Live Coverage of 2005 Pro Tour Nagoya

更新日 Event Coverage on 2005年 1月 29日

By Yusuke Yoshikawa

日曜日を目指しての大事な戦いとなる第4ドラフト。その栄えある1番ポッドには、なんと5名もの日本勢が集まった。全体的なドラフトの流れを見ていただきたい。

着席順

1. 黒田正城
2. Anton Jonsson
3. Tiago Chan
4. 熱田直央
5. Terry Han Chuen Soh
6. 小室修
7. 猪野健太郎
8. 塩津龍馬

Pack 1
戦前から「黒をやってないし、やってみたい」と言っていた黒田が《汚れ/Befoul》スタート。Jonssonが《狐の裂け目歩き/Kitsune Riftwalker》、Chanが《木霊の手の内/Kodama's Reach》、熱田が《残酷な詐欺師/Cruel Deceiver》、Sohが《古石の神/Kami of Old Stone》、小室が《骨齧り/Marrow-Gnawer》、猪野が《蔦の神/Vine Kami》、8番席の塩津が《灯籠の神/Lantern Kami》《ねじれた鏡映の神/Kami of Twisted Reflection》と隊形が大方決定。小室は返しで《摩滅/Wear Away》で緑黒への渡りを。

Pack 2
Jonssonは《怒りの狂乱/Blind with Anger》で赤に参入。Chanが《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》、熱田《つぶやく神/Gibbering Kami》、Soh《虚飾の道の神/Kami of the Painted Road》、小室《苔の神/Moss Kami》、猪野《無垢の神/Innocence Kami》、塩津《秘教の抑制/Mystic Restraints》、黒田《生網の本殿/Honden of Life's Web》《引き込み/Pull Under》。

Pack 3
Chanの初手は《木霊の力/Kodama's Might》で緑にまっすぐ。熱田《武野の大小、正守/Oathkeeper, Takeno's Daisho》、Soh《兜蛾/Kabuto Moth》、小室《伝承の語り部/Teller of Tales》、猪野《返礼/Reciprocate》、塩津《かまどの神/Hearth Kami》で青赤の可能性。黒田《鼠の浪人/Nezumi Ronin》返しで《蛇の皮/Serpent Skin》、Jonsson《霧中の到達/Reach Through Mists》《敬虔な狐/Pious Kitsune》。

Pack 4
既に上の緑が相当濃いが、熱田は《せし郎の息子、そう介/Sosuke, Son of Seshiro》で攻めのピック。Soh《引き込み/Pull Under》で黒に興味。小室《聖鐘の僧団/Order of the Sacred Bell》、猪野《松族のおとり/Matsu-Tribe Decoy》でここも緑が衝突の様相。塩津《空民の鏡守り/Soratami Mirror-Guard》、黒田《目覚めの悪夢/Waking Nightmare》、Jonsson《川の水神/River Kaijin》、Chan《花の神/Hana Kami》《魂無き蘇生/Soulless Revival》。

Pack 5
ここで《曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror》が登場、そのままSohの手に。小室はこれまた強力な《忌まわしい笑い/Hideous Laughter》、猪野《蛾乗りの侍/Mothrider Samurai》、塩津《山伏の炎/Yamabushi's Flame》、黒田《貪る強欲/Devouring Greed》、Jonsson《空民の鏡守り/Soratami Mirror-Guard》《川の水神/River Kaijin》、Chan《寄せ餌/Lure》、熱田《貪る憤怒/Devouring Rage》《半弓/Hankyu》。

Pack 6
《汚れ/Befoul》が2枚入っているパックが出現し、ちょっとしたどよめきが。小室はどちらも取らず《飢えたるもの、卑堕硫/He Who Hungers》、猪野が《樫族の肉裂き/Kashi-Tribe Reaver》。塩津は《空民の鏡守り/Soratami Mirror-Guard》、黒田が《汚れ/Befoul》、Jonsson《浮き夢のずべら/Floating-Dream Zubera》、Chan《残忍な詐欺師/Feral Deceiver》、熱田がもう1枚の《汚れ/Befoul》《溶岩の撃ち込み/Lava Spike》、Sohは《洞察力の花弁/Petals of Insight》。

