Finals Ishida Itaru VS Noah Boeken

更新日 Event Coverage

By 松井健治

マスターズ決勝戦。
こちらは B 卓の石田対 Boeken の戦いが行われている。
ここでチームの 2 人が勝つと多額の賞金と語り継がれる名誉が手に入る。

石田はチーム”パンツァーハンター”の頭脳を担当し、 1 時期の石田格最強時代を彷彿させる強さ、安定感、平常心が今、正にそこにある。
そう、これが石田の本来の姿なのである。
準決勝ではチームの二人が勝ち、石田本人は負けているがそんなに悔しそうな顔など見せていない。
それは左右にいる二人のチームメイトを信頼し、自分の指示したドラフトに絶対の自信をもった上でのことである。

Boeken は今回の PT 東京で念願の PT ベスト 8 に食い込むが、残念ながら準々決勝で負けている。
そんなこともあり、ここでは是非勝っておきたいところであるが。

Game 1

お互いのデッキは白と青の入ったデッキ。
石田は青白緑のトリーヴァカラー、 Boeken は黒青白のドロマーカラーである。
こんな二人は 3 ターンの間にランドを置くばかりの展開だが、 Boeken が《海辺の略奪者》を展開。
続けて《ヴォーデリアのゾンビ》をキャストしようとするが、これは石田が《除外》。
次のターンのメインに石田は《砕土》を撃ち、《サマイトの古老》をキャスト。
Boeken はこの後に出した、《しなやかな海蛇》と《略奪者》でアタックをかけてくるが、これに対抗すべく《慈悲の天使》でライフを回復しながら場を建て直す。
だが、安定して土地を並べてきた Boeken が 6 ターン目にキッカーの《惑乱の雲》をプレイ。
4 枚あった手札のうち、《排撃》、《突進するトロール》、《希望の翼》の 3 枚を捨てることになり、手札の安心感を一気に失うが、手札に残った最後の希望が《アルマジロの外套》。
これを先ほど出した《天使》に着け、次に引いてきた《急流》をキッカーでキャストし、Boeken の場に出ていた 2 体のクリーチャーをバウンスしたところで場を見ると、圧倒的に石田が有利。
一見、このまま勝負がつくか?と思うが、この辺でそろそろ《惑乱の雲》の被害が石田を悩ませる。 この時点での両者の手札は 5 対 0 。
現在の石田にとって、相手に見えているカードだけが自分の世界であるが、相手にはそれより 5 枚分多く世界が見えているわけである。
5 枚のカードの差は簡単に埋められるものではない。
結局、石田の《天使》は《苦悶の死》されてしまい、この後に出す《ザナムジン》も《苦悶の死》で片付けられ、 1 本目を落としてしまう。
3 枚のアドバンテージというのはそういうものだ。

Boeken 1 - 0

Game 2

先手の石田は 2 ターン目の《ユートピアの木》から 3 ターン目に《カミソリ足のグリフィン》へ繋げる良い動き。
Boeken は《ヴォーデリアのゾンビ》を出して殴り、こちらも動きは悪くない。
殴り合いを続け、わずかにリードする石田に対して Boeken は《ファイレクシアの死神》をキャストしようとするが、そこに決まる《除外》は少しずつ Boeken を絡め取っていく。
この次のターンに石田は《虹色カラス》を出し、残ったマナで Boeken の《嵐景学院の弟子》を《禁制》でカウンターし、まだまだ石田のペース。
この辺りで、先程の試合でも見た《サマイトの古老》が火を噴く。
Boeken は良くこのカードのことが良くわかってなく、《ルーンの母》の様に対象のクリーチャーにしかこの効果を及ぼさないと思っていたらしいが、実際このカードは自分のコントロールするクリーチャー全てに効果を及ぼす。
これが試合に大きな影響を与えたわけではないが、このことを知らなかったために Boeken はこのデュエルに負けてしまう。
Boeken のボロがすこしずずはがれて来たようである。

Ishida 1 - 1

Game 3

先行の Boeken はマリガンスタート。
マリガン後は順調に動いている様で、 3 ターン目に《泥中》をキャスト。
後手の石田は相手より 1 枚多く引いていることもあり、無理なく《荒ぶる象》と島をディスカード。
《カミソリ足のグリフィン》を呼んでみたりする石田はこれを《除外》されてしまうが、次に出すカードは《慈悲の天使》で、相手の呼んだ《オーロラ・グリフィン》を乗り越えて攻撃に行く。
《天使》の手を止めるべく、 Boeken は《手かせ》を付けようとするが、石田はこの行動に対して《排撃》で自分の《天使》を手札に戻して、《手かせ》を墓地に送ることに成功。
1 度で 2 度おいしいこのプレイは、石田に大きなアドバンテージを与える。
この《天使》の 2 度の召喚によって得たライフアドバンテージは最後まで Boeken は削りきず、石田が最後の 1 撃を放つときの彼らのライフは 7 対 1 であった…

Ishida 2 - 1

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る