Quarterfinals: 伊藤賢士朗 VS 池田啓

更新日 Event Coverage on 2015年 9月 2日

By 景山太郎

Game 1

 先攻は伊藤。やや躊躇しながらも、マリガンなしのプレイを選択。2 ターン目に 2 枚の Yavimaya coast から 2 ダメージを受けながらも Gaea`s Skyfork を召喚。さらに 3 ターン目に Island セットから 1 ダメージを食らいながら Temporal Springs をキャストし、自分の流れを作ろうとする。それに対し池田は 2,3 ターン目に伊藤の苦手な Blurred Mongoose を立て続けに召喚し、伊藤を攻め立てる。
 状況的にやや池田有利といったところだが、伊藤のほうも 4 ターン目にキャストしたFact or Fiction によって手に入れた Questing Phelddagrif や、もともと持っていた Angelic Shield を使い何とか状況を打開しようとする。
 実際 2 枚めの Angelic Shield を伊藤がキャストしたときは、池田有利の状況に風穴が開いたかと思われた。しかしながら結局は Mongoose や、 Skyfork を除去した Flametongue Kavu からのダメージが伊藤にとって重くのしかかっていたのだ。もちろん最初の Yavimaya Coast からのダメージもそれに一役買っていたのは間違いない(そういう意味では最初のマリガンの躊躇は微妙な判断だったと言えよう)。
 唯一にして最大のブロッカーである Phelddagrif が池田の Fire/Ice によりタップされたところで勝負あり。池田のクリーチャー群が伊藤を圧殺した。

池田 1 - 0 伊藤

Game 2

 2 ターン目に Galina`s Knight そして 3 ターン目に Angelic Shield という、ステロイド相手にはこれ以上ないほど理想的な立ち上がりを見せた伊藤に対し、池田のほうは 4 ターン目になってやっと Thornscape Familiar を召喚するという、かなり対照的な立ち上がり。しかも火力で除去できない Burred Mongoose が伊藤の場に登場し、明らかに一方的な展開を見せ始める。
 もちろん池田のほうも、 Fire / Ice でのドロー加速や、 隙を突いて無理やり場に出した Skizzik のアタックなどで何とか勝機を窺うが、さすがに最初のスペルが 4 ターンめの Thornscape Familiar では池田には辛いものがあった。結局 2 枚目の skizzik を Mystic snake で迎撃された時点で、ゲームエンド。即座に池田は投了を宣言した。

池田 1 - 1 伊藤

Game 3

 先攻の池田はマリガン。 Game 2 の流れをそのまま引きずっているかのような状況に、池田が苦笑いを浮かべる。しかし、実際ゲームが始まってみれば池田の展開は実に理想的なものだった。 2 ターン目に Thornscape Familiar 、3 ターン目に Raging Kavu を召喚しセオリーどおりのダメージを与えていった。
 一方伊藤のほうも別段悪い立ち上がりというわけでもなく、2 枚の Angelic Shield と ブロッカーとして召喚した Gaea`s Skyforkで、押され気味ながらも池田の猛攻を最小限に抑えていく。
 速いゲーム展開を望む池田と、ゆったりとした展開を望む伊藤の思惑が交錯する中、池田が速い展開に引きずり込もうと積極的に動く。それに対し伊藤も Mystic Snake を使うことにより、相手のクリーチャーをカウンターしながらブロッカーを出し何とか対抗しようとする。表面的に見れば一進一退の攻防のように感じられたことだろう。
 しかし、このゲームは明らかに池田が有利だった。手札にゆとりがある池田に対し、伊藤は池田の猛攻を凌ぐために全力を注いでいるため、余裕がまったくなかったのである。そして池田が伊藤のライフを 5 点まで引きずり込んだ時点で流れは完全に池田のものだった。なんと池田が Prophetic Volt を連発してきたのだ。
 2発めの Volt を通してしまっては負けが決まってしまう伊藤は、7 マナある状態で Repulse を自らの Snake に向けてキャスト。そう、残った 4 マナで Snake を使い、Volt をカウンターしようとしているのだ。しかしその伊藤の最後の抵抗に対しても池田は対抗策を用意していた。池田が Repulse に対し Disrupt をキャスト。これによりマナが足りなくなった伊藤は自らの負けを認めるしかなかったのである。

池田 2 - 1 伊藤

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る