Masters ラウンド 1: 岡本尋 vs. Jelger Wiegersma

更新日 Event Coverage on 2002年 5月 2日

By 松井健治

 ゲートウェイを終えたばかりの岡本は、このままマスターズ本戦の 1 回戦を迎える事となる。
 対戦相手は Jelger Wiegersma 。
 最近のプロツアーなどでは成績を伸ばしてきている Jelger 。
 記憶に新しいところでは、 PT 大阪マスターズでの www.star-maker.nl/lap の一員としての活躍でだろうか。
 構築、リミテッド共に、世界のトッププレイヤーの一人である。

 Donate-Oath の岡本対、 Mr,Oath 2 世である「ライブラリーコントロール型」青緑 Oath の Jelger 。
 更なる高みへ上るのはどちらか。

Game 1

 Jelger が 2 枚の《Tropical Island》から《火薬樽/Powder Keg》をキャスト。
 そこまでは良かったのだが、土地をこれ以上引いてくる事が出来ないでいる。
 《ガイアの祝福/Gaea's Blessing》をキャントリップの為に撃ち、それでも土地を引いて来ない。
 
 この隙に淡々と土地を並べ、《変異種/Morphling》での攻撃を開始する岡本。
 カウンターが 2 個で止まっていた《火薬樽》が再び動き出し、10 点しか、稼ぎ出せなかったが、そこへ《Illusions of Grandeur(IA)》を出し、返すターンに《寄付/Donate》をキャスト。

 今日の岡本のノリでは本当に通りそうな勢いであったが、普通に考えて、土地を引いていないと言う事は、その分スペルを引いていると言う事に他ならない。
 これを手札がスペルでいっぱいの Jelger にカウンターしきられ、岡本は攻める手段を無くしてしまった。

 この場を凌ぎきった Jelger は、ご褒美の様に 3 枚目の土地を引き、本来のデッキスタイルが姿を表し始める。

 攻める手段を失った岡本はたまらず《蓄積した知識/Accumulated Knowledge》をキャストし、 1 枚引く。
 初手からあった《蓄積した知識》。
 相手が青の場合は簡単に撃たないのは定石ではあるが、逆に撃って先に進まなければいけない場合もある。

 Jelger のデッキに《蓄積した知識》が入っているかどうかはまだ解らない。
 だが、結果としてここでこれを撃ってしまった為に、 Jelger のデッキが完全に息を吹き返した。
 そう、 Jelger のデッキにも《蓄積した知識》は入っていたのだ。
 
  2 枚引き、 3 枚引きと、どんどん手札が回復して行く Jelger 。
 これを岡本は眺める事しか出来ない。

 Jelger が《直観/Intuition》を撃ち、持ってくるカードは《ガイアの祝福》が 2 枚と、《蓄積した知識》。
 《ガイアの祝福》を渡され、残り 1 枚の《ガイアの祝福》の能力によって墓地のカードがライブラリへ帰って行く。

 既にこの時点で岡本は Jelger のデッキに嵌っていたのだ。

 ドロー強化を大量に使用し、土地を並べ、手札を全てカウンターにしてしまう究極のライブラリコントロールデッキが Jelger のデッキの正体である。
 そして数ターン後に現れる《樹上の村/Treetop Village》・・・

 このままでは確実に負けると悟った岡本はなりふりかまわずコンボパーツをキャストしていくが、全てカウンターしきられ、7 ターン後の岡本は 1 本目を落としていた。

岡本 0 - 1 Jelger

Game 2

 先手を取った岡本は 2 ターン目に《サファイアの大メダル/Sapphire Medallion》を展開し、メインステップに《渦巻く知識/Brainstorm》を撃ち、 Jelger のターンエンドに《直観》と、完璧な動きを見せたと思ったのだが、これを落ち着いて《撹乱/Disrupt》でかわされてしまう。

 だが、これにもくじけず再びメインで《Merchant Scroll》を使って《直観》を手に入れ、 Jelger のターンエンドに再び《直観》キャストしたところで、Jelger は考え始める。

 《直観》はコンボパーツを一気にかき集める為と、《蓄積した知識》を持ってくるのが主な使用方法なのだが、このどちらを行われても、大した被害が及ぶとも思わない Jelger はこれを通す。

Deep Analysis
 すると、とんでもないカードを岡本は墓地に送り出した。
 それは《綿密な分析/Deep Analysis》。

 一度、《直観》が通ってしまえば 8 ドローは約束される最高のパターン。
 これによって岡本は、《綿密な分析》をどんどんフラッシュバックでキャストし、手札の密度をどんどん上げて行く。

