Live Coverage of 2005 Pro Tour Nagoya

更新日 Event Coverage on 2005年 1月 29日

By Isamu Fujieda

黒田の戦歴は書くと長すぎるので省略。小室は2003年のグランプリ・横浜チャンピオンだが、その後はぱっとせずに一発屋とまで言われたがこのプロツアー・名古屋でようやく遅咲きの花が咲きそうだ。

黒田 正城

2人の相性的にはグランプリ札幌と横浜で対戦しており、小室の2勝だとか。デッキの方も全体的には黒田のデッキが強いのだが、小室のデッキに入っている《忌まわしい笑い/Hideous Laughter》が効きすぎるためにどうなるかわからない。

長い予選ラウンドも残すところあと5回戦。日本人5人が同卓となったために潰しあいとなってしまったが、是非とも頑張って欲しい。

Game 1

1マリガンした小室は少し悩みながらも6枚の初手をキープ。重い部分ばかり引いた手札だったが、2ターン目から《大蛇の支援者/Orochi Sustainer》3ターン目には《聖鐘の僧団/Order of the Sacred Bell》と引きの方が好調。

それに対する黒田も2ターン目から《鼠の墓荒らし/Nezumi Graverobber》《大蛇の野伏/Orochi Ranger》《つぶやく神/Gibbering Kami》と展開して両者譲らずといった感じだ。

更に《欠け月の神/Kami of the Waning Moon》を出して、次ターンには《目覚めの悪夢/Waking Nightmare》を使って黒田の土地と《引き込み/Pull Under》を落とすと《聖鐘の僧団/Order of the Sacred Bell》でアタック。《よだれ舌のずべら/Dripping-Tongue Zubera》を出してターンを返した。

小室の派手な動きで一時的にライフでは押された黒田だったが、《よだれ舌のずべら/Dripping-Tongue Zubera》だけとなった小室に対してフルアタックを敢行。《鼠の墓荒らし/Nezumi Graverobber》が居るためにクリーチャーを墓地に落としたくない小室はこれを全部スルーして一気にライフが8になってしまう。

その際に勿論《目覚めの悪夢/Waking Nightmare》をリムーブして《冒涜する者、夜目/Nighteyes the Desecrator》にすることも忘れない。

そして止めとばかりに《鼠の殺し屋/Nezumi Cutthroat》を追加してターンを返した。

一応黒田はフルタップでブロッカーが1体も居ない状態だが、どうアタックしても黒田が死なないために小室は《残忍な詐欺師/Feral Deceiver》を出してターンエンド。

その返しで黒田が《欠け月の神/Kami of the Waning Moon》に《霊魂の奪取/Rend Spirit》を撃つと、畏怖と飛行が全く止まらないために小室投了。

《聖鐘の僧団/Order of the Sacred Bell》がアタックしなければ返しのフルアタックもこなかったために、小室が若干勇み足となってしまった感のある試合となった。

黒田 1 – 0 小室

Game 2

2本目も小室は1本目とほぼ同じ《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》>《聖鐘の僧団/Order of the Sacred Bell》と展開。黒田側も《武道家の庭師/Budoka Gardener》>《木霊の手の内/Kodama's Reach》と非常に順調。

小室は更に《聖鐘の僧団/Order of the Sacred Bell》を追加し、4ターン目から4/3が2体場にいるなかなかの状態となる。だが黒田側も負けてはおらず、《木霊の手の内/Kodama's Reach》と《武道家の庭師/Budoka Gardener》の能力で4ターン目には既に6マナとなり、《刻みを継ぐもの/Burr Grafter》と《残酷な詐欺師/Cruel Deceiver》を出してターンエンド。

次ターン小室のダブル《聖鐘の僧団/Order of the Sacred Bell》パンチを《残酷な詐欺師/Cruel Deceiver》と《刻みを継ぐもの/Burr Grafter》のダブルブロックで殺した黒田。徐々に場を落ち着かせたいところだが、小室が更に《残忍な詐欺師/Feral Deceiver》を追加してターンを返した。

