spiketail Drakeling

例えば森 勝洋が1st Draftでかき集めていたように《トゲ尾の仔ドレイク/Spiketail Drakeling》は青系のデックにとっては必須といっていい重要パーツである。

しかし、ここで鈴木は《珊瑚のペテン師/Coral Trickster》をピック。あきらかに《メリーキ・リ・ベリット/Merieke Ri Berit》を念頭に置いたピックである。

5 《奈落の守り手/Pit Keeper
他候補:《聖なる後光の騎士/Knight of the Holy Nimbus》《病的な出来事/Psychotic Episode

6 《精神攪乱/Mindstab

マッドネスの必須パーツのひとつである《ゴルゴンの世捨て/Gorgon Recluse》の為に、いちど諦めた《精神攪乱/Mindstab》を、鈴木はここでは即決でピックした。

7 《戦慄艦の浅瀬/Dreadship Reef
他候補:《巣穴からの総出/Empty the Warrens》《地の底のシャンブラー/Subterranean Shambler》《遍歴の宿命語り/Errant Doomsayers

ここで、かなりギリギリまで鈴木は《地の底のシャンブラー/Subterranean Shambler》をピックするのか、否か、で迷っている。

鈴木 「結局、《地の底のシャンブラー/Subterranean Shambler》に弱いデッキですから…」

ちなみに、《巣穴からの総出/Empty the Warrens》もしばしば候補に鈴木は入れている。これに関しては中村のコメントを。

中村 「青黒はドローしてスペル一杯となえるんで、タッチでもストームが強いんですよ」

残りの鈴木のピックは以下の通り。

8 《消えない賛歌/Haunting Hymn
他候補:《ケルドの矛槍兵/Keldon Halberdier》《ジョイラの時虫/Jhoira's Timebug》《極楽の羽飾り/Paradise Plume

9 《冥界への呼び声/Call to the Netherworld
10 《病的な出来事/Psychotic Episode
11 《彩色の星/Chromatic Star
12 《永遠からの引き抜き/Pull from Eternity
13 《茨の騎士ティヴァダール/Tivadar of Thorn
14 《裏切り者の手中/Traitor's Clutch
15 《ギックスのかぎ爪/Claws of Gix

3ピック目では、青が逆周りで豊作の可能性も匂わせたものの、結果的には、予想通りかなり厳しいピックを強いられる事となったPack 2であった。

■Pack 3

Riftwing Cloudskate

さて、中々に厳しい状況となった鈴木ではあるが、Pack 3は順周りである。

上ふたりぐらいまでは青をやっていないであろう事が予想されるだけにここでなんとか形にしたいところだ。

鈴木 「結局(ソートの関係で)強いカードがダブるんですよ。」

と、辛そうに語った鈴木ではあるが、それは逆にメリットになる可能性だってある。とにもかくにも正念場となったPack 3を見ていこう。

1 《裂け目翼の雲間を泳ぐもの/Riftwing Cloudskate
他候補:《アーボーグの吸魂魔道士/Urborg Syphon-Mage

2 《アーボーグの吸魂魔道士/Urborg Syphon-Mage
他候補:《応じ返し/Snapback

ほぼ他に選択肢がない状況でのピックだった1ピック目に比べ、鈴木は2ピック目では非常に厳しい選択を迫られる事となる。

バウンスか、共鳴者か。

どちらも鈴木のデックの必須パーツであり、そして、鈴木のデックに足りないパーツである。

ここでは鈴木は熟考の上で共鳴者である《アーボーグの吸魂魔道士/Urborg Syphon-Mage》をピックする。

鈴木 「とにかく、共鳴者が少なすぎたんです」

3 《ベラドンナの暗殺者/Nightshade Assassin

これは、問題なくピック。ここでこのカードをピックできた事を「幸運でした」と鈴木は振り返る。

4 《虚弱/Feebleness
他候補:《菅草スリヴァー/Sedge Sliver》《逆説のもや/Paradox Haze

5 《闇の萎縮/Dark Withering
他候補:《早すぎる埋葬/Premature Burial

6 《ゴルゴンの世捨て/Gorgon Recluse
他候補:《ファイレクシアのトーテム像/Phyrexian Totem

7 《一瞬の瞬き/Momentary Blink
他候補:《精神攪乱/Mindstab

ここまでは、順当に、予定通りとばかりにパーツを揃えていく鈴木。

《メリーキ・リ・ベリット/Merieke Ri Berit》とシナジーを形成する《一瞬の瞬き/Momentary Blink》もピックできた。

しかし、中盤も中盤の8手目で鈴木はまたも、難しい選択を迫られる。

8 《広漠なる変幻地/Terramorphic Expanse
他候補:《アンデッドの戦長/Undead Warchief

マナを安定させるか、クリーチャーを安定させるか。

ここまでのピックを振り返ると、確かに《ゴルゴンの世捨て/Gorgon Recluse》を除くと圧倒的にクリーチャーの線が細い。

ここでは鈴木はマナを安定させる選択肢を優先した。

以降のピックは以下の通り。

9 《病的な出来事/Psychotic Episode
10 《隻眼の巨人/Cyclopean Giant
11 《冥界への呼び声/Call to the Netherworld
12 《石灰の池/Calciform Pools
13 《ヴェズーヴァ/Vesuva
14 《コーリスの子/Children of Korlis
15 《真鍮の虻/Brass Gnat

4th Draft Decks

Takahiro Suzuki

Download Arena Decklist

鈴木 「70点です」

ピック終了後の感想について聞くと鈴木はこう応える。

やはり、《地の底のシャンブラー/Subterranean Shambler》に弱すぎるのと、必須パーツといっていい《ヴェク追われの侵入者/Trespasser il-Vec》がピックできなかったのが辛かったと語る。

鈴木 「2-1できればいいほうでしょうか…」

と語る鈴木。現在1敗の鈴木は、2-1で最終ドラフトに繋ぐ事で一気にプロツアーサンデーに近づく事となる。

鈴木の活躍はフィーチャリングマッチで見てもらうとして、ここでは鈴木の持っているちょっとしたデック構築テクニックを紹介したい。

参照記事:Round 10 Feature Match vs. Willy Edel(ブラジル)

ピックが終了し、デックを構築する時に、多くの人は必要なカードの選別後にマナカーブごとに並べるのではないかと思う。

このとき、鈴木は、変異持ちと待機持ちのカードは、90度曲げた状態、つまりタップして並べるのである。

待機や変異でマナカーブが複雑に絡み合い、判断が難しくなりやすいこの環境のリミテッド。鈴木のこの方法は、一見して判断しやすくなるので、非常におすすめである。

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る