Feature Match Round 10 百瀬和之 vs. 脇坂祐介

更新日 Event Coverage on 2002年 6月 1日

By 大城 秀人

 Panzer Huntersでの 2 度のマスターズ準優勝のほか、数々の戦績をあげている一方で、その実、ここしばらくはカードに触ってもいず、先のPT大阪が久々の大会参加であったという百瀬。

 その彼が、日本選手権という舞台で華麗な復活を遂げようとしている。

 ここまで 7 勝 2 敗という成績で迎えた 2 回目のドラフトで組み上げたデッキは、《幻影の遊牧の民/ Phantom Nomad 》と《用心深い歩哨/ Vigilant Sentry 》が 3 体ずつという「白ウィニータッチ赤」。

対する脇坂は、四国の強豪として名の通った人物。ただ、その戦歴の中でフューチャリングされるのは初めてのことだそうだ。彼の組み上げたデッキは、緑白黒からさらに赤がタッチされ、正直なところ事故が不安視されるつくりになっている。

 はたして百瀬は、昨年度の松尾のように階段を駆け上がっていくことができるだろうか?

Game 1

 脇坂先攻。

 

しかし、先に動くのは後攻の百瀬。《天使の壁/ Angelic Wall 》、《幻影の遊牧の民》、《ティーロ大隊長/ Major Teroh 》と順調に展開する。

 脇坂は序盤に山を引いているため 4 ターン目までに何もできず、5 ターン目に《幻影の遊牧の民》を《総帥の願望/ Patriarch’s Desire 》で除去するという不安な立ち上がり。

 対する百瀬は、淡々と《幻影の遊牧の民》 2 号機、《用心深い歩哨》を展開していく。ここでやっと土地を引いた脇坂の返しが、 1 / 1 の《死を食うもの/ Mortivore 》と、《心優しきボディガード/ Benevolent Bodyguard 》。

百瀬は続いて《雲を追うエイヴン/ Aven Cloudchaser 》を召還し、《ティーロ大隊長》とともに地上は無視して空から攻める構えを見せる。 完全に土地事故を起こした脇坂。緑が2つ出ないために手札のカードの大半を腐らせていては勝機も薄く・・・・・・。

 

結局、前述の飛行クリーチャーが脇坂のライフをあっさりと削りきった。

百瀬 1 - 0 脇坂

Game 2

 脇坂は、早々に中心 3 色をそろえ、《心優しきボディガード》、《訓練されたプロングホーン/ Trained Pronghorn 》を展開。

 百瀬は、《幻影の遊牧の民》、《用心深い歩哨》、《雲を追うエイヴン》と順調な滑り出し。

脇坂も、《ドングリの収穫/ Acorn Harvest 》で駒を増やしていくがクリーチャーのサイズでは圧倒的に不利である。

《用心深い歩哨》を除去された百瀬は、《雲を追うエイヴン》に《はじけるこん棒/ Crackling Club 》を、《幻影の遊牧の民》に《疑いなき権威/ Unquestioned Authority 》をエンチャントし、場を堅めにかかるが、これを脇坂はピンポイントの《ひどい憔悴/ Crippling Fatigue 》で一気に除去し、 1 / 1 軍団でのビートダウンを開始する。

 

対する百瀬は、ドローに恵まれず引いてくるのは土地ばかりで、後続のクリーチャーを送り出すことができない。《幻影の遊牧の民》こそ追加できたものの、墓地に行っても強烈な効果を発揮する脇坂の《武勇/ Valor 》が決め手。

 脇坂が星を取り戻した。

 

さて脇坂の手札には、またもや森が 2 枚ないためにキャストできない《リスの巣/Squirrel Nest 》の姿が。

ご愛嬌。

百瀬 1 – 1 脇坂

Game 3

 勝負の 3 本目、百瀬は不運のマリガン。さらに取り直した 6 枚を見て、苦渋の表情を浮かべるものの、そのまま発進。

 《荒らされた高地/ Ravaged Highlands 》でスタートした百瀬だが、そこで土地が止まってしまう。しかも引いてきた土地もすべて山。白マナが出ずに厳しい展開を強いられることになった。

 対する脇坂は、《訓練されたプロングホーン》から、さらに脅威の《藪跳ねアヌーリッド/ Anurid Brushhopper 》。実質除去不可能の 3 / 4 クリーチャーは事故の百瀬には酷な相手である。

 やっと 6 ターン目から平地を連続で引いた百瀬は、《荒らされた高地》を経由しつつ《用心深い歩哨》を 2 体召還する。遅ればせながらやっとデッキが回り始めた様子だ。

 ・・・・・・が《藪跳ねアヌーリッド》は止まらない。 百瀬もデッキの見所である《用心深い歩哨》を 3 体並べてみるものの焼け石に水、チャンプブロックにまわすしかない状況はいかにも苦しい。

 黒マナの余っていない状況で召還された《死を食うもの》こそ即座に除去するが、続けて現れる《幻影のケンタウロス/ Phantom Centaur 》・・・・・・。

 2 , 3 戦目と引きの噛み合わなかった百瀬は、脇坂の前に膝を屈した。

 脇坂は、ボーダーまであと 1 勝。逆に百瀬は、崖っぷちに立たされた。

百瀬 1 – 2 脇坂

Final Result : 脇坂 2 – 1 百瀬

Momose Kazuyuki

Japan National 2nd Draft


Wakisaka Yuusuke

Japan National 2nd Draft


最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る