Feature Match Round 7: 森勝洋 vs. 荒堀和明

更新日 Event Coverage on 2002年 2月 16日

By 藤枝勇

日本人初の Rookie of the Year を獲得した我らが森勝洋、対するは前回仙台 GP の覇者となった新鋭荒堀和明。

構築、リミテッド共に実績十分、オールラウンドな強さを見せる森と前回の GP で構築戦の強さを見せた荒堀。荒堀のリミテッドの実力はどうなのだろうか?。

Game 1

先攻荒堀 黒青赤
後攻森  黒青緑

色事故を起こしそうなハンドだが森は迷わずスタート。 5 ターン目まで荒堀がしっかり回っている事を確認するとやはり事故ってしまった森は投了を宣言した。

荒堀 1 - 0 森

森「ID してもいいよ(笑)」
荒堀「次、そっちが勝ったら考えるよ」

Game 2

《催眠の悪鬼/Mesmeric Fiend》で《中略/Syncopate》を確認し《セファリッドの物あさり/Cephalid Looter》を抜きつつアタックを開始した。

荒堀の《夢繰り/Dreamwinder》をきっちり《中略/Syncopate》を撃ち、返しで《野生の雑種犬/Wild Mongrel》を出して攻め立てる森。

この《野生の雑種犬/Wild Mongrel》は《顔なしの解体者/Faceless Butcher》で消されるものの、新しいアタッカー《薄暗がりを漂うもの/Gloomdrifter》で徐々に森勝洋がライフレースでリードを広げる。荒堀がアクションを起こした隙を見計らって動くプレイングは流石と言える。

《獣の襲撃/Beast Attack》《顔なしの解体者/Faceless Butcher》を通してスレッシュショルドに達した森は《野生の雑種犬/Wild Mongrel》《熊人間/Werebear》で殴りきった。

荒堀 1 - 1 森

Game 3

流れが悪いと感じた(…らしい…)森は、唐突に ID を申し込む。
荒堀もこれを承諾してマッチは引き分けに終わった。

Final Results : Draw

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る