Live Coverage of 2005 Pro Tour Nagoya

更新日 Event Coverage on 2005年 1月 29日

By Kenji Matsui

 予選ラウンド最終戦。
 ここを勝てばベスト 8 確定と、最後まで気を抜けない Fatouros と塩津。

塩津

 この Fatouros だが、いろんなプレイヤーに聞いても話題が出てこず、スタッフサイドに問い詰めてみたところ、なんとギリシャのプレイヤーで、ここで勝てば、ギリシャ人初のプロツアーベスト 8 となり、今、話題の人である事が分かった。

 塩津の今大会を振りかえって見ると、緑のデッキを使っては負け続け、白いデッキでは 9 - 0 と、彼の中でかなりの落差があるらしい。

 初日は白中心のデッキを構築でき、初日全勝という記録を打ち立てたが 2 日目は緑中心のデッキで、不幸にもマリガンや事故に多く見舞われ、最終戦まで本気で戦いぬかなければいけなくなったようだ。

 共にプロツアーシーンにて無名だった彼らが光を浴びるには、この試合に勝たなければいけない。
 彼らにとっては未知であり、栄誉のベスト 8 の席に付くのはどちらか。

Game 1

 先手は Fatouros 。

 《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》、《粗暴な詐欺師/Brutal Deceiver》と並べて攻撃を繰り返す中、塩津はまず《目覚めの悪夢/Waking Nightmare》を打って、Fatouros のディスカードが《川の水神/River Kaijin》と《戦に狂える浪人/Battle-Mad Ronin》。
 大した被害を被らなかった Fatouros は意気揚々と攻撃を繰り返すが、塩津が 2 度目の《目覚めの悪夢》をキャストすると、 Fatouros の顔が凍りつく。

 そこでディスカードしたのは《山伏の炎/Yamabushi's Flame》と《山伏の長、熊野/Kumano, Master Yamabushi》。

 エース級カードを叩き落し、これで Fatouros の手札は 0 。

 後はおいしく料理しようと塩津、《空民の雲乗り》に《汚れ》を打ってドローの流れを止め、《せし郎の息子、そう介/Sosuke, Son of Seshiro》、《苔の神/Moss Kami》と出して、そのまま圧殺。

Fatouros 0 - 1 塩津

Game 2

 先ほどの負けが堪えたのか Fatouros 、トーンダウンしつつ 3 ターン目に《川の水神/River Kaijin》を出す所からゲームを始め、手札もあまり良くないようだ。

 だが、塩津の後手 3 ターン目。
 彼の土地が沼 2 枚でストップしてディスカードを始めると、 Fatouros はじょじょにテンションが上がり出す。

 それでも悪い手札が突然良くなるわけでもなく、じっくりと土地を並べ、6 ターン目、7 ターン目と《地揺すり/Earthshaker》を 2 連打し、そこでようやく森を引けた塩津は《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》を出して抵抗を示すも、時既に遅し。

Fatouros 1 - 1 塩津

Game 3

 塩津は後手を選択し、運命の 3 本目が始まる。

Vasilis

 またもパッとしない手札なのか Fatouros 、その顔に違わず 3 ターン目に《川の水神》、《ねじれた鏡映の神/Kami of Twisted Reflection》と出すが、後続を引いてこないようである。
 
 塩津はこの攻撃を受け続け、ポーカーフェイスで《桜族の長老》と《欠け月の神/Kami of the Waning Moon》でコツコツ殴り合いを続け、淡々と土地を並べるに至る。

 と、そこで突然 Fatouros が塩津に向かって《溶岩の撃ち込み/Lava Spike》を発射。

 すでに 3 点対 2 点の殴り合いでダメージレースに差がいている所へ更なるダメージ。
 そろそろ次のアクションを起こさない事には、そのまま敗北してしまう塩津。

 だが、2 戦目とうってかわって、場に 8 枚の土地があると思えば、塩津の手札にはさらなる 3 枚の土地。

 不運としか言いようのない塩津のドローに Fatouros も気がつくが、これも勝負。

 Fatouros は最後のアタックを仕掛け、戦闘終了後に《溶岩の撃ち込み》の 2 枚目を塩津に叩き込んで、日曜日へのチケットを手に入れた。

Final Results : Fatouros 2 - 1 塩津

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る