Live Coverage of 2004 Pro Tour Seattle

更新日 Event Coverage on 2004年 7月 9日

By 森 慶太

ウィザーズ社本社のお膝元、アメリカ合衆国ワシントン州シアトルにて2003-2004シーズンで6大会目となるプロツアーが開催される。最初の戦いとなる金曜日の戦いで採用されているフォーマットは6ラウンドのチーム・シールド予選。デッキ構築は2ラウンドごとに行われ、つまり各チームは3回デッキ構築をすることになる。

チーム・ロチェスターでの戦いとなる土曜日に駒をすすめるためのノルマは勝ち点12ポイント。つまるところ、本日は4勝2敗というラインを目指して、世界中からやってきたプレイヤーたちがこれから火花を散らすことになる。もちろん、全世界がもっとも注目しているのはPhoenix Foundation(Kai Budde,Dirk Baberowski,Marco Blume)の圧倒的な強さについてで、その鳳凰の支配をTeam Burkus(Nicolai Herzog, Anton Jonsson,Tuomo Niemenen)がひっくり返してしまうかどうか…というのも話題の種だ。もっとも、彼らのようなスタープレイヤーたちでもあっても、与えられるカードプールに絶対的な貧富の格差が生じてしまうことになるチーム・シールドというフォーマットから生還しないことには始まらない。そう、いかにドラフトテクニックに優れていようとも、まずは金曜日の試練を勝ち抜かなければ本末転倒となってしまうのだ。

また、最近絶好調の日本勢も、唯一決勝ラウンドへとプレイヤーを送り出していないフォーマットとなったこのチーム・プロツアーの踏破に意気込んでいる。悲願であった日本タイトルを掴み取ったばかりの藤田剛史は、藤田修と森田雅彦という二人のチーム戦巧者を率いて万全の体制。「Panzer Hunters」を率いた石田格もFireballの二本柱である池田剛と岡本尋という相棒を得て必勝を誓う。はたして、彼らは追い風を捕まえる事が出来るだろうか?

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る