Pack 7
猪野は迷って《今田家の猟犬、勇丸/Isamaru, Hound of Konda》を選んだが、《兜蛾/Kabuto Moth》が同梱されており、周囲に困惑の色が。これは塩津が確保し、以下黒田《汚れ/Befoul》、Jonsson《風見の本殿/Honden of Seeing Winds》、Chan《血の儀式/Blood Rites》、熱田《鼠の浪人/Nezumi Ronin》、Soh《不退転の意志/Indomitable Will》、小室《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》《謙虚な武道家/Humble Budoka》。

Pack 8
青を決めたが2色目がまだである塩津は《山伏の炎/Yamabushi's Flame》を選択。続いて黒田《残酷な詐欺師/Cruel Deceiver》、Jonsson《手の檻/Cage of Hands》、Chan《武道家の庭師/Budoka Gardener》、熱田《鼠の骨読み/Nezumi Bone-Reader》、Soh《宮殿の野の神/Kami of the Palace Fields》《未達の目/Eye of Nowhere》、小室《大蛇の野伏/Orochi Ranger》《松の頂の峰/Pinecrest Ridge》、猪野《灯籠の神/Lantern Kami》《溶岩の撃ち込み/Lava Spike》。

左から小室、猪野、塩津

Pack 9
塩津は《嵐の種父/Sire of the Storm》で青路線続行。猪野は《鼠の短牙/Nezumi Shortfang》に手を出す。小室は怪訝な顔をしながら《霊魂の奪取/Rend Spirit》、以下Soh《狐の刃遣い/Kitsune Blademaster》、熱田《火の咆哮の神/Kami of Fire's Roar》、Chan《山崎兄弟/Brothers Yamazaki》、Jonssonは《浮き夢のずべら/Floating-Dream Zubera》《来世への旅/Otherworldly Journey》、黒田《呪われた浪人/Cursed Ronin》。

Pack 10
猪野は《狐の刃遣い/Kitsune Blademaster》。小室《霊魂の奪取/Rend Spirit》で黒を堅持、Soh《百爪の神/Hundred-Talon Kami》、熱田《悪逆な大峨/Villainous Ogre》、Chan《大蛇の支援者/Orochi Sustainer》、Jonsson《川の水神/River Kaijin》、黒田《木霊の手の内/Kodama's Reach》、塩津《来世への旅/Otherworldly Journey》で白への渡りも。

Pack 11
小室は《汚れ/Befoul》で変わりなく。Chan《空民の鏡守り/Soratami Mirror-Guard》、熱田《怒りの狂乱/Blind with Anger》、Chan《残忍な詐欺師/Feral Deceiver》、Jonssonは《深遠の覗き見/Peer Through Depths》で秘儀連繋デッキへの志向を見せる。黒田《木霊の手の内/Kodama's Reach》、塩津《無神経な詐欺師/Callous Deceiver》《灯籠の神/Lantern Kami》、猪野《自然との融和/Commune with Nature》《呪われた浪人/Cursed Ronin》。

Pack 12
Sohは安定した白青を組めている。ここも《手の檻/Cage of Hands》で安定。熱田《鼠の殺し屋/Nezumi Cutthroat》、Chan《野太刀/No-Dachi》、Jonsson《古の法の神/Kami of Ancient Law》、黒田《欠け月の神/Kami of the Waning Moon》《深夜の誓約/Midnight Covenant》、塩津《空民の予見者/Soratami Seer》、猪野《大蛇の野伏/Orochi Ranger》、小室《生相の否命/Iname, Life Aspect》《霜投げ/Frostwielder》。

