Live Coverage of 2005 Pro Tour Nagoya

更新日 Event Coverage on 2005年 1月 28日

By Kenji Matsui

「正直ラッキーでした」と塩津。

試合開始前に 6 連勝した事について聞いてみたが、 0 - 3 するだろうなと思ったデッキで、運良く相手がマリガン続きだったと言う事で、セカンドドラフトを 3 - 0 で抜けた、と謙遜する。

塩津 龍馬は初日全勝をかけて戦う

マジックは勿論、練習量やデッキの相性などもあり、簡単には勝たせて貰えないゲームなのだが、運も重要なファクターである事は間違いない。まさに"今日の人"的なオーラを持つ塩津だが、相手も 6 勝で駆け上がって来た Chan 。

では本日最終戦、初日全勝の称号を手に入れるのはどちらか。

Game 1

先手塩津が 2 ターン目に《大蛇の野伏/Orochi Ranger》を出せば、返す Chan は《浮き夢のずべら/Floating-Dream Zubera》をブロッカーとして用意。

続いて Chan 、《ねじれた鏡映の神/Kami of Twisted Reflection》、《空民の鏡守り/Soratami Mirror-Guard》と並べて応戦するが、塩津は《大蛇の支援者/Orochi Sustainer》から《せし郎の娘、さ千/Sachi, Daughter of Seshiro》を続けて出し、次ターンには《清められし者、せし郎/Seshiro the Anointed》と出しては攻撃を開始。

《せし郎の娘、さ千》こそは《ねじれた鏡映の神》と《空民の鏡守り》のダブルブロックによってやられてしまうしが、早い段階でこの状況を作り上げられた Chan はひとたまりもない。

戦闘中に《清められし者、せし郎》《消耗の渦/Consuming Vortex》などでバウンスしたり、ブロック用のクリーチャーを展開してみるも、塩津の手にあまりある除去によって退けられ、防御ライン完全に崩された Chan はなす術なく 1 本目を落とす。

Chan 0 - 1 塩津

Game 2

変わって先手は Chan 。

3 ターン目からの《浪人の犬師》突撃など元気の良い所を見せるが、それに続くは 2 枚の《無神経な詐欺師/Callous Deceiver》とトーンダウン気味。

対する塩津はマイペースに展開。

《大蛇の葉詠み/Orochi Leafcaller》、《大蛇の支援者》、《松族のおとり》とパンチ力たらずだがまずまずの出だし。

と、ここで Chan が自ターンに少し考え始める。

ここで《清められし者、せし郎/Seshiro the Anointed》を出させれてはひとたまりもないのだろうか、しぶしぶ《氷河の光線/Glacial Ray》を塩津の《大蛇の支援者/Orochi Sustainer》へ打ち込む。

その間、塩津は《松族のおとり》の能力を使いながらゆうゆうと攻撃を繰り返していたのだが、如何せんカードのパワーが低すぎる。

土地を引き続け、追加で出せたのは《大蛇の野伏》。やはり Chan の《浪人の犬師/Ronin Houndmaster》には勝てないようで、塩津の攻撃の手が止まる。そうなると、次は Chan が攻勢へと移っていく。

Chanは《無神経な詐欺師》でライブラリの上を確認しつつ、これを 2/4 飛行へと姿を変えて、2 体で攻撃を開始。序盤に少し攻めていたぶんのダメージがここで効いてくる。

このままでは殴りきられてしまう塩津陣営。場には小さなクリーチャーと大量の土地。スペルっぽく持つ 3 枚の手札も土地・土地・土地と、お得意のポーカーフェイスで涼しい顔をしているが、心の中は火の車であろう。

ここで、デッキに 2 枚入っている《清められし者、せし郎》を引き当てて、いきなり攻撃に転ずるか、せめて除去を引かせてくれとドローすると・・・ここにきて、さらに土地をドローする塩津。
 
なぜか攻めてこない塩津を不審ながらも、 Chan は繰り返し《無神経な詐欺師》で攻撃を繰り返す。実は何も出来ないだけの塩津のライフは、間もなく0 を割った。

Chan 1 - 1 塩津

Game 3

再び先手は塩津。

1 ターン目早々から《自然との融和/Commune with Nature》を打っては《清められし者、せし郎》を手に入れ、そのままマナカーブに沿って、《大蛇の野伏》、《大蛇の卵張り/Orochi Eggwatcher》、《樫族の肉裂き/Kashi-Tribe Reaver》と流れるように展開する。

Chan も黙ってみているわけもなく、《浪人の犬師》、《空民の鏡守り》、《ねじれた鏡映の神》と展開するも、塩津はピンポイントで《空民の鏡守り》に《汚れ/Befoul》を打ち込み、あとは殴り合い上等と攻め引きを繰り返す。

《大蛇の卵張り》でトークンを産み、どうやらバウンスでしか対処できない様子の Chan に、マナフルタップで《清められし者、せし郎》を展開。塩津のつっこんだ《樫族の肉裂き》が返り討ちに会う場面も見られたりはした。が、ただただ、防戦一方へと追い込まれる Chan は、ライフを守るためにどんどんアドバンテージを失い、万策尽きると、 Chan は右手を差し出して投了の意思を表示した。

Final Results : Chan 1 - 2 塩津

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る