Feature Match Round 8: 黒田正城 vs. 桧垣貴生

更新日 Event Coverage on 2002年 2月 16日

By 松井健治

さて、全勝卓からお送りする 2 日目の始めのフィーチャーマッチは、最近サイドボードオンラインでライターもやっている黒田と、もともとは広島出身だが、現在は東京で修行中の桧垣との対戦。

お互いの試合前の会話はとても印象的で、「僕達、隣り合わせにならなくてよかったね」との話。
実際、お互いのデッキは黒赤で、 2 人ともビートダウンを好むプレイヤーであるためである。
勝利はどちらに。

Game 1

Masahiro Kuroda黒田先行。 初手に沼が 1 枚しかなくマリガンを選択。
すると、先ほどの手札からカードが 1 枚無くなったような手札が舞い戻ってきてしまい、再度マリガン。
結局初手には山しかなく 5 枚でスタート。
だが、初手には《蛮族ののけ者/Barbarian Outcast》があるので、次に沼を引けば、もしかの逆転もありえる。そして次ターンの黒田のドローは沼だった!

とりあえず落ち着いて《蛮族ののけ者/Barbarian Outcast》をキャストし、桧垣が出すクリーチャーを《チェイナーの布告/Chainer's Edict》、《集中砲火/Flame Burst》、と、どんどん除去し、 3 枚目の土地を引いたところで、《臓器をすり砕く者/Organ Grinder》をキャスト。

目に見えて焦る桧垣。
黒田がダブルマリガンの時点である程度勝利を期待したはずなのだが、脆くも目の前で崩れ去って行く。
黒田の素晴らしい動きに対応する為の手段をライブラリの中から探すが、引いてくるのは土地ばかり。
最後には、とてもダブルマリガンとは思えない劇的なデッキ展開を見せた、黒田は 1 本目を取った。

黒田 1 - 0 桧垣

Game 2

Takao Higaki今度は桧垣の先手。
先ほど黒田がやられたように、今度は桧垣が 2 ターン目に《蛮族ののけ者/Barbarian Outcast》をキャスト。
返す黒田は《催眠の悪鬼/Mesmeric Fiend》を出し、桧垣の手札から《顔なしの解体者/Faceless Butcher》を奪い去る。
だか、先ほどの桧垣とは違う。
先ほど手札確認をしたにもかかわらず、ライブラリの上から《異形の這うもの/Frightcrawler》を引き、それを《無謀なる突進/Reckless Charge》を使って攻撃し、《催眠の悪鬼/Mesmeric Fiend》をブロックさせる方向へ持って行ったりと、勢いは十分。
だが、《蛮族ののけ者/Barbarian Outcast》を《集中砲火/Flame Burst》や、《チェイナーの布告/Chainer's Edict》で除去され始め、お互いクリーチャーを出せば、除去されると言う構図が続き、最終的に場にクリーチャーが残ったのは黒田側。

クリーチャーゾーンを引き当てた黒田は、どんどん場にキャストしてして行き、桧垣の対処できる許容量を超えて行く。
挙句の果てには、黒田の墓地にある《チェイナーの布告/Chainer's Edict》がフラッシュバックできるところまでマナが貯まり、ブロッカーを呼ぶ手段まで封じられた桧垣は最後に黒田のクリーチャーに《炎の斉射/Blazing Salvo》を撃ち、あっさりと 5 点払われた所で、カードを片付け始めた。

Final Result : 黒田 2 - 0 桧垣

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る