Live Coverage of 2005 Pro Tour Nagoya

更新日 Event Coverage on 2005年 1月 30日

By Yukio Kozakai

2日目のラウンドが終了する直前、ベスト8入りを決めた小室。
当日のジャッジに、小室に関する話を聞く事が出来たのだが、「この名古屋でのコムシュウはヤヴァい!」という、実にわかりやすい感想を頂けた。

Vasilis Fatouros

言うなれば、「ノリにノってる」プレイヤーである当の小室は、初めて迎えるプロツアーサンデーでもそのパフォーマンスは変わらなかった。3枚の《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》にサポートされた、青緑+《氷河の光線/Glacial Ray》の強烈な連繋デッキをドラフトしており、本人も「かなり手応えがあります」と、自信を深めている。

対する新鋭のVasilis Fatourosは、見た感じでは《山伏の長、熊野/Kumano, Master Yamabushi》をカットするなど、非常に苦しいドラフトを強いられているように映った。ドラフト中は、確かにそう見えたのだった。

しかし、出来上がったデッキを見るとコンセプトが明確な黒緑スピリットデッキが完成していた。序盤を支える軽量スピリット、2枚の《貪る強欲/Devouring Greed》、デッキパワーだけで純粋な判断をするのなら小室優位は動かないが、展開次第ではどうなるか全くわからない。

ベスト8進出は伊達ではない。
小室に勢いがあるというのなら、このFatourosにも確かに勢いがあるのだ。

「最後のロチェスター王者」へのラストステージへ。
最後の聖域に足を踏み入れた2人の若者に、祝福あれ。

Game 1

ダイスロールで先攻は小室。
両者キープを宣言し、Fatourosの《謙虚な武道家/Humble Budoka》を小室が《川の水神/River Kaijin》で構える立ち上がり。これに対してFatourosは《希望の盗人/Thief of Hope》《狩猟の神/Kami of the Hunt》と戦線を拡大すると、小室も《空民の学者/Soratami Savant》で後続を牽制する、激しいつば競り合いが行われる。

5マナを揃えた小室の手札には《伝承の語り部/Teller of Tales》。
しかし、すぐにはプレイせずに《密の反抗/Hisoka's Defiance》を含めたカウンター用のマナを残して、《空民の学者/Soratami Savant》でのアタックを繰り返す。

Fatourosも《川の水神/River Kaijin》を疎ましく思いながらもコツコツと小室にダメージを重ねていくが、戦闘で《希望の盗人/Thief of Hope》を失い、《血塗られた悪姥/Wicked Akuba》も《密の反抗/Hisoka's Defiance》でカウンターされると、さすがに失速を始めた様子。

だが、小室は土地こそ順調に伸びていくが肝心の《山/Mountain》を引き込めず、手札の《氷河の光線/Glacial Ray》が撃ち込めない。さらに有効牌らしい有効牌もないまま、ようやくプレイした《伝承の語り部/Teller of Tales》も《汚れ/Befoul》で失ってしまう。

Fatourosの除去が、《汚れ/Befoul》というのがミソだ。
秘儀呪文であるなしの功罪はあるが、今回のケースでは《密の反抗/Hisoka's Defiance》で構える小室に対してグッサリと突き刺さったのだ。

続く《目覚めの悪夢/Waking Nightmare》を何とか《空民の学者/Soratami Savant》2回起動でカウンターし、続くターンに《狩猟の神/Kami of the Hunt》《貪る強欲/Devouring Greed》を連続してカウンターするが、《狩猟の神/Kami of the Hunt》が+2/+2した影響で《川の水神/River Kaijin》が安易にブロックに参加出来なくなってしまう。

結局、巨大化した《狩猟の神/Kami of the Hunt》を通して、小室のライフは残り2に。
カウンターのマナを常に残しながら戦っていた小室は、ついに手札の《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》に手をかける。虎の子の《山/Mountain》を導くためだ。

Fatourosのハンドが気になるところだが、待つ・動くの選択肢が用意されている中で、小室は後者を選んだのだ。まだ《貪る強欲/Devouring Greed》の可能性は残されているだけに、ここが勝負のポイントとなる。

返しのターン、……何だかすごくいい顔をしているFatouros。
戦線に加わっていた《小走りの死神/Scuttling Death》を含め、全軍アタックを試みるが、《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》らに捌かれてダメージは通らず。

ついに《山/Mountain》を手に入れた小室が追加戦力を展開し、《刻みを継ぐもの/Burr Grafter》を《氷河の光線/Glacial Ray》で排除すると、Fatourosは生き残る術を全て失ったのだった。

