Finals Audo Reiji VS Chris Benafel

更新日 Event Coverage

By 森雅也

マスターズ決勝戦には、日本人チームの Panzer Hunters とゲートウェイから勝ちあがってきた AlphalBetaUnlimited.com である。ロチェスタードラフトでは両者共に青赤黒を構築しており、非常に面白いと言えるカードだろう。

Game 1

安藤の初手には青マナが 1 枚も無いが、ランド自体は 4 枚あるので渋々スタート。
Chrisは 2 ターン目に《憤怒の織り手》から入り、 4 ターン目には《カヴーの飛脚》で安藤を攻めたてる。安藤は《塹壕のワーム》で《飛脚》と相打ちを取るが、《火山のインプ》と《パチンコゴブリン》を《火炎舌のカヴー》 1 枚と交換され、さらには《惑乱の雲》まで撃ちこまれアドヴァンテージを失っていった。Chris の猛攻の前に安藤は《嵐景学院の戦闘魔道師》握り締めていたが、最後まで島を引けずに 1 本目を落としてしまう。

Chris 1-0

Game 2

1 本目と違い安藤の手札には島、山、沼が揃っていて、 3 ターン目にはパワー 3 の《カヴーの斥候》をキャストするが、返しの《夜景学院の使い魔》を経由しての《カヴーの飛脚》と相打ちになってしまう。
安藤はさらなるアタッカーとして《塹壕のワーム》をキャストし、次ターンには《ワーム》をバウンスして《溶岩のゾンビ》を送り出した所までは予定調和的にデュエルが進んでいたのだが、またも《火炎舌のカヴー》で《ゾンビ》を除去されてしまう。
手札の《塹壕のワーム》を出しながら《火炎舌のカヴー》を除去したい所だが、《惑乱の雲》を警戒して無用なセットランドを控えていたためにマナが足りなく、結局は 4 点のダメージを通すしかなかったのだが、次ターン安藤の想定通りに《惑乱の雲》を撃たれ、安藤の洞察力の鋭さに驚かされる Chris は続けて《演習用ゴーレム》をキャストし、対する安藤も《べたつきカヴー》で守りを固めようとする。
Chris はライフ削るべくフルアタックをかけると安藤が考え込む。

stormscape battlemage

相手の場には《演習用ゴーレム》、《シヴのゾンビ》、《夜景学院の使い魔》がいてブロッカーは《べたつきカヴー》と《塹壕のワーム》の 2 体である。
明らかに不自然なアタックだが、普通に考えれば間違い無く《べたつき》で《使い魔》をブロックして《ワーム》で《ゾンビ》をブロックする場面なのだが、こういうアタックをして来るという事は何かがあると見るのが妥当だろう。実際に安藤は忠実に前述のプレイを行ったのだが戦闘終了時に《アーボーグのシャンブラー》が出てきて 2 ダメージを受けている《ワーム》が墓地に 落ちてしまう。《くすぶるタール》をもって《シャンブラー》を除去することには成功するのだが、さらなるアタッカー《ぬかるみのカヴー》を《終始》で除去しようとした所にスタックして《排撃》され、最後のターンに《嵐景学院の戦闘魔道師》をトップデックするしかない状況に追いこまれ、ドローに恵まれなかった安藤は手札の無駄なランドを握り締めながら悔しそうに負けを認めた。

Chris Benafel 2-0 Ando Reiji

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る