Live Coverage of 2005 Pro Tour Nagoya

更新日 Event Coverage on 2005年 1月 30日

By Isamu Fujieda

赤青 vs. 赤黒

準々決勝で、日本の黒田 正城との対戦で前評判を覆しての勝利となったAnton Jonsson。今大会は本当に一貫して赤青デッキを作成してここまできた。それに対するのは今の世の中では非常に珍しい、ドラフトの合間にカットをきっちりと挟んでくるTerry Soh。協調が基本のロチェスターにあってのカットは昔を思い出すようでなんか懐かしい気がする。

Anton Jonsson

序盤からのビートダウンが信条の赤黒を使うTerry Sohが勝つのか? それともシステムクリーチャーで固められた、赤青を使うAntonが勝つのか? 長かったプロツアー・名古屋も残り2戦。お互い悔いの無い試合をしてほしいものだ。

Game 1

先攻Antonがマリガン。

2ターン目から赤黒ウィニーであるTerryが《残酷な詐欺師/Cruel Deceiver》を出して、Antonがそれを受けるという展開になるかと思われた。

だが……Antonの土地が2枚で一端ストップ。1ターン何も出来なくなったが、次ターンには山を引いてTerryの《悪逆な大峨/Villainous Ogre》を除去できた。

しかし、またしてもマナが止まり、その間にただの2/1である《残酷な詐欺師/Cruel Deceiver》に3度殴られ《小走りの死神/Scuttling Death》が追加。

これもAntonが《山伏の炎/Yamabushi's Flame》で除去するが苦しい状況には変わらない。
ここで島を引けないと《川の水神/River Kaijin》も出せないで死んでしまうが、何とか引いて1/4ブロッカーを出す事が出来た。

返しのターンでもう《山伏の炎/Yamabushi's Flame》は無いだろうとTerryがとっておきとも言える《呪われた浪人/Cursed Ronin》と《悪忌の雪崩使い/Akki Avalanchers》を展開。

だが、これもAntonのメインターンで《山伏の炎/Yamabushi's Flame》をキャストして除去。Terryもこれには肩をすくめてみせるが、圧倒的に有利なのは変わらない。

Terryターンに入ると、メインに《食い込む疫病/Swallowing Plague》を《川の水神/River Kaijin》に叩き込み、2体でアタック。Antonはこの時点ですでにライフが9。

自分のターンに返って《未達の目/Eye of Nowhere》で《悪忌の雪崩使い/Akki Avalanchers》を戻し、ブロッカーとして《浪人の犬師/Ronin Houndmaster》を出した。

これで落ち着いたかな、とちょっとは思っただろうAntonは《肉体の奪取/Rend Flesh》をすかさず叩き込まれ、また肩をすくめ《残酷な詐欺師/Cruel Deceiver》のダメージを受けて《悪忌の雪崩使い/Akki Avalanchers》が場に出ると、自分のドローを確認して場を片付け始めた。

Anton 0 – 1 Terry

Game 2

沼の無いTerryだがキープを宣言。無事2ターン目には引けて、事故を回避することができた。だが事故は回避できたものの、Antonの2ターン目から《かまどの神/Hearth Kami》《川の水神/River Kaijin》と出されて、ブロッカーをことごとく《山伏の炎/Yamabushi's Flame》で焼かれる。

普通の除去ならば《つぶやく神/Gibbering Kami》を殺された時点で転生してブロッカーを再調達できたのだが、打たれたのは転生の天敵と言える《山伏の炎/Yamabushi's Flame》でTerryにとって辛い展開が続く。

その後Terryの除去も尽きただろうと予想して出した《呪われた浪人/Cursed Ronin》が、今度は除去されずにガッチリとしたブロッカーになることに成功した。……と書いたところで《孤独の守護者/Guardian of Solitude》が登場して《呪われた浪人/Cursed Ronin》を飛び越えてアタックしてきた。

このままスピリットか秘儀呪文を連打してAntonが勝つのかと思ったが、ちょっと困った顔をしながら《空民の鏡守り/Soratami Mirror-Guard》《浪人の犬師/Ronin Houndmaster》とキャスト。

