Feature Match Round 10: 黒田正城 vs. 藤田剛史

更新日 Event Coverage on 2002年 2月 16日

By 藤枝勇

Tsuyoshi Fujita今大会は 1 日目がシールドなのだが古豪、強豪が安定して上位に残り Feature Match も好カードが連続することとなった。
関西にこの人有りと言われた両雄、実績では藤田の方が若干上だがデッキの出来は黒田の方では 1 段階上かもしれない。

黒田のデッキはビートダウンが成功すればあっという間にゲームを決めてしまうだけのパワーを秘めており藤田が凌ぎきれるかがポイントとなるだろう。

Game 1

先攻黒田 赤黒
後攻藤田 青緑

藤田の土地が 2 枚でストップ。
追い打ちをかけるかのように《土喰い豚/Petravark》で土地を消した黒田が《無謀なる突撃/Reckless Assault》で殴ると藤田はすぐに投了を宣言した。

黒田 1 - 0 藤田

Game 2

Masahiro KurodaGame 1 とはうって変わって序盤から攻めるのは藤田だった。
《森林地帯のドルイド/Woodland Druid》《野生の雑種犬/Wild Mongrel》《小枝を歩くもの/Twigwalker》《エイヴンの魚捕り/Aven Fisher》《クローサの射手/Krosan Archer》と立て続けにキャストして黒田を攻める攻める。
黒田も立ち上がりは鈍かったものの《矛槍兵/Halberdier》《薄汚いネズミ人間/Dirty Wererat》と展開し、 3 枚の除去を使って藤田を完全に押さえこんだ。

《野生の雑種犬/Wild Mongrel》が居るため黒田が殴れなくなり、均衡状態に。しかし、藤田の場に《ナントゥーコの信奉者/Nantuko Disciple》が登場して形勢は一気に再逆転し、またしてもは藤田が大攻勢。

《ナントゥーコの信奉者/Nantuko Disciple》の力は凄まじく、黒田もこれを必死に除去しようとはしたのだが、藤田が《集中/Concentrate》で引いてきた 2 枚の《リフレッシュ/Refresh》によって阻まれてしまい、サイズの差で藤田が圧倒的に上回りそのまま押し切る形となった。

黒田 1 - 1 藤田

Game 3

Gurzigost
2人とも初手は悪くないが黒田に軽いクリーチャーが居ないのが辛いところか?

黒田は土地しか引かずかなり辛い状況になるが、藤田の場にもアタッククリーチャーが居ない為、どうにかなるかと思ったところで《ガージゴスト/Gurzigost》が登場。これにより黒田はピンチに陥ってしまう。

対する藤田は《強迫的な捜索/Obsessive Search》《集中/Concentrate》と引きまくり、それを《クローサの射手/Krosan Archer》で捨てて《ガージゴスト/Gurzigost》を維持、だめ押しとばかりに《厳格な裁き人/Stern Judge》を出してゲームセット。

Final Results : 藤田剛史 Win

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る