Feature Match Round 7: 藤田修 vs. 平林一哉

更新日 Event Coverage on 2002年 2月 16日

By 松井健治

本日最終戦、 5 - 1 ラインで当るのは、京都の藤田と、滋賀の平林。
この二人はフィーチャー席に呼ばれてから、 ID するかどうかを悩んでいたのだが、私が暇になるので、試合やってよと言ったところ、「んじゃとりあえず一本目はやるか」と冗談交じりに言ってもらえたので、この試合の記事は取れる事となった。

そう言う理由により、この記事は 1 本目で終了することもありえるので、ご了承を。

Game 1

平林が《生まれ変わった勇士/Reborn Hero》をフォイルとノーマルの 2 枚と、《エイヴンの魚捕り/Aven Fisher》と、並べるところからゲームスタート。
とりあえずはのんびり殴ろうかというところで、藤田は 4 ターン目に《囁く影/Whispering Shade》、 5 ターン目に《センギアの吸血鬼/Sengir Vampire》、 6 ターン目には《呪われた大怪物/Cursed Monstrosity》と、一気にレアフライングクリーチャーで勝負をつけに行くが、アンタップ状態の《呪われた大怪物/Cursed Monstrosity》を《やつれ/Waste Away》で除去し、勝負はなかなか一進一退。
大味な攻防が続いているが、殴るも殴られるも大きいので、ひとつのプレイミスが死を招く。

お互いそんなことを考えているであろう状況で、平林は《公証人/Scrivener》で《やつれ/Waste Away》を拾い上げたところで藤田の長考が始まる。
2 分程考えた後に、藤田は決意した様で、《センギアの吸血鬼/Sengir Vampire》が攻撃に行き、平林の残りライフは 4 。
返すターン、平林は《センギアの吸血鬼/Sengir Vampire》を除去し、だいぶ場が平らになったところでターンを藤田に返し、 藤田は 2 マナを残して《激動/Upheaval》をキャスト!
今まで重ねてきたアドバンテージは何だったんだろうと、言わんばかりの平林。 呆然としている平林をよそに、藤田はセットランドから《パッチワーク・ノーム/Patchwork Gnomes》を呼び《かそけき翼/Ghostly Wings》を付けると、平林は投了した。

藤田 1 - 0 平林

Game 2

先手平林、 3 ターン目に《セファリッドの物あさり/Cephalid Looter》から、《天使の壁/Angelic Wall》と、いかにも白青らしいカード展開。
対する藤田は《朽ちゆく巨人/Rotting Giant》、《パッチワーク・ノーム/Patchwork Gnomes》、と並べ、《顔なしの解体者/Faceless Butcher》で《セファリッドの物あさり/Cephalid Looter》をキャッチ。
4 ターン目に平林が置いた土地が《サングラスの大草原/Sungrass Prairie》で、一本目に沼を見たことを思えば、サイドで黒から緑に変更したのだろう。そこから、《クローサの締めつけ蛇/Krosan Constrictor》、《雲を追うエイヴン/Aven Cloudchaser》、《気力あふれる放浪者/Resilient Wanderer》と、場を固めて行くが、藤田のクリーチャー陣はそれを乗り越えてダメージを与えてくる。
平林は、更にブロッカーを用意した上で、《クローサの締めつけ蛇/Krosan Constrictor》に《シートンの願望/Seton's Desire》を付けて、勝負を決しに行く。 藤田もなんとかしたいのだが、先ほど《顔なしの解体者/Faceless Butcher》で取った《セファリッドの物あさり/Cephalid Looter》が邪魔で、《激動/Upheaval》を撃てないでいる。

そんなことを考えていると、平林はなんと総攻撃をかけてきた!

悩みの種の《顔なしの解体者/Faceless Butcher》は死に、ルーターが平林の場に戻ったところで、藤田の残りライフは 1 。
返すターン、藤田は満を持して《激動/Upheaval》をキャスト。
そのまま《薄暗がりを漂うもの/Gloomdrifter》を出し、殴り始める。
このまま勝負が決するかと思ったが、平林のライフは 12 もあり、倒すにはまだまだ時間がかかる。その上、藤田が残りライフ 1 なので、後に出てくる平林のクリーチャーを片っ端から止めなければいけない。
平林が《野生の雑種犬/Wild Mongrel》を呼べば、藤田は《パッチワーク・ノーム/Patchwork Gnomes》を呼び、《遊牧の民の長ピアナ/Pianna, Nomad Captain》を呼べば、《墓所を歩くもの/Crypt Creeper》を呼び、と言った風に事は動き、これはなんとかなるかもと思ったところで、平林は先ほどの《シートンの願望/Seton's Desire》を《野生の雑種犬/Wild Mongrel》に付け、《遊牧の民の長ピアナ/Pianna, Nomad Captain》と一緒に攻撃すると、藤田は投了した。

ここで 7 回戦目はタイムアップ。
フルタイム戦った結果は引き分けに終わった。

Final Result : 引き分け

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る