Feature Match Round 9 小野田倫久 vs. 浅原晃

更新日 Event Coverage on 2002年 6月 1日

By 大城 秀人

6 勝 2 敗。

明日の決勝に臨むためには落とせないラインで、「八王子組」の浅原と、岡山の小野田との対戦が組まれた。

両者共に初日が 4 – 2 。つまり今日はここまで 2 連勝してきているわけで、緑黒白の浅原、赤緑の小野田ともにデッキの強さに不足はないと思われる。

個々のカードパワーが高いだけに、戦況は二転三転すると予想されるが、結果はいかに?

Game 1

 後手の小野田はマリガンスタート。

 先行の浅原は、2 ターン目のドローが《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》で少し顔をしかめるものの、そのままキャスト。次のターンに《催眠の悪鬼/Mesmeric Fiend》と完全に 1 ターン遅れた格好である。

ここでの小野田の手札が、森 2 枚、《ナントゥーコの養成者/Nantuko Cultivator》、《ドングリの収穫/Acorn Harvest》、《秘儀の教示/Arcane Teachings》、《一時的狂気/Temporary Insanity》というすさまじい内容で、浅原も仕方なく、《秘儀の教示》を隠すことを選択。

 対する小野田は、《悪鬼》の後、2 ターン連続で山を引き込み、それをセットしつつ《ナントゥーコの養成者》を 4 / 4 にして召還、一気に場と手札を盛り返す格好となった。

 その後、浅原が《吠え裂きアヌーリッド/Anurid Barkripper》に《巨大イボイノシシ/Giant Warthog》、小野田が《ドングリの収穫/Acorn Harvest》で戦線を整え、早くも膠着。

 お互いのカードが強く、本来ならば切り札となるはずのカードも膠着状態を打破できない。たとえば、浅原が《幻影のケンタウロス/Phantom Centaur》を召還すれば、小野田はターンエンドに《獣の襲撃/Beast Attack》。さらに浅原が、《鋼胴の甲虫/Ironshell Beetle (JU)》で、《幻影のケンタウロス/Phantom Centaur (JU)》を強化すれば、小野田は2体目のビーストトークンを作成・・・・・・と状況は混沌としていくばかりである。

 しかし、この状況を打ち砕いたのは小野田だった。

ゲーム開始時に《悪鬼》に奪われていた《秘儀の教示》を、《一時的狂気》を失いながらの《容認される損失/Acceptable Losses》で取り戻すことに成功し、《ナントゥーコの養成者》に装着。《巨大イボイノシシ》と、《幻影のケンタウロス》の存在で、ビーストトークンが攻撃できない小野田としてはまさに天の恵みともいうべき存在が生まれることになった。

 浅原は、2 枚の《踏み外し/Lead Astray》でブロッカーをこじ開けダメージを通していくが、後続を引かず攻めきることができない。

 そしてついに場を支えていた《ケンタウロス》が倒れ、小野田のトークンが攻勢に転じた。

 ここまでの攻防で場での優位が完全に崩れ、窮まった感のあった浅原だが、ここで 2 枚目の《ケンタウロス》に《シートンの願望/Seton’s Desire》(もちろんスレッショルド)を装着させ、最後の望みを託す。

しかし小野田の返しは、その浅原の希望すら打ち砕く、全マナを注いだ《キヅタの精霊/Ivy Elemental》。

 小野田がそのデッキパワーを存分に発揮し、まずは先勝。

小野田 1 - 0 浅原

Game 2

 2 ターン目まで動かない浅原に対し、小野田は《ドルイドの抒情詩人/Druid Lyrist》に《はじけるこん棒/Crackling Club》をエンチャントし、ビートダウン開始。

 浅原も 3 ターン目に《吠え裂きアヌーリッド》。 4 ターン目に、何とこちらにも存在する《ナントゥーコの養成者》を 3 / 3 で召還、と順調にゲームを進める。

 この《養成者》は《抒情詩人》と相打ちになるものの、ここからお互いがクリーチャーの並べ合い。

 浅原は、《尊大なワーム/Arrogant Wurm》、《巨大イボイノシシ》 小野田は、《クローサの射手/Krosan Archer》、《ドングリの収穫》、4 / 4 の《キヅタの精霊》と一気に戦線が拡大していく。

 1 戦目と同じ展開が頭をよぎる・・・・・・が、そうはならなかった。

浅原が、《巨大イボイノシシ》に《シートンの願望》をエンチャントし、一気に攻勢に出たのだ。

 この 7 / 7 トランプルという化け物を、小野田は 3 体のブロックで相打ちに取ることで凌ぐものの、場は完全に浅原優勢に傾いてしまう。

 さらに浅原は《踏み外し》で小野田のブロッカーを排除し、一気にライフを奪い取ると、《催眠の悪鬼》をキャスト。

小野田の手札にあったのは、《一瞬の平和/Moment’s Peace》、《秘儀の教示》、そして何と3 枚目の森が引けないためにキャストできない《獣の襲撃》・・・・・・。

小考の後、《一瞬の平和》を選択した浅原は、翌ターン、《秘儀の教示》のエンチャントにスタックして、 2 枚目の《踏み外し》。

 さすがにノーガードにされた小野田は投了を宣言。浅原が 2 本目を取り返す結果となった。

 ・・・・・・しかし、小野田だけでなく、浅原のデッキ内容もただ事ではなさそうだ。

小野田 1 – 1 浅原

Game 3

 先手の小野田は、1 本目に続きまたもマリガン。

 対する浅原は 1 ターン目《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》と万全の体制である。

 そして、小野田は森を 2 枚そろえた後、そこから土地がストップ・・・・・・。 浅原が 4 ターン目に《ナントゥーコの養成者》を 4 / 4 で送り出した後、自分のドローを見て、投了。

 2 本目まで激戦を繰り広げていただけに、このあっけない幕切れは残念である。 これもマジック、ということか。

小野田 1 – 2 浅原

Final Result : 浅原 2 – 1 小野田

Asahara Akira

Download Arena Decklist
ソーサリー (1)
1 Chainer's Edict
インスタント (3)
2 Lead Astray 1 Shelter
エンチャント (1)
1 Seton's Desire
土地 (18)
9 Forest 2 Krosan Verge 2 Plains 5 Swamp
他 (2)
2 Giant Warthtog
40 カード

Onoda Mitihisa

Download Arena Decklist
ソーサリー (2)
1 Acceptable Losses 1 Acorn Harvest
インスタント (4)
1 Beast Attack 2 Fiery Temper 1 Temporary Insanity
エンチャント (4)
1 Arcane Teachings 2 Crackling Club 1 Elephant Guide
土地 (17)
9 Forest 8 Mountain
他 (1)
1 Chainfringer
40 カード

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る