Live Coverage of 2004 Pro Tour Seattle

更新日 Event Coverage on 2004年 7月 10日

By 森 慶太

1敗ラインでマッチアップされたwww.shop-fireball.com2とS.A.I.がIntentional Drawを選択したため、今回は二日目に進出を果たしていたもうひとつのチーム、T.O.L=N.okaのマッチをお届けしよう。

「 N岡さんというヒトがT.O.L.なんですよ 」
と、わかる人にはわかる隠語でのジョークがこのチームの命名の由来だそうである。

対するはTOGITのトップチーム、Shenanigans。
そう、プロツアー・チャンピオンであるOsyp Lebedowicz率いるトリオだ。

T.O.L. = N. oka (JAPAN)
Player A:森田 雅彦 RG
Player B:藤田 剛史 WB
Player C:藤田 修 UR

Shenanigans(USA)
Player A:Osyp Lebedowicz Mono Black!
Player B:Patrick Sullivan WG
Player C:Adam Horvath UR

Match A:森田 雅彦 vs. Osyp Lebedowicz

Game 1

先手森田が《旅人のガラクタ/Wayfarer's Bauble》でライブラリーを圧縮させながらゲームをスタートさせたのだが、黒単色のOsypが《騒がしいネズミ/Chittering Rats》、《電結の働き手/Arcbound Worker》、《熱風の操縦者/Thermal Navigator》とクリーチャーの展開量で圧倒する。

しかし、森田はここで《絡み森の脈動/Pulse of the Tangle》を連打しはじめ、これぞアドバンテージといった具合で3/3クリーチャーたちを舞台へと送り出す。

Osypも《襲い掛かる恐怖/Fill with Fright》での手札干渉や《恐怖/Terror》によってなんとか流れをつかもうと必死だが、《絡み森のゴーレム/Tangle Golem》をも従えた森田が圧倒的な勢いでビートダウンを開始。

《捕食者の一撃/Predator's Strike》が鮮やかに森田の勝利を演出した。

森田 1-0 Lebedowicz

Game 2

なんとか星を取り戻したい2本目のOsyp。2ターン目に《流血スリス/Slith Bloodletter》という素晴らしいたちあがりを迎え、森田の2ターン目のマナマイアも即座に《残響する衰微/Echoing Decay》。早速この再生生物を2/2というサイズに成長させた。

対する森田は《永遠の証人/Eternal Witness》召喚からマナマイアを回収し、この《証人》が《スリス》をブロック。もちろんOsypが《スリス》を再生させたことで一方的に戦闘に勝利したわけだが、ともかく森田としては初手で引き当てた《忘却石/Oblivion Stone》でブレイクアウトできるようなマナ域までゲームを長引かせたいのだ。

そして森田は続くターンに3/3の《ヴィリジアンの知恵者/Viridian Lorebearers》を展開したことで2/2のままの《スリス》を黙らせることに成功。それでは軸をずらしての攻撃を、と《大笑いのインプ/Cackling Imp》をOsypは召喚してきたのだが、ここでもタイムリーに《テル=ジラードの射手/Tel-Jilad Archers》を呼び出す森田。

6ターン目にLededowiczは《バンシーの刃/Banshee's Blade》をプレイし、その返すターンに森田はとうとう《忘却石/Oblivion Stone》を設置した。7ターン目にOsypは《バンシーの刃》にカウンターを置くべく《スリス》にこれをまとわせてアタック宣言。すんなりと《射手》がこれを受け止めることで戦闘が終了し、森田は続くターンに3/3の《ヴィリジアンの知恵者/Viridian Lorebearers》に《忘却石/Oblivion Stone》の運命カウンターをのせた。

森田はマナ域が《召喚基地/Summoning Station》の設置できる7マナに到達するまでのらりくらりと場を膠着させ、機を見て盤面を一掃。満を持して《基地》設置した。もっとも、《忘却石/Oblivion Stone》を出されていたOsypはもちろんハンドに数体のクリーチャーを抱えていたわけなのだが、稼動し始めた《基地》と森田のハンドの《残忍な突進/Ferocious Charge》とがすべての問題を解決してしまうのだった。

森田2-0 Lebedowicz

一方その頃、隣では藤田修が三本目のマッチを戦っており、局面としては《剃刀毛のマスティコア/Razormane Masticore》の維持コストを支払っているところだった。ここまでに都合4体のクリーチャーを葬った《マスティコア》もとうとう《錆の雨/Rain of Rust》で除去されてしまうことになったが…やはり稼ぎ出したアドバンテージはあまりにも大きい。

結局、《ヴァルショクの魔術師/Vulshok Sorcerer》と《ニューロックの神童/Neurok Prodigy》とがあっさりとゲームを決定付けたのだった。

Final Results:T.O.L=N.oka wins

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る