Feature Match Round 8: 東野将幸 vs. 森勝洋

更新日 Event Coverage on 2002年 2月 16日

By 藤枝勇

東野将幸は日本選手権と GP 広島を優勝している強豪であり、対する森勝洋は世界選手権日本勢最高位(9th)による Rookie of the Year 獲得というアジアでは「最初で最後の」存在である。これぞフューチャーマッチ。
二人ともデッキは弱い部類だと言っているのだが、ともに勝ち筋は見えるデッキであり、そのあたりは流石と言える。
森のビートダウンが成功するか、東野の持つ 2 枚の強力カード《説得/Persuasion》と《玉虫色の天使/Iridescent Angel》が炸裂してしまうのか、見物だ。

Game 1

先攻東野 青緑白
後攻森  赤緑黒

Katsu Mori序盤は森が《クローサの報復者/Krosan Avenger》《飛びかかる虎/Springing Tiger》で押す展開となり、東野が出した《凶暴象/Rabid Elephant》を《飛びかかる虎/Springing Tiger》のアタックと《大音響攻撃/Sonic Seizure》で 1 対 3 交換で除去し攻勢を維持する。森は、もう一体《クローサの報復者/Krosan Avenger》を並べブロックされても《筋力急伸/Muscle Burst》でこれを無理矢理通し、東野のライフを 4 まで削る。

東野が黙ってなぶられ続けるわけもなく、一体を《考え直し/Second Thoughts》し、次の一体を相打ちによって除去。ライフは圧倒的に負けているものの、場の状況と手札で優勢になった。

森の《リサトグ/Lithatog》も《液化/Liquify》でカウンターし、手札に《説得/Persuasion》を抱えてる東野ペースとなったのだが、森の手には《炎の稲妻/Firebolt》が握られていたのだった。

東野 0 - 1 森

Game 2

Masayuki Higashino多少の事故は有ったものの決め手となる森の《飛びかかる虎/Springing Tiger》を《中略/Syncopate》でカウンターしながらじっくりと待つ東野。場には《凶暴象/Rabid Elephant》手には《説得/Persuasion》《霊気の噴出/Aether Burst》が握られ完璧な状況になった。 ( ライフ 9 )
攻めたい森だが 20 枚のドローの内 14 枚までもランドではどうしようも無いが、ただランドを並べるだけでなく何かを有るかのように手札に貯め東野に攻撃させようとしない。 引いてきた《リサトグ/Lithatog》は《説得/Persuasion》されてピンチに見えるが《パーディック山の火つけ/Pardic Arsonist》を本体に撃ち東野のライフを着実に削っていった。

東野も《リサトグ/Lithatog》のコントロールを奪い《凶暴象/Rabid Elephant》に《シートンの願望/Seton's Desire》を付けて一気に 10 点! あと 1 撃で勝負が決まるという状況になる。
東野のエンドに《大音響攻撃/Sonic Seizure》を打って東野をヒヤッとさせたものの、そのまま森投了。

東野 1 - 1 森

Game 3

4 ターン目に《飛びかかる虎/Springing Tiger》をキャスト出来たのだが東野の《中略/Syncopate》を予想してか、森勝洋の動きが今一つだった。
森の動きが鈍いところに東野の場には強力カード《玉虫色の天使/Iridescent Angel》が登場し、一気に勝負を決めようとした。
だが、その隙を森も見逃さなかった、《リサトグ/Lithatog》を出して土地を 7 枚生け贄に捧げ、スレッシュショルドに達するとフルアタックを繰り返し、東野のライフを 7 まで削った。

Iridescent Angel
しかし、森の攻撃もそこまでだった。《飛びかかる虎/Springing Tiger》を《考え直し/Second Thoughts》で除去され、《炎の稲妻/Firebolt》を《液化/Liquify》でカウンターされ…絶望的な状況となっていく。

《大音響攻撃/Sonic Seizure》で除去してフルアタックするも、東野のライフは 4 までしか削れず、《公証人/Scrivener》で《考え直し/Second Thoughts》を回収され、完璧な状況を作られてしまったのだった。手札にカウンターを控えつつ、東野の《玉虫色の天使/Iridescent Angel》が勝負を決めたのだった。

Final Results : 東野将幸 Win

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る