小室 1-0 Fatouros

Game 2

1マリガン後のハンドを、何とも言えない表情で凝視する小室。

それもそのはず、2枚の《森/Forest》、《密の反抗/Hisoka's Defiance》《氷河の光線/Glacial Ray》《伝承の語り部/Teller of Tales》《木霊の力/Kodama's Might》。このハンドをキープしなければならなかったのだから。

Fatourosの《狩猟の神/Kami of the Hunt》を、引き込んできた《島/Island》を置けて《密の反抗/Hisoka's Defiance》出来たものの、続く《刻みを継ぐもの/Burr Grafter》、《残酷な蘇生/Cruel Revival》からの《狩猟の神/Kami of the Hunt》、《小走りの死神/Scuttling Death》と連打の前に、ブロッカーとして召喚した《根走り/Rootrunner》が《汚れ/Befoul》されてしまうと、一気にライフを削られて非常に厳しい展開の小室。

次のターンのアタックも、長考の末に《川の水神/River Kaijin》でブロック宣言し、《消耗の渦/Consuming Vortex》でダメージを食い止めて見せるが《貪る強欲/Devouring Greed》が小室のライフをマイナスまで叩き落した。

小室 1-1 Fatouros

Game 3

Fatourosがダブルマリガンを宣言。
対する小室は、《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》経由から素晴らしい立ち上がりを見せる。

3ターン目に《残忍な詐欺師/Feral Deceiver》をプレイし、パンプアップしてガンガンFatourosの陣内に攻め込んでいく。なかなか土地をプレイ出来ないまま小室の猛攻を眺め、ようやく4マナ揃えてお慰み気味に《刻みを継ぐもの/Burr Grafter》をフィールドへ送るも、《空民の雨刻み/Soratami Rainshaper》《残忍な詐欺師/Feral Deceiver》フルアタックからの《氷河の光線/Glacial Ray》で、あっさり小室が第3ゲームに勝利した。

小室、準決勝進出まであと1勝だ。

小室 2-1 Fatouros

Game 4

後が無いFatourosは、《困窮/Distress》で最大のガンである《氷河の光線/Glacial Ray》を叩き落し、《刻みを継ぐもの/Burr Grafter》を召喚。小室も負けじと《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》を2体連続召喚して見せ、《尊い蜘蛛/Venerable Kumo》を《密の反抗/Hisoka's Defiance》でカウンター。返しのターンで《空民の鏡術士/Soratami Mirror-Mage》を召喚し、空から攻撃を開始する。

《小走りの死神/Scuttling Death》の攻撃を2体の《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》が食い止め、バウンスを駆使してダメージを最小限に食い止める。だが、Fatourosも《つぶやく神/Gibbering Kami》《謙虚な武道家/Humble Budoka》とプレイして戦線を維持し、小室への攻撃の手を緩めない。

小室 修

空から少しずつFatourosのライフを削る小室。
先ほどバウンスした《小走りの死神/Scuttling Death》をカウンターし、《空民の学者/Soratami Savant》をプレイ。さらに《空民の雨刻み/Soratami Rainshaper》を追加すると、土地を引き過ぎている感のあるFatourosは、またまたいい顔をし始めている。

小室が最後の一押しに《聖鐘の僧団/Order of the Sacred Bell》を召喚。事実上、最後のターンがFatourosに訪れた。

ドローを確認し、小室の残りマナを数える。
Fatourosのハンドは2枚。小室の場には5マナ残っている。
《空民の学者/Soratami Savant》と《空民の鏡術士/Soratami Mirror-Mage》の起動には、合計で6マナかかる。2回カウンター、及びバウンスされない事を確かめると、《影の舞い/Dance of Shadows》をプレイ。

豊富なマナがここで幸いし、これが通る。
《血塗られた悪姥/Wicked Akuba》がいる事で小室には致命傷のアタックなる以上、Fatourosの皮算用では《血塗られた悪姥/Wicked Akuba》がバウンスされた上で、最後の切り札に手を掛けるはずだった。

しかし、バウンスはたったの2マナで敢行されたのだった。
《消耗の渦/Consuming Vortex》によって……。

小室にターンが返ってくる。
Fatourosの計算では、在り得ないはずだった小室のターンが。

そう、小室は知っていたのだ。

自分にターンが返ってくる事と。
Fatourosの最後の1枚が、《貪る強欲/Devouring Greed》である事を―――――。

小室 3-1 Fatouros
Result: Winner is 小室 修

Shu Komuro

Download Arena Decklist

Vasilis Fatouros

Download Arena Decklist
インスタント (1)
1 Soulless Revival
アーティファクト (1)
1 Tatsumasa, the Dragon's Fang
土地 (18)
8 Forest 10 Swamp
40 カード

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る