Live Coverage of 2004 Pro Tour Seattle

更新日 Event Coverage on 2004年 7月 10日

By 森 慶太

S.A.I.
Player A:志村 一郎 UB
Player B:射場本 正巳 RG
Player C:有田 隆一 WR

:B
Player A:Timothy Aten BR
Player B:Gadiel Szleifer UB
Player C:John Pelcak GW

全世界唯一の全勝チームでありながら、実は日曜日に帰国する手はずで航空券の予約をしてしまっているS.A.I.。そんなわけだから、このラウンドをふくめてあと2つ白星をあげることがかなった場合、彼らは急ぎ足で旅行代理店に掛け合わなければならないのだ。

ここで対するは、:B。そう、顔文字をチーム名にしているアメリカの若手三人組だ。

この「:B」というのは「:D」とかと同じ類のものだそうだ。つまり我々日本人が(^^)とタイプするのと同じような感覚だそうで、こちらではチャットなどでよく見かけるものだそうだ。

ちなみに、その:BのTimothy AtenはStarcityGames.Comでリミテッドに関するなかなか鋭い記事を書いている若手(以上BDM談)だそうで、Gadiel Szleiferは今シーズンここまで10点のプロポイントを稼ぎ出してきた新人王候補だ。
Matchup B:射場本(赤緑) vs. Szleifer(青黒)

ドラフティングにおける司令塔である射場本のマッチアップを見てみよう。
射場本は火力満載の赤緑ビートダウンで、対するSzleiferは青黒の完成度が高い親和アーキタイプ。

一本目では射場本が序盤に《ゴブリンの喧嘩屋/Goblin Brawler》連続召喚という仕掛けでスタートしたのだが、そこに皮肉にも突き刺さる《残響する衰微/Echoing Decay》。

勢いを殺されてしまったところに、悪いもので射場本はマナトラブル。そこにSzleifer設置した《氷の干渉器/Icy Manipulator》が場を完全にコントロールし、そこから数ターン後には《クムラックス/Qumulox》によるビートダウンへと繋がってしまったのだった。

二戦目こそは、という思いもむなしくマリガンスタートのしゃば。悪いことは続くもので、新人王候補であるSzleiferは…若さをそのまま勢いに反映させたような素晴らしいドローをここで連発していった。

T1:《電結の働き手/Arcbound Worker
T2:《電結のとげ刺し/Arcbound Stinger
T3:《屍賊の殴打者/Nim Lasher

ここでのフルアタックに対して射場本はこのゲームで最初に展開できたパーマネントである《四足マイア/Myr Quadropod》での《屍賊の殴打者/Nim Lasher》ブロック宣言。そして、ここでキッチリ《チス=ゴリアの鱗/Scale of Chiss-Goria》をもっているのが今のSzleiferなのだ。

さらにこの《屍賊の殴打者/Nim Lasher》には《癒し手の頭飾り/Healer's Headdress》が装備され、挙句の果てに《クムラックス/Qumulox》がすばやく光臨。最後の抵抗のつもりでキャストした《火の玉/Fireball》でさえ…《卑下/Condescend》されてしまうのだった。

かくて、マリガンスタートの上に事故気味だった射場本は「ごめん、あと頼む」と僚友たちに告げることになってしまった。

Szleifer 2-0 射場本

Matchup C:有田(赤白) vs. Pelcak(緑白)

Joiner Adept

射場本が敗れてしまった頃、ちょうど有田隆一は1勝1敗というスコアで3本目のマッチアップに望むところだった。

3本目の試合は後手Pelcakが《社交の達人/Joiner Adept》を2ターン目に召還することから開幕し、先手有田は3ターン目に《クラーク族の火焚き/Krark-Clan Stoker》を、Pelcakは《テル=ジラードの狼/Tel-Jilad Wolf》とかえしてきた。

ここで有田が《火焚き》でアタック宣言すると本体にスルーされ、戦闘終了後に《うろつく空狩人/Skyhunter Prowler》展開。他方Pelcakの4ターン目は《テル=ジラードの先導/Tel-Jilad Outrider》召喚のみ。

有田は1/3《空狩人》と2/2《火焚き》でアタック宣言。《火焚き》は《テル=ジラードの狼》と相打ちとなり、戦闘後に3/3《オーガの爆走者/Ogre Leadfoot》をプレイグラウンドへと追加する有田。彼女連れでのプロツアー参戦だ(…脱線か)。対してPelcakは《捕食スリス/Slith Predator》を召喚してから《社交の達人/Joiner Adept》でアタック宣言。明らかに不審というか思わせぶりな挙動であるわけだが、有田はここで1/3《空狩人》でブロック宣言し、《残忍な突進/Ferocious Charge》を使わせた。

攻勢を緩めない有田は3/3《オーガ》でアタック宣言し、これが3/1《先導》と相打ち。ともかくプレッシャーをかけ続けたい有田はここで《電結の暴れ者/Arcbound Bruiser》を召喚した。すると、ここでPelcakのブロッカーのほうが先につきてしまう。

そう、ボクシングでいうならインファイト、呼吸を止めて連打での殴り合いにPelcakは先に音をあげたのだ。対照的に《黄鉄の呪文爆弾/Pyrite Spellbomb》、《四足マイア/Myr Quadropod》と後続を引き当てられた有田はここぞとアタックを繰り返す。

なんとかせねば、と《夜明けの反射/Dawn's Reflection》経由で《ワーム皮の鍛冶工/Wurmskin Forger》へとつないでPelcakは反撃を試みたが、有田は場に出たときの効果にスタックしての《黄鉄の呪文爆弾/Pyrite Spellbomb》起動で挽回を許さない。さらに、ここで一気に勝負を決めるべく…有田は《静電気の稲妻/Electrostatic Bolt》を3/2となった《社交の達人/Joiner Adept》に叩き込み、ビートダウンを完遂したのだった。

有田 2-1 Pelcak

Matchup C:志村 vs. Aten

チーム戦績が1-1というタイに。

そんなわけで、千両役者登場。あきらかにこのチームで主役キャラとなりつつある志村一郎とTim Atenの3戦目が勝敗を分かつことになったのだった。

実はAtenは2枚の《溶鉱炉の脈動/Pulse of the Forge》をフューチャーしたモンスターデッキなのだが、志村も親和システムをキッチリ機能させてなんとか星を1-1としているという状況だ。

有田が素晴らしいビートダウンを果たしてくれた頃、志村は3本目の真っ最中で、2体の《水銀のビヒモス/Quicksilver Behemoth》展開から攻勢にでているところだった。なんとかクリーチャーの頭数をそろえたことでAtenも総崩れにはならなかったが、《鉄ムカデ/Ferropede》だけはどうにもならない様子だ。

しかし、《溶鉱炉の脈動/Pulse of the Forge》が2枚入っているAtenのデッキだから、ライフレースはいついかなるときにひっくり返ってしまうやもしれぬ状態だ。双方がこれまた1点クロックである《大笑いのインプ/Cackling Imp》を場に追加し、状況はさらに緊迫する。

とうとうAtenは《溶鉱炉の脈動/Pulse of the Forge》を引き当て、これによるライフレース大逆転を試みた。しかし、"イチロー"はきっちりとここで《卑下/Condescend》を引き当ててこれに備えていたのだった。もちろん、どうにかなるカードはこれ一枚しかデッキにはいっていない。

お見事!

志村 2-1 Aten

Final Results:S.A.I 2-1 :B

かくて、あれよあれよと8連勝。

もちろんスイス式予選ラウンドはあわせて11回戦であるわけで、もはや…予感は確信へとかわりつつある。

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る