 これに追いつくには Jelger もドローを高めなければいけない。
 いつも冷静沈着な Jelger が慌てて《直観》をキャストし、《蓄積した知識》を落とさなければ行けない状況陥ってしまった。

 まずは《直観》が通り、お互いの手札にある《蓄積した知識》のカウンター合戦が始まる。
 まずは岡本が《蓄積した知識》を撃てば、Jelger 《蓄積した知識》を撃ち、それに対して岡本がカウンターを打てば、 Jelger もカウンターと、岡本に合わせ動きなんとか Jelger は《蓄積した知識》を通す。

 だが、この作業を Jelger のメインに行っており、満足に《対抗呪文/Counterspell》も撃てない Jelger に対し、岡本は自分のメインで《Illusions》 & 《寄付》を提示し、 Jelger が撃つ《Force of Will(AL)》を《対抗呪文》で押しのける事に成功。

 1 度はアップキープコストを払ってみたものの、この状況を覆す手段を見つけ出せなかった Jelger は投了する。

岡本 1 - 1 Jelger

Game 3

 3 本目。
 周りでは既にマスターズ 2 回戦目が開始しており、もう 2 回戦すらも終了している卓がある程、時間を掛けて試合が行われている。

 ジャッジにも急かさせながら、先手をとった Jelger は 3 ターン目に《スパイクの飼育係/Spike Feeder》をキャスト。
 そのまま攻撃を始める Jelger だが、 6 ターン目には、更に《スパイクの織り手/Spike Weaver》をキャスト。
  2 点ずつでは不安だが、 5 点つづならこのまま勝負をつけるのに良い点数でもある。
 勝負を急がなければ行かなくなってしまった岡本は先程の用に《直観》で《綿密な分析》を落とし、 2 枚ともフラッシュバックでキャストし、 4 枚ドロー。
 ライフは 8 まで落ち込んでしまったが、なんとか《変異種》を引き当てた岡本はブロッカーとしてこれをキャスト。

 この時点で岡本の使えるマナは島が 1 枚のみ。
 Jelger の場には 4 枚の土地と、 2 匹のスパイク。

 懸命な方ならここでお気づきだろうが、ここで Jelger は攻撃し、岡本は《スパイクの飼育係》をブロックし、《スパイクの織り手》のカウンターを 2 つ《飼育係》に乗せ、相打ちとなる。

 これで急場を凌ぐ事が出来た岡本は、この優位を保つ為、《直観》で《蓄積した知識》を手に入れ、勝負に出る。
 手札を肥やし、Jelger の反撃を許す事無い様に、更なる《変異種》を場に放つ。

 場、手札、共に岡本の優位。

 後は緩慢に《変異種》に殴られる場となってしまった、Jelger が最後の抵抗を見せる。
 そう、Jelger の手にも《蓄積した知識》があるのだ。
 これを大量のカウンターを持って通す事に成功するが、如何せん、マナに大きな開きがあり、《蓄積した知識》を通す為に土地がタップアウト状態の Jelger に岡本が止めを刺しに行く。

 マナの状況は Jelger が土地 5 枚(内 1 枚が森)に対し、岡本は 8 枚の土地に 2 枚の《サファイアの大メダル》。
 岡本はメインステップに更なる《サファイアの大メダル》を出し、 Jelger の土地にバイバック《転覆/Capsize》を撃ち始めた!

 Jelger の動きが止まり、《Force of Will》を撃ってみるものの、岡本はこれを《対抗呪文/Counterspell》。
 Jelger の土地が手札に戻り始めた!。

 ターンが 1 周し、再び岡本のメインに Jelger の土地にバイバック《転覆》すると、

 岡本  : 《転覆》
 Jelger : 《対抗呪文》
岡本  : 《対抗呪文》
 Jelger : 《対抗呪文》
岡本  : 《対抗呪文》

 と、今回は《Force of Will》が飛んで来ず、Jelger の土地は再び手札へと帰る。
 それは岡本の勝利の瞬間でもあった。

 岡本は再び自分のターンが訪れると、バイバック《転覆》を Jelger の土地に撃ち、抵抗が無い事を感じると、どんどん《転覆》をキャストして行く。
 すると、最後には残りカウンターが 1 個の《スパイクの織り手》が手札に返り、《変異種》が攻撃を始めると Jelger は右手を差し出し、 3 時間にも及ぶ試合に終焉をもたらした。

岡本 2 - 1 Jelger

Final Result : 岡本 Win

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る