勿論、除去されることを予想しての展開なので、《孤独の守護者/Guardian of Solitude》はおとりにしたかったのだろう。Terryは当然《空民の鏡守り/Soratami Mirror-Guard》に《山伏の炎/Yamabushi's Flame》。

そしてノーハンドからAntonがもう一体《孤独の守護者/Guardian of Solitude》《火の咆哮の神/Kami of Fire's Roar》とドロー。飛行の付いた《浪人の犬師/Ronin Houndmaster》と《かまどの神/Hearth Kami》がTerryに襲い掛かるが、《浪人の犬師/Ronin Houndmaster》は前のターンに引いた《肉体の奪取/Rend Flesh》でなんとか除去することに成功。押されながらもなんとかTerryが踏ん張っている。

次のターンはTerryが《狂気の神/Kami of Lunacy》を出してターンエンド。

だがTerryの踏ん張りもAntonが何も引かなかったからであって……《霧中の到達/Reach Through Mists》をキャストして飛行を《火の咆哮の神/Kami of Fire's Roar》《かまどの神/Hearth Kami》とつけて、《狂気の神/Kami of Lunacy》をブロックできなくする。
アタックされたその後、自分のエンドに《秘教の抑制/Mystic Restraints》が《狂気の神/Kami of Lunacy》に付くとTerry投了。

Anton 1 – 1 Terry

Game 3

1本目の勢いを取り戻したいTerryは1ターン目から《悪忌の雪崩使い/Akki Avalanchers》を出してビートダウンと行きたかったのだが、次のクリーチャーが《呪われた浪人/Cursed Ronin》となってしまいかなり苦しい展開。

そのうえ、相手の場には早々と《孤独の守護者/Guardian of Solitude》、《火の咆哮の神/Kami of Fire's Roar》と揃ってしまって止めに《伝承の語り部/Teller of Tales》。手元に残っている《肉体の奪取/Rend Flesh》が完全に死にカードとなってしまっているのが悲しい。

6ターン目にブロッカーとして《つぶやく神/Gibbering Kami》を出すが、《伝承の語り部/Teller of Tales》と《火の咆哮の神/Kami of Fire's Roar》の前では焼け石に水といった感じでAntonのクリーチャーに触ることすら出来ずにTerryは3本目を落としてしまう。

Anton 2 – 1 Terry

Game 4

1本目の勢いはどこにいったのかという感じの初手……《悪忌の雪崩使い/Akki Avalanchers》はいるのに山が無く、手札も黒いので始めざるを得ないのだが最初の行動が《希望の盗人/Thief of Hope》ではビートダウンもへったくれもない。

逆にAntonは2ターン目から《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》を出す事が出来た。

Terryの出した《希望の盗人/Thief of Hope》は勿論《山伏の炎/Yamabushi's Flame》で除去されて、Antonは《火の咆哮の神/Kami of Fire's Roar》、《孤独の守護者/Guardian of Solitude》《浪人の犬師/Ronin Houndmaster》と軽快に回っている。

なんとかしたいTerryは《小走りの死神/Scuttling Death》を出して、どうせブロック出来ないだろうと思いアタックし、ダメージレースに持っていこうとする。

だが、そんな思惑は勿論Antonにお見通しで、墓地にスピリットが居ない間がチャンス。と、《孤独の守護者/Guardian of Solitude》《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》でブロックしてさっさと殺してしまう。

そして、6ターン目まで山を引けず、手札でキャストできるのが《悪逆な大峨/Villainous Ogre》だけ……かなり追い込まれたTerry。勿論ブロッカーになるわけもいが一応《悪逆な大峨/Villainous Ogre》をキャストしてエンド。

本当に対照的な展開をする両者、Antonは6ターン目も《川の水神/River Kaijin》《粗暴な詐欺師/Brutal Deceiver》と順調で既にTerryのライフは11となっている。

返しのターンで、ここで引けないと駄目なTerry。いつもよりこころもち力強くドローしたカードは山で、《狂気の神/Kami of Lunacy》を出してなんとかゲームを続けることができた。

《小走りの死神/Scuttling Death》が墓地にあるために、どうにか《狂気の神/Kami of Lunacy》を一方的に殺すか、触れなくするかと悩むAnton。《粗暴な詐欺師/Brutal Deceiver》の効果で先制攻撃をつけて1体でアタック。

