Feature Match Round 5: 藤田憲一 vs. 森田雅彦

更新日 Event Coverage on 2002年 2月 16日

By 藤枝勇

またも日本代表経験者同士の対決だ。
Limited GP に 2 度優勝している藤田憲一と、GP 横浜、GP 静岡で Finalist の森田雅彦という好カードだ。

共にデッキはかなり強力で特に藤田のデッキは強烈な強さを誇るが、最近の勢いでは森田の方が一歩上だと思われる。
勝てばほぼ 2 日目進出が確定するこのマッチを、どちらが手にするのだろうか?

Game 1

先攻森田 赤黒青
後攻藤田 赤黒緑

大量の除去をデッキに抱える両者のデュエルは予想通り潰し合いで始まった。

藤田が《陰謀団の拷問者/Cabal Torturer》を、森田が《蛮族の狂人/Barbarian Lunatic》をそれぞれ《炎の稲妻/Firebolt》で除去しあうという立ち上がり。

《リスのお喋り/Chatter of the Squirrel》でクリーチャーの数は藤田が勝るが、《アクアミーバ/Aquamoeba》《くぐつ師/Puppeteer》で守られた森田のデッキはなかなか突破できないかに見えた。しかし、大会中でも 1 2 位を争う程強力な藤田のデッキは、次々と森田のクリーチャーを丁寧に除去していき、《石舌のバジリスク/Stone-Tongue Basilisk》を出して場を制するかに見えた。

この《バジリスク》は《やつれ/Waste Away》で除去されてしまうが《グレイブディガー/Gravedigger》や《アヌーリッドのゴミあさり/Anurid Scavenger》を出して森田に襲いかかる。

しかし、森田も負けてはいない、ライフを 9 点にまで削られるが《降り注ぐ塊炭/Shower of Coals》 ( スレッシュショルド ) で一気に除去し、クリーチャーを自分の《セファリッドの物あさり/Cephalid Looter》だけとする。さらに、《催眠の悪鬼/Mesmeric Fiend》で手札を見て除去が無いのを確認すると《ラクァタス大使/Ambassador Laquatus》を出して藤田のライブラリーを攻めにかかるのだった。しかし、そこで藤田は《癇しゃく/Fiery Temper》を見事にトップデッキして土俵際に踏ん張った。

ただ、それでも藤田のピンチは続き、《パッチワーク・ノーム/Patchwork Gnomes》《臓器をすり砕く者/Organ Grinder》と展開されてしまう。そして、ついには特定のカードのトップデッキ連発を要求されるという局面にまで追い詰められてしまったのだった。

Sickening Dreams
そして、藤田はほとんどベストといえるドローを果たす。
《不快な夢/Sickening Dreams》!

《モルグの窃盗/Morgue Theft》と併用して戦線を一気に再構築し、特に《投鎖獣/Chainflinger》の復活によって大きく状況は藤田有利となった。

一転して窮地にたたされた森田だったが、《魂の災い魔/Soul Scourge》《夢繰り/Dreamwinder/》と強力カードを出し続ける。…が、藤田の場には《投鎖獣/Chainflinger》が存在するためにクリーチャーは端から除去されていくわけだ。そして、ここでダメ押しの《獣群の呼び声/Call of the Herd》までを引いてきた藤田が勝利を決めた。

森田 0 - 1 藤田

Game 2

《セファリッドの物あさり/Cephalid Looter》を除去しようと藤田が《投鎖獣/Chainflinger》をキャストし、森田は「山を引けば《降り注ぐ塊炭/Shower of Coals》を打てる」という状況であったために《セファリッドの物あさり/Cephalid Looter》起動。ここで望外の《癇しゃく/Fiery Temper》を引き当て、マッドネスでこれをプレイし、《セファリッドの物あさり/Cephalid Looter》を守る事に成功した。

書くべき攻防と言えばはそれぐらいで、このデュエルは土地しか引かない藤田を森田が一気に殴り倒すかたちで

森田 1 - 1 藤田

Game 3

先程とはうって変わって動きの鈍い森田であり、そこをつけ込むかの様にクリーチャーを展開しつつ効率よく除去を連発する藤田だった。

森田のブロッカーである《夢繰り/Dreamwinder》《アクアミーバ/Aquamoeba》を綺麗に除去しつつ、自分だけ《獣群の呼び声/Call of the Herd》を引き当てるという絶好調の藤田に対して、赤マナが引けずにハンドの《降り注ぐ塊炭/Shower of Coals》を打てない森田だった。今まで除去されたクリーチャーを《不安な夢/Restless Dreams》で回収して耐えようとする。

しかし、ここで藤田は決定打として《不快な夢/Sickening Dreams》をキャスト。 さすがの森田も総崩れとなった。

Final Results : 藤田憲一 Win

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る