Feature Match ラウンド 2: Brian Kibler vs. Dirk Baberowski

更新日 Event Coverage on 2002年 5月 3日

By 松井健治

 Brian Kibler 対 Dirk Baberowski と、 2 戦目からなかなかの好カードが組まれた。

 Kibler のデッキは白青の《エイヴンの群れ/Aven Flock》が 3 枚と、タッチで緑の《獣群の呼び声/Call of the Herd》が装備されたデッキだが、同じく白青の Baberowski のデッキはそれ以上のポテンシャルを持つデッキとなっている。

 では、試合の経過をお送りしよう。

Game 1

 先手を取った Kibler はマリガンを宣言した後に 6 枚になった手札とにらめっこを始める。
 初手に島が 1 枚あるだけならマリガンのしようもあるのだが、このまま土地を 2 枚引くことが出来たなら、《セファリッドの物あさり/Cephalid Looter》をキャストできる。
 どうにかここまで繋げればゲームは出来るのだが。

 ここから更に考えた結果、 Kibler はゲームを開始し、 2 ターン目に土地をセットする事は無かった。

 この間に一気に押しきってしまいたい Baberowski だが、自身も白青なだけに 3 ターン目に《正義の巡礼者/Pilgrim of Justice》、 5 ターン目に《セファリッドの貴族/Cephalid Aristocrat》と、ゆっくり攻撃を始める。

 Baberowski が攻撃を始め、Kibler が 6 ターン目を迎える頃にはなんとか 3 マナまで溜り、《セファリッドの物あさり》を出し、ここから立ち直りを見せる事となる。

 デッキが回り出した Kibler が次々にクリーチャーを展開して行く中、 Baberowski はあまり引きが良くなく、真っ直ぐ攻撃することしか出来ない。
 《セファリッドの斥候/Cephalid Scout》を出すが、これを《麻痺の感触/Stupefying Touch》で回避され、完全に手詰まりを起したところで、 Kibler は《エイヴンの群れ/Aven Flock》を 2 体並べ、攻守が逆転。

 じわじわと場を固めながら Baberowski のライフを削り始め、このまま勝負あったかと思ったところで Baberowski は《セファリッドの皇帝アボシャン/Aboshan, Cephalid Emperor》をドロー!

 白青である Kibler に劇的な効果はは無いものの、《セファリッドの皇帝アボシャン》の第 2 の能力によって、ライフ減りが少しは防げた様だ。
 それでも、与えられるダメージが 0 になった訳ではない。

 何らかの形で《エイヴンの群れ》を処理しなければいけない Baberowski は、この場面でなんと《説得/Persuasion》をドロー!

 あまりのかみ合ったドローに完全に防御体制に入っていた Baberowski は、これを気に攻撃を始め、4 ターン後には自分の《エイヴンの群れ》にやられた Kibler の姿があった。

Kibler 0 - 1 Baberowski

Game 2

 後手の Baberowski は 2 ターン目に《セファリッドの斥候》を出し、 5 ターン目に早速、 Bibler の《セファリッドの物あさり》を《説得》でゲット。
 Bibler は虎の子である《セファリッドの物あさり》を取られ、不安な顔でドローを続けるが、自力でタッチカラーである森を引き当て、こちらもレアパワーだと言わんばかりに《獣群の呼び声/Call of the Herd》をキャストし、次ターンには《秘教の盲信者/Mystic Zealot》、《エイヴンの風読み/Aven Windreader》、フラッシュバックで《獣群の呼び声》と、猛攻をかける。

 Baberowski は少し動きを止めて考え出す。
 そして、《斥候》と《物あさり》を使い どんどんドローを進めて行った。

 確かにこの状況を支えるのは《セファリッドの皇帝アボシャン》ぐらいしか想像つかないが、願いむなしく、今度は Baberowski が Kibler のレアパワーに押しきられてしまった。

Kibler 1 - 1 Baberowski

Game 3

 3 度先手を取った Kibler は 《秘教の幻想家/Mystic Visionary》、《セファリッドの物あさり》、《巡視犬/Patrol Hound》と並べて軽量ビートダウンを開始。

 Baberowski が《追い返し/Repel》などを撃ち、《セファリッドの貴族/Cephalid Aristocrat》などをブロッカーに立てて、抵抗を見せるが、続いて Kibler は《雲を追うエイヴン》を出し、更に上からの攻撃に転じるようとするが、ここから 1 転 2 転の攻防戦が開始される。

 Kibler が空からの攻撃を行おうとしているのにも動じず、 Baberowski が《セファリッドの皇帝アボシャン》をキャスト。
 後にアボシャンに対して Kibler が《麻痺の感触》を《セファリッドの皇帝アボシャン》に張り、更に Baberowski が《雲を追うエイヴン》で《麻痺の感触》を破壊し、結果として Baberowski が優位に立つ事に。

 攻守完璧の《セファリッドの皇帝アボシャン》を操る Baberowski 。
 これに続いて《セファリッドの斥候》を呼び、 3 枚の《Icy Manipulator(IA)》を並べ、攻撃を開始・・・と思った所で 60 分が終了。

 エキストラターンに入り、考え出す Kibler 。
 この時点でもう Kibler に勝ち目は無く、Baberowski が 3 ターンの内に押しきろうと思考錯誤するのだが、 Kibler が《気病み/Hypochondria》を張ったところでゲームは終了。

 東西レア対決は水入りとなり、 2 人のスコアを 1 勝 1 分けとした。

Kibler 1 - 1 - 1 Baberowski

Final Result : Draw

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る