Live Coverage of 2005 Pro Tour Nagoya

更新日 Event Coverage on 2005年 1月 29日

By Yusuke Yoshikawa

栄光の日曜日に向けての最終戦。泣いても笑っても、これが最後となる。
そんな状況でフィーチャーマッチの席についた猪野健太郎は、意外にもこの席が初めてだという。普段は地元・千葉の大会で腕を磨く彼だが、チャンスを見事に活かしこの席までたどり着いた。

猪野 健太郎

立ちはばかるのは、この大会で日本勢の壁となった感のあるAnton Jonsson。8連勝からスタートした彼も、今日は不調でこの試合に勝ってオポーネント%勝負となってしまった。
果たして、猪野はこの大きな壁を乗り越えることができるか。

Game 1

ダイスロールでJonsson先攻。開始の合図が来るとすぐに、Jonssonはキープを宣言。
《狐の癒し手/Kitsune Healer》《亡霊の牢獄/Ghostly Prison》に土地が5枚というやや不安の残る手札に、猪野はしばし悩むが、そのままキープを宣言する。

さてゲームはゆっくりとした立ち上がり。静かに土地を並べあい、猪野の《亡霊の牢獄/Ghostly Prison》《狐の癒し手/Kitsune Healer》が場に置かれる。
ここにJonssonは《風見の本殿/Honden of Seeing Winds》。ドローを倍化し、長くなるであろう戦いの礎を用意した。

猪野は《虚飾の道の神/Kami of the Painted Road》をプレイするが、Jonssonは少考の後《山賊の頭、伍堂/Godo, Bandit Warlord》で対抗する。装備品のサーチはなし。
これらが一度殴りあった後、Jonssonは増えたリソースを利して《かまどの神/Hearth Kami》《浮き夢のずべら/Floating-Dream Zubera》と追加。

猪野は《虚飾の道の神/Kami of the Painted Road》で攻撃してみるも、これは《山賊の頭、伍堂/Godo, Bandit Warlord》と《かまどの神/Hearth Kami》の惜しげもないブロックにあってしまい退場。それきり、すっかり動きがなくなってしまった。

というのも、土地5枚を含めて土地を引きすぎてしまっていることが全て。…その後も土地を引き続け、一時は手札と場を合わせて土地12枚、それ以外の呪文は今までに出てきた3枚だけ…という状況となってしまった。

《浄火の本殿/Honden of Cleansing Fire》で生き長らえ、《空民の助言/Counsel of the Soratami》《洞察力の花弁/Petals of Insight》といったドローカードで追いすがろうとするも…そのときには既に、「あの」《山伏の長、熊野/Kumano, Master Yamabushi》+《伍堂の大槌、天鎖/Tenza, Godo's Maul》が君臨していたのだった。

猪野 –0 Jonsson –1

Game 2

気を取り直しての第2ゲーム。今回はバランスの良い初手を引くことができたようだ。《明けの星、陽星/Yosei, the Morning Star》の姿も見える。

猪野の《献身的な家来/Devoted Retainer》が開幕を告げる。続いて第3ターンに《空民の雨刻み/Soratami Rainshaper》を追加するが、時間の稼ぎたいJonssonはこれを即座に《消耗の渦/Consuming Vortex》で戻す。

猪野が《空民の雨刻み》を再召喚すると、Jonssonは《川の水神/River Kaijin》《空民の学者/Soratami Savant》で場を構築にかかる。
そして第5ターン、またしても《山伏の長、熊野/Kumano, Master Yamabushi》が降臨してしまった。

猪野としてはこれを何とかしなければ勝ちはないわけだが、いかんせん白青という色の都合上、根本的な対処ができない。しばらく殴ってはみるものの、ひとつ、またひとつと希望の灯が落とされていく。

不敵に首を振ってみせるJonsson。慎重に、慎重に場を掌握していく。それはさながら、猪野ではなく最悪のケースを想定して戦っているようで。
場は《山伏の長、熊野/Kumano, Master Yamabushi》で、呪文は《空民の学者/Soratami Savant》で完全に支配され、あとは投了を待つだけとなってしまった。

猪野 –0 Jonsson –2

Anton Jonsson

フィーチャーマッチ初挑戦が残念な結果に終わった猪野。第1ゲームのマリガンの選択やドラフト時点でのカード選択など、反省材料となる点は多いと思うが、見方を変えれば素晴らしい経験なのだから、今後のさらなる活躍を期待したい。

Anton Jonssonは最終的にオポーネント%勝負を制してTop8入り。明日も、同じくTop8に入った黒田・小室の前に立ちはだかるだろう。

プロツアーはひとまずの終わりを告げる。明日の戦いは、言うなれば別のものだからだ。
この大会に参加した日本勢は総勢57名。その全てに、等しくスポットライトのもとへたどり着く権利があった。

そしてそれは、全てのプレイヤーと言い換えても同じことだろう。

プロツアーは、あなたを待っている。

Anton Jonsson defeats Kentaro Ino.

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る