Live Coverage of 2005 Pro Tour Nagoya

更新日 Event Coverage on 2005年 1月 28日

By Isamu Fujieda

地元・名古屋の強豪、グランプリベスト8も2回経験している塩津 龍馬。3rdドラフトの1戦目を終え、現在首位に立っている。そして、Opponent Match % で2位にいるAnton Jonssonとの対戦で2日目スタートとなった。

名古屋の雄、初日全勝の塩津 龍馬

Anton Jonssonに関してはもう語るまでもないが、プロツアー・ベスト8に3回入賞を始め、数々のグランプリベスト8も経験している。

開始前にAntonのデッキを見せてもらったところ、若干重いが非常に強力な黒白で組まれており、塩津本人が1-2程度と語った黒緑ではかなりきついか?

だが、序盤の《大蛇の支援者/Orochi Sustainer》や《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》から《せし郎の娘、さ千/Sachi, Daughter of Seshiro》《大蛇の卵張り/Orochi Eggwatcher》につなぎ、最後は《清められし者、せし郎/Seshiro the Anointed》を出す流れは非常に強力で、周れば勝てると思われる。

唯一の全勝を決める戦いとなったラウンド8。塩津には是非とも強敵Anton Jonssonを倒して首位を快走して欲しいところだ。

Game 1

塩津の初手は《大蛇の野伏/Orochi Ranger》、《肉体の奪取/Rend Flesh》2枚、《霊魂の奪取/Rend Spirit》、《蛇の皮/Serpent Skin》に《沼》《森》と文句のつけようがないオープンハンドとなった。

それに対してAntonはマリガンスタートになり、塩津1本先取かと思われた。

だが、マジックとは難しいものである。15/33と約46%という確立で引けるはずの土地(しかも毎ターン確立は上がっている)が7ターン目まで1枚も引けない……。《大蛇の支援者/Orochi Sustainer》や《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》まで含めると2回に1回は土地のはずなのだが、ただの1枚たりとも引かずに7ターンが過ぎる。

その間にAntonが展開して勝った…・・・と書ければ簡単だったのだが、こちらも3枚で6ターン目までストップ! 《大蛇の野伏/Orochi Ranger》は《古の法の神/Kami of Ancient Law》で殺せたが、手札が《義理に縛られし者、長雄/Nagao, Bound by Honor》《忌まわしい笑い/Hideous Laughter》《食い込む疫病/Swallowing Plague》《霊魂の奪取/Rend Spirit》と高カロリーなのだが全く使えないでいる。

3ターンほど場にあるパーマネントがAntonの出した《狐の易者/Kitsune Diviner》だけという状況が続いた。

先に土地を引いたのはAnton。4枚目の土地を引いて《義理に縛られし者、長雄/Nagao, Bound by Honor》を出しターンエンド。だがこのままでは負けられない塩津も《森》を引いてすかさず《肉体の奪取/Rend Flesh》を《義理に縛られし者、長雄/Nagao, Bound by Honor》に叩き込む。

またしても殴れるクリーチャーが1体も場にいない状態になって、Antonのドローが《汚れ/Befoul》! 《沼》を叩き壊してターンエンド。

筆者的にはここまで土地を引けなかったために、次から土地を引き続けて塩津の手札にあるクリーチャーが展開されると予想。なので《汚れ/Befoul》を温存するかと思ったがAntonの読みは違ったようだ。

そしてAntonの読みがずばり的中。今度は3ターンほど土地を全く引けない塩津……。《沼》さえすぐ引ければ、その後出てきた《内臓捻りの鬼/Gutwrencher Oni》も対処できたのだが……。

引けた時には時既に遅く、《忌まわしい笑い/Hideous Laughter》や《食い込む疫病/Swallowing Plague》といった豪華なアップキープコストを払われた《内臓捻りの鬼/Gutwrencher Oni》に10点削られた塩津。

その後出てきた後続もなんとか除去していくのだが、結局Antonのクリーチャー数が勝り敗北。両者ともに事故で、どちらに転ぶかわからなかった試合だけに落としたのは痛い。

塩津 0 – 1 Anton

Game 2

2本目の初手は先ほどと同じようなオープンハンド(土地2枚に2マナ呪文が2枚)で、若干迷うがマリガンを選択。上の数枚をみていたらしっかりと土地を引けていたために、痛いマリガンとなってしまう。

Antonの方は平地こそないが、《義理に縛られし者、長雄/Nagao, Bound by Honor》や《霊魂の奪取/Rend Spirit》などの呪文に土地が3枚となっており、勿論キープ。

《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》スタートの塩津が、3ターン目《聖鐘の僧団/Order of the Sacred Bell》と展開できるかと思ったが、Antonの2ターン目ドローがなんと《困窮/Distress》で《聖鐘の僧団/Order of the Sacred Bell》を抜かれてちょっとプランが崩れた塩津。

《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》を生贄に捧げて《せし郎の娘、さ千/Sachi, Daughter of Seshiro》を出すか、普通に《大蛇の卵張り/Orochi Eggwatcher》を出すかの選択で後者を選択した。

世界三大ドラフターの一人、アントン・ヤンスン

Antonがこのまま《平地》を引かなければ何も展開出来ずに塩津勝利となったのだが、勿論そんなことは無く、Antonは4ターン目に《義理に縛られし者、長雄/Nagao, Bound by Honor》を出してターンエンド。

塩津も《せし郎の娘、さ千/Sachi, Daughter of Seshiro》を出して《清められし者、せし郎/Seshiro the Anointed》への道は出来たのだが、引けども引けども今度は土地ばかり……。

逆に《百爪の神/Hundred-Talon Kami》を2枚立て続けに引いて展開するAnton。除去さえされなければ、10体並んで~の勝利パターンもあるのだが、勿論Antonのトップは《汚れ/Befoul》。

それでも既に5体の1/1蛇が場に出ているために、《清められし者、せし郎/Seshiro the Anointed》さえ引ければ……と渾身のドローをする塩津だったが、やはりそこにあるのは土地だったのだ。

Final Results : Anton Jonsson Win

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る