Pack 13
熱田は結局黒赤へ進み《霜投げ/Frostwielder》。Chan《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》、Jonsson《秘教の抑制/Mystic Restraints》、黒田《つぶやく神/Gibbering Kami》、塩津《虚飾の道の神/Kami of the Painted Road》、猪野《困窮/Distress》、小室《大蛇の葉詠み/Orochi Leafcaller》《横殴り/Sideswipe》、Soh《ねじれた鏡映の神/Kami of Twisted Reflection》《密の反抗/Hisoka's Defiance》。

Pack 14
一貫して緑のChanは《狩猟の神/Kami of the Hunt》。Jonssonは《深遠の覗き見/Peer Through Depths》という興味深い選択、黒田《肉体の奪取/Rend Flesh》、塩津《狐の易者/Kitsune Diviner》《空民の助言/Counsel of the Soratami》、猪野《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》《困窮/Distress》、小室《よだれ舌のずべら/Dripping-Tongue Zubera》《残忍な詐欺師/Feral Deceiver》、Soh《侍の御大将、武野/Takeno, Samurai General》《霜剣山の暴れ者/Sokenzan Bruiser》、熱田《残酷な詐欺師/Cruel Deceiver》《血の信徒/Initiate of Blood》。

Pack 15
Jonssonはここで大量の秘儀を活かせる《地揺すり/Earthshaker》。黒田は《北の樹の木霊/Kodama of the North Tree》を手にする。以下、塩津《無垢の神/Innocence Kami》、猪野《残酷な詐欺師/Cruel Deceiver》、小室《浪人の犬師/Ronin Houndmaster》、Soh《秘教の抑制/Mystic Restraints》《邪魔/Hinder》、熱田《貪る憤怒/Devouring Rage》、Chan《川の水神/River Kaijin》《摩滅/Wear Away》。

Pack 16
黒田は両隣と上手く協調でき、緑黒の安定したデッキができつつある。このパックでは《鼠の殺し屋/Nezumi Cutthroat》。塩津《空民の学者/Soratami Savant》、猪野《木霊の力/Kodama's Might》、小室《欠け月の神/Kami of the Waning Moon》、Soh《呪師の弟子/Jushi Apprentice》、熱田は《無神経な詐欺師/Callous Deceiver》をカット。Chanは《刻みを継ぐもの/Burr Grafter》、Jonssonは《溶岩の撃ち込み/Lava Spike》を取る程度と恵まれなかった。

黒田(左)とJonsson

Pack 17
黒田は少し悩みつつも《鼠の墓荒らし/Nezumi Graverobber》。Jonssonは《秘教の抑制/Mystic Restraints》、Chanが《肉体の奪取/Rend Flesh》(黒田の悩んだもう1枚)。熱田が《血塗られた悪姥/Wicked Akuba》、Sohが《不退転の意志/Indomitable Will》、小室《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》《魂無き蘇生/Soulless Revival》、猪野《残忍な詐欺師/Feral Deceiver》《灰色肌のずべら/Ashen-Skin Zubera》、塩津《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》《沈黙の歌のずべら/Silent-Chant Zubera

Pack 18
Jonssonは誘発祭りということで《嵐の種父/Sire of the Storm》。Chanが《山賊の頭、伍堂/Godo, Bandit Warlord》、熱田《鼠の殺し屋/Nezumi Cutthroat》とぶつかりながらも微妙に言い分を通す。Soh《無垢の神/Innocence Kami》、小室《大蛇の支援者/Orochi Sustainer》、猪野《聖鐘の僧団/Order of the Sacred Bell》、塩津《百爪の神/Hundred-Talon Kami》、黒田《悪逆な大峨/Villainous Ogre》。

