Feature Match Round 2: 荒掘和明 vs. 松下竜一郎

更新日 Event Coverage on 2002年 2月 16日

By 松井健治

フィーチャリング 2 回戦はグランプリ仙台覇者、荒掘和明と、グランプリ初参加という松下という対決になった。
荒掘は自分のシールドデッキの弱さを嘆いており、戦前から「勝てない勝てない」としきりに訴えている。
対する松下は、当然ながら少々緊張しているようであった。

Game 1

先手荒掘、序盤を《墓所を歩くもの/Crypt Creeper》、《薄汚いネズミ人間/Dirty Wererat》、《夢繰り/Dreamwinder》攻め、松下の出すクリーチャーを《霊気の噴出/Aether Burst》でバウンスし、攻撃の手を休めることなく攻めつづける。
一方の松下は土地を大量に引き続け、初手にあったスペルしか未だに引いていないようである。

荒掘はまだ前へ出る。
《公証人/Scrivener》で先ほどの《霊気の噴出/Aether Burst》を回収し、後のターンにバウンス&《臓器をすり砕く者/Organ Grinder》のキャストと、松下は後手にまわらざるをえなく、軽いスペルで対抗したいが、ドローは土地と、恵まれていない。
そのまま、先ほどバウンスされた《怪奇な混種/Grotesque Hybrid》を再キャストするが、予想どおりバウンスされ、荒掘はとどめを刺す。

荒掘の一方的な圧殺劇であった。

荒掘 1 - 0 松下

Game 2

先手、松下の 1 ターンにキャストする《屍肉ネズミ/Carrion Rats》に押され始め、それをどうすることも出来ない荒掘はいきなりピンチ。
だが、松下も後続を用意できずに、そのまま、 4 ターン目に荒掘がキャストした《夢繰り/Dreamwinder》と言うブロッカーに道を閉ざされる。
ここから荒掘の反撃が開始される。
《かそけき翼/Ghostly Wings》を付け、5/4 飛行と、レアクリーチャー並みの力を手に入れた《夢繰り/Dreamwinder》が松下に反撃を開始する。
そこから立て続けに《囁く影/Whispering Shade》、《エイヴンの魚捕り/Aven Fisher》と、場を固めあげてくる。

相変わらず土地を多く引きすぎている松本は、起死回生のカードを引こうとするのだが、引いてくるのは《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》と、結局飛行を止めることが出来ないまま、松下は敗れた。

Final Result : 荒掘 2 - 0 松下

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る