Feature Match Round 12: 石田格 vs. 中島主税

更新日 Event Coverage on 2002年 2月 17日

By 藤枝勇

前回の仙台 GP は惜しくも Best 8 止まりだったが予選ラウンドでの強さは他を圧倒するものがあり、依然としてその勢いは落ちていないと思われる石田格。

そして、最近何かと話題の八王子四天王リーダー格とも言える中島主税。
彼自身も PTQ で大阪への権利を入手しており、勢いに乗って GP Best 8 への道を切り開きたい中島。だが、目の前に立ちはだかったのは日本最強と言っても過言では無い石田である。中島はこの高すぎる壁を塗り越えることが出来るだろうか?見守りたい。

Game 1

先手中島 白青
後手石田 黒青

両方ともマリガンから始まる。両方とも色から見ると速攻では無さそうなので一気に勝負が決まるようなことは無いだろう。

《くぐつ師/Puppeteer》は《無垢の血/Innocent Blood》で除去されたものの《秘教の盲信者/Mystic Zealot》と《優雅なアンテロープ/Graceful Antelope》で攻める中島、対する石田は《セファリッドの仲介人/Cephalid Broker》でデッキを回すことに専念しながらゆっくりと守りから固めていく。 石田は場に《精神を刻むもの/Mindslicer》が出ると 2 枚の《霊気の噴出/Aether Burst》でブロッカーを排除し《苛性タール/Caustic Tar》を張り、止めは《精神ヘドロ/Mind Sludge》で手札を空にして中島を殴りきった。

中島 0 - 1 石田

Game 2

今度はマリガン無く順調な滑り出し、先に動けたのは中島で、《セファリッドの斥候/Cephalid Scout》《神秘の使い魔/Mystic Familiar》と順調に並べて石田に襲いかかる。

Gloomdrifter
《セファリッドの斥候/Cephalid Scout》は《苦悩/Afflict》されたものの《神秘の使い魔/Mystic Familiar》は継続して殴り順調に石田のライフを削っていくが後続が今一続かない。

遂にはライフレースでも追いつかれてきつい展開となり、《頭脳集団/Think Tank》によって高速スレッシュショルドを果たした石田の《薄暗がりを漂うもの/Gloomdrifter》で中島の場だけが一掃され、そのまま殴りきられてしまったのだった。

石田の Best 8 への執念を感じるような 1 戦だった。

Final Results : 石田格 Win

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る