返しのターンで何か打開策を引きたいTerryだったが、引いてきたのは《花火破/Hanabi Blast》……赤マナ1個しかでねーよ! と思ったかどうかはちょっとわからないが、《火の咆哮の神/Kami of Fire's Roar》を出して《悪逆な大峨/Villainous Ogre》と《つぶやく神/Gibbering Kami》を出してターンエンド。

ちょっとブロッカー増えてきたTerry陣営にどう対抗するか悩むAnton。カードを引いて《粗暴な詐欺師/Brutal Deceiver》を出すとトップを見てまた悩む。

長考の結論は《孤独の守護者/Guardian of Solitude》を引いて《火の咆哮の神/Kami of Fire's Roar》をブロックできなくすると、フルアタックを敢行した。

結果Antonの《火の咆哮の神/Kami of Fire's Roar》と《狂気の神/Kami of Lunacy》が相打ちし、Terryのライフは3となり、残り2枚の《山伏の炎/Yamabushi's Flame》を引けばAntonの勝利となる。他のカードが追加されても結構死ねるのでAntonの方がかなり有利な場だろう。

だが、このままでは負けられないTerryは《つぶやく神/Gibbering Kami》と《悪逆な大峨/Villainous Ogre》でアタックし返し、Antonのライフを残り7にする。
そして《小走りの死神/Scuttling Death》と《悪忌の雪崩使い/Akki Avalanchers》を追加してエンド。……Anton有利と前述したが、よくみると6:4くらいで微妙なことに気が付いた。

その返しは1枚引いてライブラリートップを見て悩んだAntonだったが、《空民の雨刻み/Soratami Rainshaper》を出してエンド(3マナ残り)。

何か引きたいTerryのドローは《苦痛の神/Pain Kami》。もう赤が1マナあれば最高の引きだったが、スピリットというだけでかなり合格点。出して《火の咆哮の神/Kami of Fire's Roar》の効果で《浪人の犬師/Ronin Houndmaster》をブロックできなくするとアタック……ではなくてターンエンド。流石に殴ったら不利すぎるという結論になったのだろう。

次ターンAntonはカードを引いてすぐにエンド。その返しとなったTerryターンでTerryが《山伏の炎/Yamabushi's Flame》を引いたためにまたも長考にはいる。

そして長考の末にアタック宣言をすると、Antonがすかさず《秘教の抑制/Mystic Restraints》を《つぶやく神/Gibbering Kami》につけたために、スロープレイの警告を与えられるほどの長考。正直 Feature Match エリアが照明で非常に暖かいために眠くなってくる……。

そして計算が終わったのか、やけっぱちなのかはわからないがフルアタックを敢行。
これを下記のようにAntonが受ける

左がTerry、右がAntonのブロック宣言。
()内はブロッククリーチャー。Antonは残り3マナ。

Terry Soh

《苦痛の神/Pain Kami》(スルー)
《悪逆な大峨/Villainous Ogre》(《川の水神/River Kaijin》)
《悪忌の雪崩使い/Akki Avalanchers》(《孤独の守護者/Guardian of Solitude》)
《小走りの死神/Scuttling Death》(《粗暴な詐欺師/Brutal Deceiver》)
《火の咆哮の神/Kami of Fire's Roar》(《浪人の犬師/Ronin Houndmaster》)

ほぼ予想通りのブロックとなり、ダメージをスタックに乗せた後に《小走りの死神/Scuttling Death》の能力を《空民の雨刻み/Soratami Rainshaper》に使うと、これにAntonが同クリーチャーの能力で対応。

さらにレスポンスでTerryが《山伏の炎/Yamabushi's Flame》を《空民の雨刻み/Soratami Rainshaper》にキャスト。

こうなると次ターンにSohは完全に何もできなくなり、Antonが生き残った《浪人の犬師/Ronin Houndmaster》と《川の水神/River Kaijin》でアタックしてゲームセット。

リミテッドでの世界トップ3と言われているプレイヤーが決勝へと順当に駒を進めた。

Final Results : Anton Jonsson Win

Terry Soh

Download Arena Decklist

Anton Jonsson

Download Arena Decklist

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る