Live Coverage of 2005 Pro Tour Nagoya

更新日 Event Coverage on 2005年 1月 28日

By Isamu Fujieda

ここまで2度のドラフトをともに赤緑で5-1の成績を残して2日目進出となった黒田。いつも黒田は緑か赤のデッキを使っての上位入賞が多いのだが、恐らく、本人のプレイングと完全にマッチしているからだろう。

Pro Tour Kobe Champion, Masashiro Kuroda

自分のプレイとマッチするデッキを使い、調子を上げてきている黒田だがこの 3rd ドラフトでは「異常とも言える濃さ」にさすがに苦労することだろう。なにせ本人も含めてプロツアー優勝経験者が4人。1番卓以上の濃い面子が集まってしまったのだ!

1. Lebedowicz Osyp プロツアー・大阪ベスト8、プロツアー・ヴェニス優勝。英語版カバレッジの解説でもお馴染み。
2. Carlsson Simon
3. Remie Jeroen プロツアー・シアトル優勝、その他のプロツアーでもベスト8 2回。8番席のWiegersmaとはチーム同士。
4. 坂上靖久
5. Johannsen Dennis
6. Harkonen Jarno
7. 黒田正城 マスターズ・ヴェニス優勝、プロツアー・神戸優勝、グランプリ優勝2回。
8. Wiegersma Jelger プロツアー・シアトル優勝、プロツアー・ニューオリンズ3位、グランプリベスト8 7回。

4人が4人ともプロツアークラスの大会でベスト8以上が2回以上という濃さ。なかでも黒田から始まる7番、8番、1番の並びは超豪華で面白いドラフトが期待できる。
3回目のドラフトも黒田は赤緑になるのか? 期待して見て行きたい。

Drafting

黒田は1パック目から7手目にかかわらず、《狐の易者/Kitsune Diviner》《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》となかなかのスタートで、次の2パック目も《亡霊の牢獄/Ghostly Prison》《百爪の神/Hundred-Talon Kami》と真っ白。

その上3パック目すら《亡霊の牢獄/Ghostly Prison》《狐の易者/Kitsune Diviner》となかなかのガッチリとした白が序盤から揃いつつあった。

だが、4パック目に悩ましいピックが訪れる。それまでWigersmaがずっと赤黒を主張していて、2つ上のJohannsenも黒を主張しているところに《百爪の神/Hundred-Talon Kami》と《霊魂の奪取/Rend Spirit》という2択。

ここはそれまで卓に青が1人だったので、《百爪の神/Hundred-Talon Kami》を取って青を待つのかと思われた。だが黒田は《霊魂の奪取/Rend Spirit》を選択。

あとで理由を聞いたところ、「下のWiegersmaの赤黒と被るのはロチェスター状仕方ないと踏んでの選択だった」らしい。

その後の5パック目でも《悪逆な大峨/Villainous Ogre》を取って2色目の候補として苦しいが黒を選択するようだ。

その後は《不退転の意志/Indomitable Will》《狐の刃遣い/Kitsune Blademaster》と取って終了。

7パック目の《狐の刃遣い/Kitsune Blademaster》の際に《汚れ/Befoul》との2択だったが、その後の移行も考えて《狐の刃遣い/Kitsune Blademaster》を選択した。

-主なピックカード-
《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top
2《狐の易者/Kitsune Diviner
2《亡霊の牢獄/Ghostly Prison
《百爪の神/Hundred-Talon Kami
《霊魂の奪取/Rend Spirit
《悪逆な大峨/Villainous Ogre
《不退転の意志/Indomitable Will
《狐の刃遣い/Kitsune Blademaster
《空民の雨刻み/Soratami Rainshaper

2周目1パック目。Wiegersmaが開封したパックから黒田が選択したのは《川の水神/River Kaijin》。逆回転になったところで色変えを選択したのだ。

ロチェスターの色変えは周りとの兼ね合いもあって非常に難しいのだが、今回は上のHarkonenが緑赤、下のWiegersmaが赤黒。完全に路線決定した後の上に、1周目が終わって1人だったのだから、完璧なタイミングだったと言える。

その後は、7手目《伝承の語り部/Teller of Tales》や8手目、9手目に《嵐の種父/Sire of the Storm》《浮き夢のずべら/Floating-Dream Zubera》と美味しいピックが続いて、色変えは完全に成功したと言っていいだろう。

-主なピックカード-
《川の水神/River Kaijin
《兜蛾/Kabuto Moth
《狐の易者/Kitsune Diviner
《伝承の語り部/Teller of Tales
2《浮き夢のずべら/Floating-Dream Zubera
《嵐の種父/Sire of the Storm
《空民の雨刻み/Soratami Rainshaper
《空民の学者/Soratami Savant

順調に色変えが出来た黒田だったが、3順目は順風満帆とはいかない。ピックこそ3周目1パック目に7手目《蝋燭の輝き/Candles' Glow》など、中々のピックが続くのだが、周りでは坂上が3枚の《氷河の光線/Glacial Ray》、Carlssonが4枚の《霧中の到達/Reach Through Mists》に《氷河の光線/Glacial Ray》と赤青本殿…と強力なデッキが揃い踏みといった感じである。協調の成果か。

そのため《消耗の渦/Consuming Vortex》よりも、《砂の逆流/Reverse the Sands》をとってしっかりとゲームをひっくり返せる用意もできた。

つまり、ほぼ完璧といっていいドラフトをした黒田。3回目の赤緑とはいけなかったが、しっかり勝てるデッキを組み上げた彼に期待したい。

-主なピックカード-
《蝋燭の輝き/Candles' Glow
《川の水神/River Kaijin
《過酷な詐欺師/Harsh Deceiver
《浮き夢のずべら/Floating-Dream Zubera
《祝福の息吹/Blessed Breath
《薄青幕の侍/Samurai of the Pale Curtain
《消耗の渦/Consuming Vortex
《砂の逆流/Reverse the Sands
《密の反抗/Hisoka's Defiance

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る