Pack 19
Chanは《引き込み/Pull Under》、熱田は《欠け月の神/Kami of the Waning Moon》。ここでもつばぜり合いになってしまった。Sohは難なく《義理に縛られし者、長雄/Nagao, Bound by Honor》を手にし、小室は《聖鐘の僧団/Order of the Sacred Bell》、猪野が《手の檻/Cage of Hands》。塩津は《無神経な詐欺師/Callous Deceiver》、黒田は《大蛇の野伏/Orochi Ranger》を加え、Jonssonは《洞察力の花弁/Petals of Insight》を入手した。

Pack 20
熱田は文句無しの《氷河の光線/Glacial Ray》。Sohは《兜蛾/Kabuto Moth》、小室は《樫族の肉裂き/Kashi-Tribe Reaver》と強力なカードを戦列へ。猪野が《古の法の神/Kami of Ancient Law》、塩津が《空民の雨刻み/Soratami Rainshaper》、黒田は《武道家の庭師/Budoka Gardener》。Jonssonは《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》、Chanは《夜陰の本殿/Honden of Night's Reach》《松族のおとり/Matsu-Tribe Decoy》をラインアップに加えた。

Pack 21
Sohは《手の檻/Cage of Hands》で安定。小室は《火の咆哮の神/Kami of Fire's Roar》、猪野は《浄火の本殿/Honden of Cleansing Fire》、塩津は《伝承の語り部/Teller of Tales》とデッキに加えていく。黒田はカット気味に《山伏の嵐/Yamabushi's Storm》を取り、Jonssonは残っていた《地揺すり/Earthshaker》でデッキの根幹とする。Chanは《尊い蜘蛛/Venerable Kumo》、熱田は《すさまじい痛み/Crushing Pain》を取っておく。Jonssonには返しで《邪魔/Hinder》も加わることに。

Pack 22
ここでまたしても《曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror》が登場。苦しいドラフトが続き、切り札にも欠けていた小室には朗報となった。猪野は《義理に縛られし者、長雄/Nagao, Bound by Honor》を入手。塩津は《山伏の炎/Yamabushi's Flame》で、白青にこれをタッチする形になったようだ。黒田は切り札になりえる《影の舞い/Dance of Shadows》を入手。Jonssonは《空民の鏡守り/Soratami Mirror-Guard》《思考縛り/Thoughtbind》、Chanは《大蛇の支援者/Orochi Sustainer》、熱田は《悪逆な大峨/Villainous Ogre》《抑えきれない怒り/Uncontrollable Anger》、Sohは《百爪の神/Hundred-Talon Kami》。

Pack 23
猪野は《狐の刃遣い/Kitsune Blademaster》を選択。塩津は《風見の本殿/Honden of Seeing Winds》で補給作戦。黒田は《霊魂の奪取/Rend Spirit》、Jonssonは《火の咆哮の神/Kami of Fire's Roar》、Chanは《生相の否命/Iname, Life Aspect》、熱田が《狂気の神/Kami of Lunacy》、Sohは《沈黙の歌のずべら/Silent-Chant Zubera》と《過酷な詐欺師/Harsh Deceiver》、小室が《目覚めの悪夢/Waking Nightmare》と、最終盤にもかかわらず、カットはあまり起きず自軍の補充に努める。

Pack 24
最後の最後になって、《南の樹の木霊/Kodama of the South Tree》が登場。塩津は黒田を見て笑みを浮かべながら…《秘教の抑制/Mystic Restraints》を。黒田は「南北揃い踏み」のデッキを携えて戦いに臨むこととなった。Jonssonは通算何枚目だかわからない《浮き夢のずべら/Floating-Dream Zubera》をピック。Chanは《霜投げ/Frostwielder》、熱田は《燃えさし拳のずべら/Ember-Fist Zubera》をピック。熱田には厳しいドラフトになってしまったようだ。Sohは《内臓捻りの鬼/Gutwrencher Oni》を、小室は《夜陰の本殿/Honden of Night's Reach》をカット気味に。猪野は《大蛇の野伏/Orochi Ranger》《欠け月の神/Kami of the Waning Moon》を加えた。

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る