そして黒田は《汚れ/Befoul》を《聖鐘の僧団/Order of the Sacred Bell》に撃って、一応詐欺師同士のお見合いとしたところでターンエンド。両者ともライブラリートップをちらっとみて小室がアタック、これを黒田が《残酷な詐欺師/Cruel Deceiver》受けて両者ともライブラリートップを公開してもちろん土地。

トランプルで4点食らい残り8まで減ってしまった黒田だが、既に場には7枚の土地があり、ライブラリートップには土地なので《武道家の庭師/Budoka Gardener》の反転まであと1枚というところまで来ていた。

それには当然気付いている小室は、攻撃の手を休めないように《大蛇の野伏/Orochi Ranger》を出してターンエンド。その際に黒田が《武道家の庭師/Budoka Gardener》の能力で土地を場にだしてこれであと2枚に。

黒田は当然土地を引くのでターンをそのまま返して、小室の攻撃を受けて残り6。更に小室の追加である《生相の否命/Iname, Life Aspect》に苦い表情を浮かべるが次ターンのドローも土地で遂に《武道家の庭師/Budoka Gardener》反転というところまでいく。

しかし、まってましたと言わんばかりに黒田の土地が9枚、手札に1枚ある状態で小室が《汚れ/Befoul》をキャストして《武道家の庭師/Budoka Gardener》を破壊。

サイズで完全に圧倒され、切り札をも殺された黒田は2本目を落とす。

黒田 1 – 1 小室

Game 3

《鼠の墓荒らし/Nezumi Graverobber》《木霊の手の内/Kodama's Reach》の内《汚れ/Befoul》《欠け月の神/Kami of the Waning Moon》に土地が3枚と好初手となった黒田に対して、《目覚めの悪夢/Waking Nightmare》《謙虚な武道家/Humble Budoka》と土地が5枚といまいちな初手な小室。小室はマリガンをするか非常に悩んだが、結局スタートすることを選択。

だが、もしもこれが《謙虚な武道家/Humble Budoka》ではなく、他の2マナクリーチャーだったら《鼠の墓荒らし/Nezumi Graverobber》>《汚れ/Befoul》>《冒涜する者、夜目/Nighteyes the Desecrator》という流れで完全に終わっていただけにまだ幸運だろう。

試合は4ターン目まで予想通りの展開で小室が《夜陰の本殿/Honden of Night's Reach》を出した返しで黒田が《呪われた浪人/Cursed Ronin》を追加したために、小室にとって非常に苦しい展開が続いている。

その返しで黒田の手札が2枚となったために、小室が《目覚めの悪夢/Waking Nightmare》をキャスト。クリーチャーや除去が落ちればよかったのだが、手札2枚が《汚れ/Befoul》(場に全く影響しない)と土地だったために完全に裏目となってしまった。

そこで黒田は勿論《鼠の墓荒らし/Nezumi Graverobber》を《冒涜する者、夜目/Nighteyes the Desecrator》にして、自分のターンに《呪われた浪人/Cursed Ronin》がアタック。

小室 修

なんとかしたい小室なのだが、手札を見てみると《汚れ/Befoul》《霊魂の奪取/Rend Spirit》と殺せるのは《欠け月の神/Kami of the Waning Moon》くらいでどうしようもない。《呪われた浪人/Cursed Ronin》用のブロッカーとして《大蛇の卵張り/Orochi Eggwatcher》を出すくらいでターンエンド。

だが、その《大蛇の卵張り/Orochi Eggwatcher》さえも《引き込み/Pull Under》によって殺され、《欠け月の神/Kami of the Waning Moon》で畏怖のついた《冒涜する者、夜目/Nighteyes the Desecrator》と《呪われた浪人/Cursed Ronin》でのアタック。これを全部通すのはさすがに辛いと《呪われた浪人/Cursed Ronin》を《謙虚な武道家/Humble Budoka》で、《欠け月の神/Kami of the Waning Moon》を《霊魂の奪取/Rend Spirit》で殺して踏ん張る小室だが、後続続かずにゲームセット。

1本目、3本目共に《忌まわしい笑い/Hideous Laughter》さえ引ければどうにかなった小室には悔しい敗戦となる。

Final Results : 黒田正城 Win

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る