Feature Match 準々決勝 岡本弘毅 vs. 小野田倫久

更新日 Event Coverage on 2002年 6月 2日

By 大城 秀人

 2002 年度日本選手権準々決勝。

 スイス 12 ラウンドの 1 位と 8 位の対決となったわけだが、苦しくも両者のデッキはともに「黒」。

メタの方向性は共通して「対青」。特にサイカトグに重点を絞った選択であり、この 2 人がここで激突することが、決勝トーナメントの帰趨に大きな影響を与えることは間違いない。

 スイス首位でTOP 8 に名乗りを挙げた大阪の岡本は、ノンクリーチャーの黒コントロール。その特性を生かしたカードである《無垢の血/Innocent Blood》や《もぎとり/Mutilate》でクリーチャーを凌ぎ、《堕落/Corrupt》《霊魂焼却/Soul Burn》で止めをさす。PT大阪のデッキを彷彿とさせる構成だ。

 対する小野田は、黒白の《陰謀団の先手ブレイズ/Braids, Cabal Minion》デッキ。

手札破壊や軽量クリーチャーを展開しつつ、《陰謀団の先手ブレイズ》によって相手のリソースを攻めていくことを主眼としたアンチコントロールデッキである。

 この対決はPT大阪における実績からして、小野田有利。

勝負の行方は《陰謀団の先手ブレイズ》が握っているといえるだろう。

Game 1

 先攻マリガンの岡本が放つ《強迫/Duress》でゲームスタート。ここで、マリガン後の岡本にとっては辛いカード群が明らかになる。

 沼、平地、《強迫》、《《ジェラードの評決/Gerrard’s Verdict》》、《名誉回復/Vindicate》、《チェイナーの布告/Chainer’s Edict》、《貪欲なるネズミ/Ravenous Rats》。

 

岡本は《ジェラードの評決》を抜くことを選択。

返しの小野田は当然《強迫》。岡本の《ファイレクシアの闘技場/Phyrexian Arena》を抜いて、さらに《ネズミ》で手札を攻める。

そして小野田は攻勢を緩めず、なんと 5 ターン目に早くも《陰謀団の先手ブレイズ》を場に送り出したのだ。

岡本も冷静に、《無垢の血》で相手のリソースを減らしにかかるが、《ブレイズ》までは届かない。

そしてあっというまに岡本の土地は減っていき・・・・・・。

 

順当と言っても差し支えないだろうが《陰謀団の先手ブレイズ》で小野田が 1 本目を先取。

Braids, Cabal Minion

岡本 0 – 1 小野田

Game 2

 またも岡本は《強迫》からのスタート。さらに、サイドインした《ナントゥーコの影/Nantuko Shade》を召還する。

小野田は、サイド後に除去を多く抜いており《ナントゥーコの影》への対処方法は限られている。そのことをある程度予測している岡本は、続く《頭の混乱/Addle》で公開された手札に少々悩む。

《ファイレクシアの闘技場》、《オーラの旋風》、《陰謀団の先手ブレイズ》、《名誉回復》》。岡本はここで《名誉回復》を選択、《影》でのビートダウンを選んだ格好となった。

《ファイレクシアの闘技場》を張った小野田は、自らの身を削りながら除去を引く時間を稼ぐ。《陰謀団の先手ブレイズ》をチャンプさせ、ライフ的にもぎりぎりのタイミングで自らに《ジェラードの評決》を引き込むなどして、なんとか《名誉回復》に繋げることに成功。

 

そして逆に《イチョリッド》で逆襲を開始。

 

この《イチョリッド》をどうにもできない上、いまいち引きの悪い岡本は、いつのまにやらライフが危険水域にまで低下。そんな岡本を尻目に、小野田は起死回生の一枚を手にする。

《死のわしづかみ/Death Grasp》。

 

《闘技場》の力があったとはいえ、強い引きを見せ付けた小野田が、見事な逆転劇を演じてみせた。

岡本 0 – 2 小野田

Game 3

 いきなり後のなくなった岡本は、またも土地 1 枚の初手でマリガン。リソース破壊を主眼とする相手のデッキにはいかにも辛い・・・・・・。

 小野田もきっちりと 2 ターン目に《ジェラードの評決》、さらに《貪欲なるネズミ》を連続で召還と強烈に手札を攻め立てる。

 岡本も負けずに《ファイレクシアの闘技場》を張り、なんとか打開策を探りにかかる。

Ravenous Rats

 小野田にしてみればそうそう余裕を与えるわけにはいかず、手札から《イチョリッド》を追加して一気にライフを攻める。

 

一方的に攻められる形の岡本だが、引いてくるのは手札破壊ばかりで状況をひっくり返すには至らないうえ、頼みの綱であった《ファイレクシアの闘技場》を《オーラの旋風》で割られてしまう。

さらにそれで小野田が引いてきた《貪欲なるネズミ》が岡本の 1 枚しかない手札から《堕落》を叩き落とす・・・・・・。この時、岡本の土地は沼 5 枚。しかも次のドローが沼だっただけにこの《貪欲なるネズミ》は勝負を決める 1 手となった。

 岡本は、さらに小野田が戦線に《ファイレクシアの憤怒鬼》を追加するのを見て、投了を宣言。

 岡本いわく、「メインでは言うに及ばず、サイド後では勝率 20 %」というデッキ相性の差がストレートに現れた 1 戦だった。

 小野田、栄冠まであと二つ。

岡本 0 – 3 小野田

Final Result : 小野田 3 - 0 岡本

Hiroki Okamoto

Download Arena Decklist

Michihisa Onoda

Download Arena Decklist
ソーサリー (15)
4 Duress 4 Chainer's Edict 4 Gerrard's Verdict 3 Vindicate
土地 (19)
14 Swamp 4 Tainted Field 1 Plains
他 (8)
4 Pyrexian Rager 4 Cave of Koilos
60 カード
サイドボード (15)
1 Vindicate 4 Phyrexian Arena 3 Slay 3 Mortivore 2 Aura Blast 2 Death Grasp

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る