Live Coverage of 2005 Pro Tour Nagoya

更新日 Event Coverage on 2005年 1月 27日

By Isamu Fujieda

グランプリ・大阪では惜しくも準優勝となった"ラストエンペラー"岡本 尋だが、プロツアー・シアトルから続く好調の波に乗れているようで非常に頼もしい。

それに対するは、アメリカで行われた2度のグランプリ(オークランドとアナハイム)ベスト8に入っている Rietzl Paul

Uyo, Silent Prophet

デッキ相性的には岡本の持っている7体の空民軍団(《沈黙の預言者、ウヨウ/Uyo, Silent Prophet》含む)対 Rietzlの《兜蛾/Kabuto Moth》3体に《黄昏の守護者、秘加理/Hikari, Twilight Guardian》という豪華対戦。

Rietzlの方には更に《義理に縛られし者、長雄/Nagao, Bound by Honor》とウィニークリーチャーという構成になっているために、かなりRietzl有利となっている。

はたして岡本がデッキの劣勢を覆し勝利出来るか? 期待したい。

Game 1

Rietzlの4ターン目までは《かまどの神/Hearth Kami》《悪忌の石炭投げ/Akki Coalflinger》(《手の檻/Cage of Hands》を付けられる)《空民の鏡守り/Soratami Mirror-Guard》と展開していた岡本有利だったが、 Rietzl の場に《義理に縛られし者、長雄/Nagao, Bound by Honor》が出たために状況が一変する。

地上の攻撃が止まり、岡本の手札を見てみると、土地が3枚に《粗暴な詐欺師/Brutal Deceiver》しかない状況。しかも Rietzl は次のターンから既に場に出ていた《献身的な家来/Devoted Retainer》と共にアタックしてくるのが予想できるので、長引けば不利と読んだ岡本。少考の結果《空民の鏡守り/Soratami Mirror-Guard》の効果で《かまどの神/Hearth Kami》をブロックされない状態にしてアタックするプランで攻めることにした。(《粗暴な詐欺師/Brutal Deceiver》を出してエンド)

次ターン Rietzl の行動はまず《献身的な家来/Devoted Retainer》と《義理に縛られし者、長雄/Nagao, Bound by Honor》でアタックして《火の咆哮の神/Kami of Fire's Roar》を出して終了。この時点で岡本ライフ12 vs. Rietzl 13。

このまま何も無ければ1ターン差で勝利となる岡本だが、何か追加の攻め手が欲しいところでドロー《沈黙の預言者、ウヨウ/Uyo, Silent Prophet》。カード自体は強力で、嬉しいのだが、前のターン土地を戻し攻めている岡本のプランにかみ合ってない。

相手のブロッカーが《火の咆哮の神/Kami of Fire's Roar》だけなので、《空民の鏡守り/Soratami Mirror-Guard》と《粗暴な詐欺師/Brutal Deceiver》でアタック。ライブラリーのトップが土地のために6点与えてターンエンド。

岡本の盤面で既に7点が見えているために、慎重に考える Rietzl。結果前のターンと同じコンビでアタックして、これを岡本がスルー。《悪忌の石炭投げ/Akki Coalflinger》についていた《手の檻/Cage of Hands》を《空民の鏡守り/Soratami Mirror-Guard》に付け替えて、《献身的な家来/Devoted Retainer》を追加してターンエンド。

場には6マナ、アタッカーはどう足しても6点しかない岡本は、しかたなく《沈黙の預言者、ウヨウ/Uyo, Silent Prophet》を場に出してターンエンド。次のターンさえくれば勝てるのだが、次ターン Rietzl がキャストしたスペルは無常にも《怒りの狂乱/Blind with Anger》。

……岡本の《粗暴な詐欺師/Brutal Deceiver》を奪い、《沈黙の預言者、ウヨウ/Uyo, Silent Prophet》をブロックできなくしてフルアタック。何をどうブロックしても6点通ってしまうため、タイトなクリーチャーでの殴り合いとなった1本目を Rietzl が先取することに。

岡本 1 – 0 Rietzl

Game 2

Cage of Hands

どうにか1本取り返したい岡本だが、 Rietzl の展開が凄すぎた。

2ターン目から《古の法の神/Kami of Ancient Law》を出して、次のターンには岡本の《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》に《手の檻/Cage of Hands》をつけてアタック。《灯籠の神/Lantern Kami》を出してターンエンド。

岡本もブロッカーとして《ねじれた鏡映の神/Kami of Twisted Reflection》《かまどの神/Hearth Kami》と出すが、 Rietzl の出すクリーチャーは《黄昏の守護者、秘加理/Hikari, Twilight Guardian》《無垢の神/Innocence Kami》《義理に縛られし者、長雄/Nagao, Bound by Honor》……。

カードパワーにいくらなんでも差がありすぎで、岡本無念のストレート負け。

Final Results : Paul Rietzl Win

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る