Live Coverage of 2004 Pro Tour Seattle

更新日 Event Coverage on 2004年 7月 9日

By 森 慶太

Suntouched Myr

The Brockafellers
Player A:Brock Parker
Player B:William Jensen
Player C:Matt Linde

Ready GO !!
Player A:大礒 正嗣 Sunburst
Player B:森 勝洋
Player C:大澤 拓也

登録チームのリストではReady Go!!という表記だったのだが、いつのまにやらReady GO!!に名前が修正されていた大礒・森・大澤のトリオ。彼らは二日目進出のためには事実上崖っぷちとなってしまった状態で、ディフェンディング・チャンピオンであるThe Brockafellersとマッチアップされることになったのだった。

大礒 正嗣 vs. Brock Parker

Game 1

《レオニンの円月刀/Leonin Scimitar》と《ヴァルショクの鉄球/Vulshok Morningstar》を《ゴブリンの模造品/Goblin Replica》にまとわせてビートダウンを仕掛けてくるParker。大礒は《エイトグ/Atog》、3/3の烈日(Sunburst)で《太陽に触れたマイア/Suntouched Myr》と出して対抗するが、《マイア》を即座にBrock Parkerの《とげの稲妻/Barbed Lightning》が除去してみせる。

大礒はここで《粗石の魔道士/Trinket Mage》によって《黄鉄の呪文爆弾/Pyrite Spellbomb》を調達し、続くターンにはX=4のいわゆる《大気の精霊/Air Elemental》サイズの《空に届くマンタ/Skyreach Manta》を召喚した。

Parkerはここで《ゴブリンの模造品/Goblin Replica》のアタック後に《ヴァルショクの狂戦士/Vulshok Berserker》を召喚。それに装備品をまとわせ…地上のにらみをきせてターンエンドを宣言。しかし、大礒がここで大きな仕掛けに打って出たのだった。

大礒正嗣はここで果敢に《粗石の魔道士/Trinket Mage》、4/4《マンタ》、《エイトグ/Atog》の3体でアタック宣言。Parkerは武装によって強化された《ヴァルショクの狂戦士/Vulshok Berserker》で《粗石の魔道士/Trinket Mage》をブロックすると宣言。すると、ここで大礒はX=3の烈日(Sunburst)で《勇気のバトン/Baton of Courage》をプレイし、さらに《チス=ゴリアの鱗/Scale of Chiss-Goria》をもプレイグラウンドへ。ともにインスタントスピードだからこその芸当だ。

そして、大礒は《バトン》での強化それ自体も含めて、すべてのアーティファクトをここで《エイトグ/Atog》に注ぎ込んだ。驚くなかれ、なんと一気に18点という大ダメージをたたき出して見せたのだ!

大礒 正嗣 1-0 Brock Parker

大澤 拓也 vs. Matt Linde

Game 2

大礒が《サイカトグ/Psychatog》級のダメージを《エイトグ/Atog》によってたたき出していたその頃、大澤はMatt Lindeとのマッチを悠々と進めているところだった。

サイドインした2枚の《無効/Annul》が素晴らしいタイミングで刺さり、《希望の使者/Emissary of Hope》に《ヴァルショクの鉄球/Vulshok Morningstar》が装着されたために大澤のライフは40点を超えているという有様だった。

そんなわけで、大澤はこのマッチアップで貴重な勝ち星をチームにもたらすことになった。

大澤 拓也 2-0 Matt Linde

しかし、チームメイトの大澤が気持ちよく試合を進めているころ、森勝洋はWilliam Jensenに散々な目に合わされていた。

鮮やかなビートダウンと《手綱取り/Grab the Reins》パワーとであっさり二連敗を喫してしまった森は「相手が完璧すぎてつけこむところがなかった…」とこぼしていた。

かくて、大礒とParkerの第三試合が「初日落ち決定マッチ」ということに。

大礒 正嗣 vs. Brock Parker

Game 3

明らかに「勝負モード」にはいった大礒はすごい形相で入念にデッキをシャッフル。しかし、そんな気負いが裏目に出てか、痛恨の先手マリガンスタートとなってしまうのだった。

Steelshaper's Gift

そして…大礒は土地二枚でストップしてしまった挙句に《ダークスティールのペンダント/Darksteel Pendant》だのみという流れになってしまう。

対照的にParkerは《鋼打ちの贈り物/Steelshaper's Gift》で《ヴィリジアンの長弓/Viridian Longbow》をチューターしてくるスタートから《翼竜の幽霊/Pteron Ghost》、《癒し手の頭飾り/Healer's Headdress》、《ヴァルショクの鉄球/Vulshok Morningstar》、毎ターン確実に勝利へと歩を進める。

《レオニンの古老/Leonin Elder》、《レオニンの居衛/Leonin Den-Guard》と並べながら静かにビートダウンをすすめる。そして、その上で駄目押しにあの呪文を双呪でキャストしてみせるのだった。

そう、もちろんそれは《まばゆい光線/Blinding Beam》にほかならない…。

Brock Parker 2-1 大礒 正嗣

Final Results:The Brockafellers wins

そんなわけで、Ready GO!!は残念ながら初日落ちという憂き目になってしまったのだった。

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る