Live Coverage of 2005 Pro Tour Nagoya

更新日 Event Coverage on 2005年 1月 29日

By Kenji Matsui

予選ラウンド最後のドラフトが終了し、 1st pod のプレイヤー全員がフィーチャーエリアに呼ばれる事となった。

ここで対峙するのは塩津と Soh 。

塩津 龍馬はTerry Sohと決戦する

黒田ほどではないが、この 2 人も今大会で何度かフューチャーされており、彼らの活躍はそちらの記事でも確認出来る。

塩津のデッキはオーソドックスな黒緑のビートダウンであり、ロチェスターでくみ上げたデッキにしては、多少のパワー不足は否めない。

だが、2 マナ圏のマナ加速系が 3 枚と、2/1 クリーチャーなどの充実、 3 マナに 3 枚の《悪逆な大峨/Villainous Ogre》、4 マナに《せし郎の息子、そう介/Sosuke, Son of Seshiro》、《聖鐘の僧団/Order of the Sacred Bell》と言った強力なクリーチャーも潜んでおり、序盤を制すればそのまま勢いに任せて勝利を収めそうな作りになっている。

その塩津のデッキとは対照的な Soh の白黒タッチ赤デッキ。

持てる除去を全て投入し、相手のクリーチャーを全て除去。あとはコツコツライフを削ると言った構成だ。1st pod で数々の強力なレアクリーチャーが出現している事を考えると、Soh のデッキは 3 勝の目が十分にある。

塩津は 2 勝、Soh は 1 勝がそれえぞれのノルマ。これを超えればほぼベスト 8 確定であるが、この 1 勝の差は非常に大きい。

では、本日最後のデッキを握った彼らの戦いの行方を追っていこう。

Game 1

Soh がダイスロールに勝つが、先手を塩津に譲ってゲーム開始。塩津、 3 、 4 ターン目と連続で《悪逆な大峨/Villainous Ogre》をならべて攻撃するも、一枚は《返礼/Reciprocate》、もう一枚は《肉体の奪取/Rend Flesh》で除去され、 Soh の《残酷な詐欺師/Cruel Deceiver》と《灰色肌のずべら/Ashen-Skin Zubera》が確実に塩津のライフを奪っていく。

しかし、勝負はまだまだと、《魂無き蘇生/Soulless Revival》で《悪逆な大峨/Villainous Ogre》を回収して再度召喚すれば、これには即時 Soh の《手の檻/Cage of Hands》が装着される。

さすがに除去満載デッキだけあって、 塩津のクリーチャー展開が止まる。こうなると、Soh も大量に手札を抱えているにも関わらず、微動だにせず、黙々とアタックを繰り返す。

塩津もSoh の抱える除去にうんざりしながら、手札を貯めては機会をうかがう。とりあえず《目覚めの悪夢/Waking Nightmare》を打ってみると、ここで Soh のディスカードするのは《氷河の光線/Glacial Ray》と《汚れ》の 2 枚。なんと贅沢極まりない捨てっぷりである。

仕方なく塩津は《苔の神/Moss Kami》を出してターンエンドを宣言すると、見事に突き刺さる《霊魂の奪取/Rend Spirit》。そして、ここから塩津がクリーチャーを引けなかったため、 Soh のクリーチャーは鮮やかなビートダウンをはたした。

塩津 0 - 1 Soh

Game 2

先手後手選択で、迷わず先手を選ぶ塩津。

なんとか早々に倒してしまおうと、2 ターン目《武道家の庭師/Budoka Gardener》、 3 ターン目《悪逆な大峨》と展開する。対する Soh は《鼠の殺し屋/Nezumi Cutthroat》から始まり、塩津の《武道家の庭師》へ《汚れ/Befoul》。

ここからまたSoh再度の怒涛の除去大会がはじまるのかと思えば、どうやら Soh のドローは土地とクリーチャーばかりのゾーンに突入しているらしく、塩津は追加の《悪逆な大峨》や《聖鐘の僧団》を並べ、クリーチャーをブロッカーとして使おうとする Soh を尻目に、《汚れ》で Soh の《宮殿の野の神/Kami of the Palace Fields》を除去。

Soh が除去を引く前に、塩津が殴りきって勝負をつけた。

塩津 1 - 1 Soh

Game 3

三度、先手は塩津。

その塩津は2 ターン目にクリーチャーを展開する事は出来なかったものの、3 ターン目に《悪逆な大峨》から入り、《大蛇の野伏/Orochi Ranger》、《武道家の庭師》と展開するも、 Soh は見事に、《返礼》、《汚れ》、《手の檻》と捌ききる。

土地事故気味ながらも Soh は1 本目と同様に《残酷な詐欺師》、《灰色肌のずべら》と並べては、コツコツと塩津のライフを奪っていく。

既に相手のデッキは除去デッキと解っている塩津。
淡々と《魂無き蘇生》を打っては《武道家の庭師》を回収して場に放つも、クリーチャーの後続が続かずに攻める事が出来ないでいる。

土地を引き続け、 Soh もマナが潤沢になってきた所で《宮殿の野の神》の 2 連打。

空からの 3 点は非常に重く、こちらが持っている飛行クリーチャーを引いたとしても、チャンプブロックしか出来ないと非常に厄介。

引いて欲しい有効カードは非常に少ないが、それでも期待を込めてドローする塩津の手に吸い込まれていくのは土地。

この調子で土地を引き続け、見事《武道家の庭師/Budoka Gardener》が《生命の織り手、土塊/Dokai, Weaver of Life》になるも、その時点で塩津のライフは 2 。

塩津は Soh の勝利を称えるべく、右手を差し出して握手を交わした。

Final Results : 塩津 1 - 2 Soh

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る